ただいまの掲載件数は タイトル55710件 口コミ 1103440件 劇場 582件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > たたら侍 > ニュース > 青柳翔、小林直己がモントリオール映画祭に出席。「世界中の方々に届けていければ…」

青柳翔、小林直己がモントリオール映画祭に出席。「世界中の方々に届けていければ…」

(2016/08/31更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


映画『たたら侍』がカナダのモントリオールで開催されている第40回モントリオール映画祭のワールド・コンペティション部門に出品され、ワールドプレミアで青柳翔(劇団EXILE)、小林直己(EXILE、三代目JSB)、錦織良成監督が舞台あいさつを行った。


(左から)錦織良成監督、青柳翔、小林直己

フォトギャラリー

青柳翔、小林直己がモントリオール映画祭に出席。「世界中の方々に届けていければ…」
青柳翔、小林直己がモントリオール映画祭に出席。「世界中の方々に届けていければ…」
青柳翔、小林直己がモントリオール映画祭に出席。「世界中の方々に届けていければ…」
青柳翔、小林直己がモントリオール映画祭に出席。「世界中の方々に届けていければ…」

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

『たたら侍』は、戦国時代の島根・奥出雲の村を舞台に、伝統を継承し守ることを宿命付けられた主人公が、葛藤や挫折を通して真の“武士”へと成長していく姿を描いた本格時代劇映画。

青柳は上映前、満席になった800人の観客に「監督とは前作の『渾身 KON-SHIN』(2013年公開)でもモントリオールに来させて頂き、こうして今作もモントリオールで上映することができ、本当に嬉しく思っております」とあいさつ。

上映後には、観客や報道陣から日本の文化や侍、武士道についての質問が上がり、小林は「映画祭自体が初めてだったのですが、立ち見の方もいらしたり、『たたら侍』という日本の文化を伝えている映画が、こうして国を超えて多くの方に届いたことに、僕自身、今日が始まりとして、もっと日本の文化やこのたたら侍を色々な方に知って頂きたい」と熱い想いを口にした。

観客や報道陣からの質問や写真撮影は、ワールドプレミア終了後の会場ロビーでも続き、小林は「物語のストーリーやメッセージを踏まえた上での質問が多く、凄く真剣に観て頂いてたんだなと感じた。それぞれ違う国の方の生活の中にも、日本の文化や武士道というものに関して、共感するものがあると感じた」と話し、青柳も「色々な方に観て頂き、この『たたら侍』のテーマにある想いを、日本中、世界中の方々に届けていければと思います」と自信をのぞかせた。

今作は、滝田洋二郎監督作『おくりびと』(2008年)以来となる、グランプリ獲得に大きな期待が寄せられている。表彰式は現地時間9月5日に行われる。

『たたら侍』
2017年初夏 新宿バルト9、TOHOシネマズ 新宿ほか全国公開

【関連リンク】
『たたら侍』作品情報
青柳翔、EXILE AKIRAらが登壇! 奥出雲の新名所“出雲たたら村”プレス発表会

【注目のニュース】
『3月のライオン』上海国際映画祭に正式出品!
『たたら侍』台湾プレミア
ウィル・スミスがディズニー実写化に参加
『バーニング…』本編映像
『フェリシーと夢のトウシューズ』公開へ
『ピーチガール』完成披露
『ジョン・ウィック』続編予告編
ブラッド・ピット来日決定
『三度目の殺人』特報公開
『あさひなぐ』第1弾ポスター公開

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
たたら侍

(C)2017「たたら侍」製作委員会

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画


ぴあ Movie Special 2017 Spring ぴあ映画特別号 春号登場! 春の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
90年代の名作が20年ぶりに帰ってきた! 映画論評・批評の新コーナー“critic” 『T2 トレインスポッティング2』ほか感動作『LION/ライオン』『ハードコア』『グレートウォール』等続々更新中
2大巨匠が初タッグを組んだ傑作サスペンス・スリラー!『11.22.63』特集&イッキ見試写会レポート
PFF福岡開催記念!“3つ”のお得なクーポン&割引キャンペーン!
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝