ただいまの掲載件数は タイトル59063件 口コミ 1147058件 劇場 586件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語〜サボテン大襲撃〜 > ニュース > 指原莉乃「しんちゃんでラストを飾れる」と徹底自虐

指原莉乃「しんちゃんでラストを飾れる」と徹底自虐

(2015/04/14更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「しんちゃんと私との共通点は“下品”なところですかね」とあっけらかんと言い放つHKT48の指原莉乃。常に話題を提供し続ける指原には自己プロデュース能力の高いイメージが強いが、目の前の彼女は、むしろ相手を楽しませたいと願って発言しているように感じられる。そんな彼女が声優に本格チャレンジしたのが、劇場版第23作となる『クレヨンしんちゃん オラの引越し物語〜サボテン大襲撃〜』。公開を前に話を聞いた。


指原莉乃としんちゃん

フォトギャラリー

指原莉乃「しんちゃんでラストを飾れる」と徹底自虐
指原莉乃「しんちゃんでラストを飾れる」と徹底自虐
指原莉乃「しんちゃんでラストを飾れる」と徹底自虐
指原莉乃「しんちゃんでラストを飾れる」と徹底自虐
指原莉乃「しんちゃんでラストを飾れる」と徹底自虐

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

父ひろしの転勤により、メキシコに引越しすることになった野原一家。任務は、その地に生息するこの上なく美味なサボテンの実を確保すること。しかし、そんなしんのすけたちの前に、人喰いキラーサボテンが! 指原が声をあてたのは、しんのすけと出会う、片時もスマホを手放さない通称スマホちゃんだ。

「お引越しパートは泣けて、メキシコパートは息もつかせぬ怒涛の展開。とってもおもしろい作品です。ただ、最初にお話しをいただいたとき、私はいわゆるメキシコ的な陽気さを全く持ち合わせていないので、無理じゃないかと思ったんです。でもスマホちゃんは、人見知りで反抗的なタイプ。それに私もスマホがないと生きていけないので、脚本を読んだら納得できました」。

同作には日本エレキテル連合があけみちゃんと細貝さんのキャラのまま出演。指原も、指原自身として出演したくはなかっただろうか。「いやー、何しろ今回はショッキングな人喰いサボテンが登場しますから。私自身が登場したら、1秒で消える(食べられる)自信があるので、スマホちゃんでよかったです」。

「あと私、アフレコが下手で。『私、元栓の場所知ってるから』っていうセリフを150回くらいやったんです(笑)。これで一生、声優のお声はかからないかもしれませんが、逆にしんちゃんでラストを飾れるなと」とらしい発言が続くも、実際にはきっちりスマホちゃんを演じきっているのは言うまでもない。

誰の懐にもすっと入り込む指原。そこはしんちゃんとの共通点に思えるが本人は「そう見ていただけるなら嬉しいですけど、私はオンとオフの差がかなり激しいので。共通するとしたら、シンプルにいうと“下品”ってことですかね」と、さらなる自虐ネタでこたえた。

『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語〜サボテン大襲撃〜』
4月18日(土)より全国東宝系にてロードショー

取材・文・写真:望月ふみ

【関連リンク】
『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語〜サボテン大襲撃〜』作品情報
指原莉乃と日本エレキテル連合が『映画クレヨンしんちゃん』ゲスト声優に!

【チケット情報】
映画クレヨンしんちゃん/全国券

【注目のニュース】
塚本晋也最新作『斬、』公開決定
シェマー・ムーア『S.W.A.T.』を語る
ジョジョ荒木飛呂彦原画展、国立新美術館にて開催
『ザ・ファブル』映画化決定
『ウィンチェスターハウス』インタビュー映像公開
『IT/イット…』続編にX・ドラン
『銀魂2』三浦春馬&窪田正孝出演
『アントマン&ワスプ』本予告
浦沢直樹個展、埼玉県立近代美術館にて開催
『クリード2』公開決定&特報

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます


「“最速・最短”全国劇場公開プロジェクト」始動!一般選考員を大募集!!
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる夏号が7/10発売!
興収1000億円超えのシリーズがついに完結! 『メイズ・ランナー』大ヒットの秘密に迫れ!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
総製作費100億円の超大作、待望の新章が日本最速独占放送!『ウエストワールド シーズン2』特集
新たなる青春映画の傑作誕生 ティーンの繊細な心をとらえた『レディ・バード』ほか、P・T・アンダーソン×D・デイ=ルイスの『ファントム・スレッド』、L・ラムジー監督作『ビューティフル・デイ』など話題作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
未来の映画監督たちよ、ここに集え!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ