ただいまの掲載件数は タイトル60310件 口コミ 1159943件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション > ニュース > C・マッカリー監督が語る『ミッション:インポッシブル』最新作

C・マッカリー監督が語る『ミッション:インポッシブル』最新作

(2015/08/06更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


トム・クルーズが主演を務める人気シリーズの第5弾『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』が明日から公開になる。脚本と監督を務めたクリストファー・マッカリーは、長年に渡ってクルーズとタッグを組んで映画製作を続ける中で、確かな手ごたえを感じ、満を持して本作に挑んだようだ。


クリストファー・マッカリー監督

フォトギャラリー

C・マッカリー監督が語る『ミッション:インポッシブル』最新作
C・マッカリー監督が語る『ミッション:インポッシブル』最新作
C・マッカリー監督が語る『ミッション:インポッシブル』最新作
C・マッカリー監督が語る『ミッション:インポッシブル』最新作
C・マッカリー監督が語る『ミッション:インポッシブル』最新作

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

『ミッション:インポッシブル』シリーズは、変装の名人にして圧倒的な身体能力と作戦遂行能力を誇るエージェント、イーサン・ハント(クルーズ)らが毎作、それぞれの得意分野を活かしながら“不可能”としか思えない難題に挑む超人気シリーズだ。

マッカリーは『ユージュアル・サスペクツ』などの脚本で知られ、『ワルキューレ』の脚本を手がけてからクルーズと幾度となくタッグを組んできた。前作『…ゴースト・プロトコル』でも彼はノンクレジットで脚本作りに参加していたが、本作でついに単独で脚本を執筆し、監督も手がけることになった。「シリーズ開始から20年になりますから、そのことを祝福しようという気持ちがあった」というマッカリーはまず、これまでに登場した人気メンバー、ルーサー、ベンジー、ブラントをすべて集めてイーサンと“最強のチーム”を組ませ、彼らと同じぐらい訓練されたならずもの組織(ローグ・ネイション)“シンジケート”を敵役に置いた。新作ではアクション、サスペンス、人間ドラマ、コメディが絶妙なバランスでプロットに配置され、マッカリーは脚本家でもある強みを生かして、撮影現場で起こった出来事やそこで生まれた関係性を、リアルタイムで脚本に反映していったという。

さらに本作では“映画監督”マッカリーの実力が存分に発揮されている。彼は、ムダに観客を煽るような演出を好まず、正統派の演出でストーリーを語る監督として知られているが、本作でも「まず最初にプロデューサーでもあるトムとじっくりと話し合って、“明確さ”と“地理感”を大事にしようと決めました。観客が画面で何が起こっているのかわからなかったり、視点がどこあるのかわからなくなって混乱するようなことは避けようという話になったんです。だから物語にルールがある場合はちゃんと説明して、アクションが始まった段階では観客はすべてのルールを理解していて、画面で起こっていることに集中できるようにしました」という。

マッカリーとクルーズが決めた方針は、本シリーズを成功させる上で重要なポイントだ。『ミッション:インポッシブル』シリーズでは必ず最初に、ミッションに対する“計画”が語られる。侵入するビルにはどんな警備装置がついているのか? そこの守りはどれだけ堅いのか? 警備員の数は? 彼らに与えられた時間は? どんなスパイ道具を使う? すべてを把握した上で主人公たちは“計画”を立てて、それを遂行しようとする。何が待っているのかわからない迷宮に挑むアドベンチャー映画と違い、観客はイーサンたちが挑む場所に何が待っているのかを事前に知っている。いや、知っているからこそ、成功するかどうかハラハラしたり、不測の事態が起こった場合に緊張感が高まるのだ。「その通り! だからコミュニケーション“できない”ことを描くことを心がけました。あるシーンではイーサンとベンジーの連絡が取れなくなってしまい、誤解が生じてしまうことで観客はハラハラします。バイクチェイスの場面でも、イーサンとあるキャラクターの間に誤解が生じています。イーサンの潜水シーンでは、外部と連絡が遮断されてしまうため、キャラクターの思惑や考えがそれぞれズレていくことで面白さが生まれるようにしました」

マッカリーとクルーズが敬愛するヒッチコックも言っている。“サスペンスとサプライズを混同してはならない”と。だからマッカリー監督は、すべて情報を観客に与え、画面で何が起こっているのか、イーサンがどんなピンチなのかを観客にわかりやすく見せることに注力した。「たまに映画を観ていてイライラさせられるのは、映画で起こっている体験が観客にちゃんと届いていないと感じる時です。観客が“編集者”の仕事をしながら映像を観て『画面ではたぶん、こういうことが起こっているんだな』と考えないといけない。アクションや映像に集中できないんです。だから、私はいつも“明確さ”を失わずに描こうとしています。画面の美しさをキープして明確さが失われるぐらいなら、私は明確さを保ちたいんです」。

しかし完成した作品の映像は、明確さを保ちながら時おりハッとさせられるほどに美しい。アクションシーンであっても、キャラクターとそこに差し込む光、それらが作り出す影が絶妙な構図で描かれている。「撮影監督のロバート・エルスウィットは天才です。私は彼の撮影した映像の“質感”が本当に好きで、特に彼がポール・トーマス・アンダーソンと撮った作品が大好きなのです」。前作『ゴースト・プロトコル』の撮影も担当したエルスウィットは、米映画界を代表する撮影監督のひとりで、『マグノリア』『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』『グッドナイト&グッドラック』などの撮影で知られている。「撮影の初期は、どのアプローチが自分のスタイルに合うのか探っていたのですが、昨年のクリスマスに撮影が休みになった際に編集室で、それまでに撮影していたフィルムをすべて観ることができたんです。その時から私は撮影のアプローチを変えました。彼が撮ったフィルムを観て、私は映画撮影における“照明”の影響について多くを学ぶことができました。ですから、休暇をあけてからの撮影はロバートとそれまで以上に同調して撮影を進めることができました」

マッカリー監督の進化は、相棒クルーズとの関係性にも及んだようで、監督は「私は理論を追及して、目標にたどりつくための手法を分析するタイプで、トムは純粋に情熱でアプローチするタイプ。トムとの関係性が深まっていくことで、お互いが相手が必要としているものが、これまで以上にわかるようになってきました」と笑う。とは言え、マッカリーも“情熱”の人だ。本作はアクションやサスペンスがふんだんに盛り込まれているが、シリーズで最もドラマが深く描かれている。「トムとやった『アウトロー』の時には物語を描く上で、ある感情を盛り上げたいけれど、そこに存在しない感情を追求してしまったことがありました。脚本を手がけた『オール・ユー・ニード・イズ・キル』ではトムとエミリー・ブラントのキャラクターの感情を無理に物語にあてはめようとして、うまくいかないケースもありました。でもこの映画の撮影中に私はトムに言ったんです。『無理に感情を出させようとすると失敗するよね』とね。それはアクションであっても、コメディでも同じことで、俳優から自然とわき出た感情でなければ、やらない方がいいのです。その違いが最もハッキリと出たのが、『アウトロー』のラストでトムとロザムンド・パイクが別れを告げる場面と、本作のラストです。この映画では自然とわき出た感情をリアルに描くことができました」。

アクション、サスペンス、ストーリーテリング、撮影、そして感情表現……マッカリーとクルーズは、何作もかけて映画作りのあらゆる側面に磨きをかけ、ついに『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』を完成させた。クルーズが「シリーズで最高の作品になった」と自信を見せる最新作がいよいよ、日本のスクリーンに登場する。

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』
8月7日(金)公開

【関連リンク】
CGなしで挑んだ『ミッション:インポッシブル』カーアクション映像が公開!
歴代ベストメンバーが集結! 『ミッション:インポッシブル』特別映像が公開
ウィーンにファン5000人が集結! 『ミッション:インポッシブル』最新作がついに完成!
安全性は度外視! 『ミッション:インポッシブル』超絶バイクアクション映像
『ミッション:インポッシブル』がバイト募集! 報酬は13万810(イーサンハント)円
『ミッション:インポッシブル』人気シーンを描いたカードが初日入場特典に!
トム・クルーズ『ミッション:インポッシブル』新作PRで来日決定!
7月13日は“イーサンの日”に! 『ミッション:インポッシブル』新映像公開
シリーズ最強のチームが誕生! 『ミッション:インポッシブル』最新映像
日本の観客に新たな指令が! 『ミッション:インポッシブル』が新キャンペーンを開始!
A・シュワルツェネッガーとT・クルーズが夢の2ショットを披露
僕も飛びたい! 琉球トム・クルーズが史上最難のミッションに挑む!
シリーズ最難のスタントに挑戦! 『ミッション:インポッシブル』新画像公開
圧巻の150秒! 『ミッション:インポッシブル』新映像がついに公開!

【チケット情報】
ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション/全国券

【注目のニュース】
オードリー・ヘプバーンを特集
『アメリカン・ミュージック・ジャーニー』メイキング
P・サースガード、L・シュライバーが共演
『来る』特別コラボ映像公開
『アリータ:バトル・エンジェル』最新予告公開
『ゲーム・オブ・スローンズ 最終章』世界同時放送
レッドカーペットが次々中止に
『トイ・ストーリー4』特報公開
橘ケンチ(EXILE)主宰の読書会
話題のオムニバス映画の舞台裏

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • kuri
  • Snufkin
  • nori34156
  • もP
  • ☆HIRO☆
  • 影無茶
  • チキ
  • JASMINE
  • 出木杉のびた
  • dbf1
  • マリナハート
  • ぼんきち
  • 青島等
  • とけしたけし
  • 魔人ブウ*

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます


ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”