ただいまの掲載件数は タイトル61017件 口コミ 1164967件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 僕だけがいない街〈2016年〉 > ニュース > お馴染みの台詞が登場!『僕だけがいない街』有村架純の出演映像が解禁

お馴染みの台詞が登場!『僕だけがいない街』有村架純の出演映像が解禁

(2016/03/07更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


三部けいの人気マンガを藤原竜也主演で実写映画化する『僕だけがいない街』の公開前に、主人公・悟の同僚・愛梨を演じる有村架純の出演シーンの映像が解禁になった。原作でもお馴染みの台詞が登場する重要なシーンだ。


『僕だけがいない街』

フォトギャラリー

お馴染みの台詞が登場!『僕だけがいない街』有村架純の出演映像が解禁
お馴染みの台詞が登場!『僕だけがいない街』有村架純の出演映像が解禁

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

映画は、ある日突然、自分だけに何度も同じ時間が巻き戻る“リバイバル”という現象が起こった悟が、現在と過去を行き来しながら、いくつかの不可解な事件の真相と、その犯人を追い詰めていく様を描くサスペンス。有村演じる愛梨は、悟と同じピザ屋で働く好奇心旺盛なバイト仲間。他人に対して距離を置く悟に対し、なぜか気後れせずに接してくる特別な存在で、ある事件をきっかけにふたりは急接近する。

物語は悟が、幼少期の辛い記憶や、10歳のときに起こった連続誘拐殺人事件など過去の出来事をリバイバルすることで、新しい記憶として塗り替えていき、その過程で芽生える感情や新たな人との絆が描かれる。このほど公開になった本編抜き映像は、原作ファンから名言のひとつとして挙げられている愛梨の台詞が登場するシーンで、悟を勇気付ける愛梨は、物語でも重要なキーパーソンになっている。



『僕だけがいない街』
3月19(土)全国ロードショー

【関連リンク】
絶叫はこうして作られた! 藤原竜也主演『僕だけがいない街』メイキング公開
アニメ『僕だけがいない街』メインキャスト発表!土屋太鳳&満島真之介が2人1役
“ありのままの声”で挑む。満島真之介が語るアニメ『僕だけがいない街』
『僕だけがいない街』作品情報

【チケット情報】
僕だけがいない街/全国券

【注目のニュース】
横浜流星、主演作『愛唄』をきっかけに
『スパイダーマン』最新作特報公開 
宅間孝行、挑戦的な監督作を語る
Netflixトップ「2019年はアジアに注力」
『ドラマW 今日、帰ります。』特報
ビル・マーレイ最新作が明らかに
『名探偵コナン 紺青の拳』ビジュアル公開
マーベル最重要ヒーロー『キャプテン・マーベル』
小芝風花、特別インタビュー映像
『山猫 4K修復版』公開決定

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

(C)2016 映画「僕だけがいない街」製作委員会

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • 亜脱臼
  • きるすてん
  • kaoさん
  • 聡史
  • クリス・トフォルー
  • 三女やすよ
  • トンボちゃん
  • ayu0728
  • Riio
  • クラゲ
  • foxtrot
  • hiryuden24
  • うめお
  • リップ
  • itagure

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連DVD

僕だけがいない街 プレミアムBOX [Blu-ray]

  • 定価:7344円(税込)
  • 価格:4753円(税込)
  • OFF:2591円(35%)

僕だけがいない街 スタンダードエディション [DVD]

  • 定価:3456円(税込)
  • 価格:2645円(税込)
  • OFF:811円(23%)

 


明太子に秘められた感動物語とは?『めんたいぴりり』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 4DX体験レポート
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など! 映画論評・批評の新コーナー“critic”