ただいまの掲載件数は タイトル57624件 口コミ 1126909件 劇場 594件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ドクター・ストレンジ > ニュース > これは“選択”の物語。名優マッツ・ミケルセンが語る『ドクター・ストレンジ』

これは“選択”の物語。名優マッツ・ミケルセンが語る『ドクター・ストレンジ』

(2017/01/28更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


昨日から日本での公開をスタートさせたマーベルの新作映画『ドクター・ストレンジ』で名優マッツ・ミケルセンが主人公の前に立ちはだかる男カエシリウスを演じている。多くの記事でカエシリウスは“悪役”と紹介されているが、彼は本当に悪をなそうとしている人物なのだろうか? 来日したミケルセンに話を聞いた。


マッツ・ミケルセン

フォトギャラリー

これは“選択”の物語。名優マッツ・ミケルセンが語る『ドクター・ストレンジ』
これは“選択”の物語。名優マッツ・ミケルセンが語る『ドクター・ストレンジ』
これは“選択”の物語。名優マッツ・ミケルセンが語る『ドクター・ストレンジ』

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

映画は、圧倒的な腕を誇る神経外科医ドクター・スティーヴン・ストレンジが交通事故によって使えなくなってしまった両手を癒そうとする過程で、神秘的な力に触れ、師エンシェント・ワンのもとで修業を積み、富と地位のあるそれまでの世界に戻るか、魔術師として世界のために戦うかの選択を迫られる物語を描いている。

カエシリウスは、かつてエンシェント・ワンのもとにいたが、その教えに背き、闇の魔術に魅了されてしまった人物で、ストレンジと対峙するが、ミケルセンは「カエシリウスは、この世界を良いものにしようと思って行動している」という。「みんなにとって美しい世界にね。そして彼は、目的のために大きな代価を支払う準備ができているんだ。世界を救うために数千人の命を犠牲にできるのか? という問いは非常に難しい問題だが、彼の場合は、その犠牲を払ってもいいし、手段は問わないと考えているんだよ」

カエシリウスは、闇の魔術を使い、世界を破滅に追い込むことで、この世界を“美しく”しようとする。それが彼の考える正義であり、考えた上で選んだ手段だ。もちろん、この考えは極めて危険だが、彼がそう考えるようになったのには、ちゃんと理由がある。主人公のストレンジは、一度はすべてを失うが、やがて帰るべき場所と守るべき存在を見出していく。しかし、カエシリウスは、仮に世界が彼の思う通りに美しくなったとしても、帰るべき場所を喪失した哀しみを抱えたままだ。「ありがとう。よく気づいてくれたね。この映画では深く描かれてはいないけど、彼は深い哀しみを抱えているし、そのことに観客が気づいてくれることは私にとって重要なことだった。興味深いのは、ドクター・ストレンジも物語の冒頭ではカエシリウスと同じぐらい危険をはらんだ人間だということだ。もし、ストレンジが何かに幻滅していたとしたら、彼は自分の力と知性を違う道に進むために使っていただろう。この映画では“選択”が極めて重要な主題になっている。ストレンジはナルシストで、自分のことばかり考えているわけだけど、長い時間をかけて成長していく中で、自分以外のことにも力を使うべきだと学んでいく。そして、カエシリウスも同じことを考えているんだ。彼もまた、自分のためだけではなく、世界のために力を使おうと考えている」。ストレンジとカエシリウスは単なる正義と悪の使者ではなく、この世界をより良く、より美しくする“手段”をめぐって対立し、様々な選択をし、様々な時空を行き交いながら戦いを繰り広げていく。

ミケルセンは、幼少期からコミックの大ファンで「私は、コミックがいかにクリエイティブなものかよく知っている」と力強く語る。「ハリウッドと言っても『それでも夜は明ける』のような作品もあれば、『スター・ウォーズ』や『地獄の黙示録』のような作品もあるわけだけど、マーベルはその中でも特異な存在だと思う。人によっては『マンガを映画にしてるだけじゃないか』という人もいるけど、それは違う。彼らはコミックの持っているクリエイティブな側面をスクリーンに描くことに成功しているし、本作はグラフィック・ノベルの世界をそのままスクリーンで描くことができた初めての、画期的な映画になったと思っているよ。私は、俳優の仕事は、作品の描く世界の中でいかに誠実でいられるかが重要だと思っている。キッチンの中で展開されるような描く範囲の狭い作品であっても、マーベルのような広大な世界であっても、ミュージカルであっても、その中で誠実にキャラクターと向き合い、演じること。そうすることで、私は真実を見出すことができるし、どんなキャラクターであってもそこにリアリティを見出すことができると思っているよ」

インタビュー中、ミケルセンは“誠実”というフレーズに力を込めたが、彼の誠実さは、演技だけでなく、カメラの外にまで及んでいる。飾らない人柄、ファンに対する思いやりは、超大作に次々と出演し、“至宝”とまで呼ばれる名優とは思えないほどだ。「私たち俳優は観客に作品を観てもらいたいと思っているし、私のために何時間も待ってくれている人がいるのであれば、私はサインをするべきだと思う。もちろん、時間が迫っていたり、スタッフの指示が飛んできたりして、私の意思だけで決められない場面もある。でも、ファンと交流したり、ジャーナリストと映画について語り合うことは仕事の大事な一部だと考えているよ。もちろん、その時間が演じることより長くなってしまうのはよくない。何よりも私がすべきことは、演じることだからね」

『ドクター・ストレンジ』
公開中

【関連リンク】
“上から目線”だけど憎めない! B・カンバーバッチが語る『ドクター・ストレンジ』
監督&キャストが解説。『ドクター・ストレンジ』に仕掛けられた“扉”とは?
『ドクター・ストレンジ』からマーベル映画は“新次元”へ! スタジオのトップが語る
マーベルの新ヒーロー!? 『ドクター・ストレンジ』の“マント”に注目!
マーベル新作映画『ドクター・ストレンジ』日本語版キャストが決定!
誰も観たことがない映像世界! マーベル最新作『ドクター・ストレンジ』新映像
マーベル映画の“新基軸”『ドクター・ストレンジ』キャストが香港で会見
全世界待望! マーベル新作『ドクター・ストレンジ』ファンイベントが開催
マーベルの異色ヒーローを描く『ドクター・ストレンジ』新映像
日本を愛するマーベル重役が語る映画『シビル・ウォー』の魅力

【注目のニュース】
“IMAX総選挙”開催
写真家・石内都の大規模個展が開催中
人気監督が新作でコラボ
『パディントン2』日本語吹替版予告公開
「新・伊藤さとりと映画な仲間たち」#16
『わたしたちの家』『あみこ』ベルリン映画祭へ
SAGのノミネーションが発表
デイジー・リドリーが新作を語る!
『さよ朝』声優&主題歌決定
マーク・ハミルがSW新作を語る

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
ドクター・ストレンジ

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • Yousuke  Takuma
  • チキ
  • 映画監督かい
  • 0141gohan
  • きゃらぷり
  • いちまるよん
  • ベネ
  • け一
  • 三日酔い
  • teteco
  • 萌吉
  • みとう
  • cocoshi
  • あんとのふ
  • ピリカ

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます


緊急特集 塚本晋也&手塚眞が熱烈応援! 大林宣彦監督と『花筐』を語ろう。
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
ぴあ×ららぽーと “エンタメ・コレクション” Vol.4『オリエント急行殺人事件』ツイッターキャンペーン
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ
ぴあ Movie Special 2018 Winter ぴあ映画特別号 冬号登場! 冬の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
誰もが知るミステリの古典はどう変わったのか?『オリエント急行殺人事件』ほか感動作『8年越しの花嫁…』『ガールズ&パンツァー…』など12月公開の話題作更新! 映画論評・批評の新コーナー

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

まるでおじいちゃん版『オーシャンズ11』!?『ジーサンズ はじめての強盗』特集
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ