ただいまの掲載件数は タイトル55768件 口コミ 1104087件 劇場 582件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > BORUTO -NARUTO THE MOVIE- > ニュース > 竹内順子&三瓶由布子、ナルトとボルトの親子が最新作を語る

竹内順子&三瓶由布子、ナルトとボルトの親子が最新作を語る

(2015/08/06更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


世界的な人気を誇るコミック『NARUTO−ナルト−』の新プロジェクトとして、ナルトの息子ボルトを主人公に描く映画『BORUTO −NARUTO THE MOVIE−』が明日から公開になる。原作者の岸本斉史が製作総指揮を務め、脚本・キャラクターデザインなど全面的に関わっていることも話題の本作で、タイトルロールのボルトをつかんだ三瓶由布子と、2002年からナルトの声を務める竹内順子のふたりが、新世代に移ったナルトワールドを振り返った。


竹内順子と三瓶由布子

フォトギャラリー

竹内順子&三瓶由布子、ナルトとボルトの親子が最新作を語る
竹内順子&三瓶由布子、ナルトとボルトの親子が最新作を語る
竹内順子&三瓶由布子、ナルトとボルトの親子が最新作を語る
竹内順子&三瓶由布子、ナルトとボルトの親子が最新作を語る

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

本作でのナルトは、火影としての日々に追われながら、木ノ葉隠れの里を平穏に治めている。「それが一番ビックリしたことです!」と興奮気味に語る竹内。「ナルトが七代目火影になったということにね。嬉しいというよりビックリ。本当になっちゃったんだ!と。ずっと目指してきたという歴史があるから、逆に絶対にならないだろうと思ってたんです。目指し続けることはあってもね。それがなっちゃった。今回の映画の入場者に『ナルトが火影になった日』っていう描きおろし漫画のプレゼントがあるそうなんですけど、内容が気になっちゃって」。

「ねー、すっごく読みたいです!」と同調していた三瓶は、ナルトの息子で本作の主人公・ボルトをオーディションで射止めた。「決まったときは、マネージャーさんに『マジか!』って言っちゃいました(笑)。ナルトの息子の話を映画化するとニュースで聞いたとき、いちファンとして嬉しいな、楽しみだなと思っていたんです。それを自分がやるということになって、正直、嬉しさ4、緊張6くらいの気持ちでした(笑)。でも順子さんにメールさせていただいたら、『素直に嬉しい』というお返事がきて、自分で縛っていた緊張をほぐすことができました」。

竹内と三瓶は『Yes!プリキュア5』で親友役を務めており、知った仲。竹内が「最初に会ったときは、三瓶ちゃん、大学生だったんだよね。年齢は離れているんだけど、最初の設定もあって、勝手ながら近しい関係性を築けていると思ってるんです」と明かすと、三瓶も「順子さんはとても信頼できる方なので、ナルトという作品の大きさはありますが、一緒にできるんだという嬉しさがありました」と笑顔を見せた。また三瓶はボルトのアフレコに際し、「最初はどうしてもナルトの息子という意識を持ってしまっていたのですが、それってボルトじゃなくてナルトのことを考えていることになると気づいて、それからはお父さんが築いた平和の里で暮らしている忍者のイチ少年というフラットなところから始めました。あとは平和な世界で生きている少年なので、声に軽い感じを出すように心がけました」と振り返った。

ボルトは劇中で「中忍選抜試験」に挑むが、同シーンでは竹内、三瓶、それぞれに思うところがあったようだ。竹内は「ルーキーナインと呼ばれていたナルトやサスケやサクラたち、あとテンテンとロック・リーは一代上なんですけど、そうした面子が試験の要所要所でエライ人になって登場しているのがおもしろかったですね」と共に成長してきた身ならではの感想を漏らし、三瓶が「ちょっと確かか分らないんですけど、(シカマルの息子)シカダイと戦っているときに、ボルトが日向一族の型みたいなのを見せているときがあって、ボルトは名前を(日向)ネジからもらっていることもあるし、もしお母さんのヒナタが技を教えてくれているんだったらいいなと思いました」と話すと、竹内も「想像してみるのは楽しいよね」と頷いていた。

平和になった里だったが、輪廻眼を操るモモシキとキンシキが現れたことで状況が一変。クライマックスに向けた戦いを通じて、ボルトはナルトの大きな背中を感じ取っていく。「新世代の話ではあるんですけど、やっぱりナルトの歴史がないと成立しない作品。クライマックスで、ボルトがナルトのこれまでのことを、言葉ではなく感じ取るシーンがあって感動しました」(三瓶)、「やっとサスケとタッグを組めるようになるんです。ナルトとサスケが一緒に戦っている姿というのは、ファンの方にはきっと喜んでもらえるんじゃないかな。それから絆を感じられる作品だと思います。ボルトを中心とした絆はもちろんですし、モモシキとキンシキの絆が感じられる一瞬もあるので、いろんな観方をしてほしいですね」(竹内)。

『BORUTO−NARUTO THE MOVIE−』
8月7日(金)全国東宝系にてロードショー

取材・文・写真:望月ふみ

【関連リンク】
『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』作品情報

DVD情報


THE LAST -NARUTO THE MOVIE- 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

定価:6480 円(税込)
価格:5012 円(税込)
OFF:1468円(22%)
監督小林常夫
出演竹内順子,中村千絵,森久保祥太郎,日野聡,水樹奈々
発売日2015年07月22日

 


【注目のニュース】
木村拓哉、共演した市川海老蔵を称賛?
菅田将暉、男性共演陣に熱烈キス!
『HiGH&LOW 2』特報
『大混乱』がリメイク
伊勢谷友介と大友啓史監督が語る
『ローグ・ワン』トリビア映像集
『銀魂』ムビチケ発売へ
吹替えキャストが語る『美女と野獣』
『ユリゴコロ』特報映像公開!
『坂道のアポロン』公開決定

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
BORUTO -NARUTO THE MOVIE-

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • itibann
  • 三日酔い
  • まおにゃん
  • Yousuke  Takuma

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます


クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン