ただいまの掲載件数は タイトル56144件 口コミ 1109249件 劇場 582件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > の・ようなもの のようなもの > ニュース > 故・森田芳光監督デビュー作の35年ぶり続編、松山ケンイチ&杉山監督が想いを語る

故・森田芳光監督デビュー作の35年ぶり続編、松山ケンイチ&杉山監督が想いを語る

(2016/01/13更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2012年12月20日に亡くなった森田芳光監督の劇場デビュー作『の・ようなもの』。その、実に35年ぶりの続編が森田監督ゆかりのスタッフ・キャストで完成した。パッとしない若手落語家が伝説の(?)元・落語家に出逢う物語。森田監督の遺作に続き主演を務めた松山ケンイチにとっては落語経験が大きな糧になった模様。俳優がひとつの役を演じるのとは違うと、落語家への敬意を込めて話す。


松山ケンイチと杉山泰一監督

フォトギャラリー

故・森田芳光監督デビュー作の35年ぶり続編、松山ケンイチ&杉山監督が想いを語る
故・森田芳光監督デビュー作の35年ぶり続編、松山ケンイチ&杉山監督が想いを語る
故・森田芳光監督デビュー作の35年ぶり続編、松山ケンイチ&杉山監督が想いを語る
故・森田芳光監督デビュー作の35年ぶり続編、松山ケンイチ&杉山監督が想いを語る
故・森田芳光監督デビュー作の35年ぶり続編、松山ケンイチ&杉山監督が想いを語る
故・森田芳光監督デビュー作の35年ぶり続編、松山ケンイチ&杉山監督が想いを語る
故・森田芳光監督デビュー作の35年ぶり続編、松山ケンイチ&杉山監督が想いを語る
故・森田芳光監督デビュー作の35年ぶり続編、松山ケンイチ&杉山監督が想いを語る

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

「性別も年齢も超えて何役もやりますからね。完全に子どもになれるわけじゃなくて、お母さんになれるわけでもない。でも話し方で聴く側が脳で判断していて、女性にも子どもにもなっているんですよね。徹底的に子どもの役を子どもっぽくやってるわけじゃないのに」

現代を代表する名人、柳家小三治の落語を「完全にコピーする」ことから始めた。「コピーって、喋りが噛まずにうまくいけるとか、そういうことです。(そんなふうに主人公の落語も当初は)自分じゃない誰かが作った情感でしかない。最後にはこいつの落語が、こいつなりのオリジナルになっているといいなと思いながらやっていました」

意外だが、松山は「コピー」からスタートして、役を練り上げていくのだという。「僕は全部、パクリですからね。最初は。いろんな作品から、キャラクターの特徴を引っ張ってきて、それをつないでやっていくんです。現場に入ったら、それより面白いものも出てくるので」

『の・ようなもの』以降、森田作品の助監督を長く務め、本作で初めてメガホンを執った杉山泰一監督は言う。「本当の落語家の師匠と弟子の関係でも、師匠は全然稽古をつけてくれないというけど、それは師匠のコピーをやっても面白くないから。逆に他所の師匠のところに行って稽古をつけてもらったりしていて」

事実、本作は森田作品のコピーではない。「師匠」森田監督の映画術を踏まえながらも、杉山監督ならではの創意がきらきら輝く、まばゆい処女作だ。そんな杉山監督はあえて“監督の・ようなもの”と自称している。「あとで森田監督の書かれたものをいろいろ読んでみたら、監督も同じようなこと言っているんですよね。森田監督は、助監督経験なしでいきなりデビューして。本当のプロにまだ成りきれてないところから、作品を作り上げるごとに、どんどん味が出てくるようになっていったと思うんです。落語家も年を重ねると味が出てくるように。逆に(助監督経験の長い)僕の場合は、延々(落語家で言うところの)“二つ目”をやっていたわけですから。ということは、監督になったときに、失敗は許されない。それは重くプレッシャーとしてのしかかっていました。ただ、1本目は(森田監督の『の・ようなもの』と)同じスタートラインだから。“監督の・ようなもの”という言葉に励まされています」

取材・文:相田冬二 撮影:中川有紀子
Styling:八木啓紀 Hair&Make:勇見勝彦(THYMON Inc.)

『の・ようなもの のようなもの』
1月16日(土)より、新宿ピカデリーほか全国公開

【関連リンク】
松山ケンイチ「落語が大好きに」下町銭湯で『の・ようなもの のようなもの』ヒット祈願
森田芳光監督命日に松山ケンイチらが集結!末廣亭笑い納めイベントで謎かけ披露
松山ケンイチが愛媛・松山映画祭に登場。新作をPR
『の・ようなもの のようなもの』×銭湯“人情川柳キャンペーン”実施中!
森田芳光監督に捧げる『の・ようなもの のようなもの』、東京国際映画祭で待望の公式上映
森田芳光監督ゆかりの顔ぶれが続々登場!懐かしい雰囲気にあふれた予告映像が公開
松山ケンイチ主演『の・ようなもの』続編のポスタービジュアルが公開!
『の・ようなもの』続編映画に北川景子が出演
『の・ようなもの のようなもの』作品情報

【チケット情報】
の・ようなもの のようなもの/全国券

DVD情報


の・ようなもの [DVD]

定価:5076 円(税込)
価格:4441 円(税込)
OFF:635円(12%)
監督森田芳光
出演秋吉久美子,伊藤克信,尾藤イサオ,小林まさひろ,大野貴保
発売日2006年10月20日

 


【注目のニュース】
宮崎駿『メアリと魔女の花』観ない?
『東京喰種』大泉洋場面写真
“スパイダージェット”記念イベント
『エグゼイド』に復活、小野塚勇人の心境は?
ハン・ソロ映画を引き継ぐ監督は?
ジョニー・デップ来日会見
H・ハートリー監督、CF実施へ
『空飛ぶタイヤ』に高橋一生出演
『HiGH&LOW』雨宮兄弟新ビジュアル
B・ライヴリーとA・ケンドリックが共演

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

(C)2016「の・ようなもの のようなもの」製作委員会

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • えんてぃー

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連DVD

の・ようなもの のようなもの [DVD]

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:3694円(税込)
  • OFF:410円(9%)

 


激戦の中たったひとりで75人の命を救った男の真実のドラマ『ハクソー・リッジ』特集
ぴあ Movie Special 2017 Summer ぴあ映画特別号 夏号登場! 夏の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
凶悪爆弾テロ、解決までの102時間『パトリオット・デイ』特集
池井戸潤の“幻の長編”を豪華キャストで最速ドラマ化!WOWOW『連続ドラマW アキラとあきら』特集
映画論評・批評の新コーナー“critic”。しかと見届けよ! H・ジャックマン演じる最後のウルヴァリン! これまでと一味違うアメコミ映画『LOGAN…』ほか『ハクソー・リッジ』『セールスマン』など続々更新中!
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝