ただいまの掲載件数は タイトル55966件 口コミ 1106761件 劇場 582件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 王妃の館 > ニュース > 水谷豊『王妃の館』で新たな右京に。「僕の地だと思ってもらえたら」

水谷豊『王妃の館』で新たな右京に。「僕の地だと思ってもらえたら」

(2015/04/22更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


原作者の浅田次郎が、執筆当時「この作品は絶対に映像化できない」と言っていた『王妃の館』が映画化された。監督は『相棒』シリーズの橋本一。フランスはパリの超高級ホテルに宿泊することになったツアー客たちが繰り広げる珍騒動を描くコメディで、ツアー参加者の中でも群を抜いて個性の強い作家・北白川右京役で主演を務めた水谷豊が、自らの俳優としての在り方を語った。


水谷豊

フォトギャラリー

水谷豊『王妃の館』で新たな右京に。「僕の地だと思ってもらえたら」
水谷豊『王妃の館』で新たな右京に。「僕の地だと思ってもらえたら」
水谷豊『王妃の館』で新たな右京に。「僕の地だと思ってもらえたら」

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

「物語にはルーブル美術館やヴェルサイユ宮殿、格式ある実際のホテルなどが出てくる。具体的な問題として、映画化は難しいぞと僕も思いましたね。しかも右京の書いている小説の舞台はルイ王朝時代。さて日本映画でどうやったらいいのだろうと。でもだからこそ、これを映画にできたら今までにない作品になるという予感もありました」と水谷。難しいと感じつつ、水谷の頭の中は映画化へと進んでいた。

「原作を読んでいる最中から、次々と画が浮かんでくるんです。おかっぱ頭に派手なスーツ、短パン(!!)といった右京の見た目についてもそうです。後半は完全に右京の姿を浮かべて読んでいました」。

インパクト大の見た目に、多くの人が驚かされるはずだが、数分もすれば不思議とそれが自然に見えてくる。やはり水谷が北白川右京というキャラクターを見事に“作り上げて”いるからだろうか。返ってきたのは、意外でありながらもなるほどと思える答えだった。

「僕、仕事モードへの切り替えってないんです。気づいたら現場にいる感じで、あえて壁を作らないようにしているのかもしれない。僕と切り離して見てもらうというより、『あれは、地でやっているんですか?』と思ってもらいたいんですね。つまり役と本人の境目が見えないということ。(『相棒』の)杉下右京をやっても、北白川右京をやっても、『水谷さんってこういう人なんだ』と思われることが一番です」。

20日間を超えるパリロケにて撮影された本編には、さまざまなスポットが登場する。ルーブル美術館だけでなく、日本映画としては初となるヴェルサイユ宮殿で撮影されたシーンも。「本物の場所っていうのは何かあるんですよね。歴史とか空気とか、そういった作りようのないものがある」と肌で感じた水谷。特にヴェルサイユ宮殿の「鏡の回廊」の美しさはため息ものなので、堪能してほしい。

さらに本作には、とても映画的な仕掛けが用意されている。「パリの景色だったり、人間ドラマだったり、コメディ部分だったり、人によってそれぞれ楽しめる箇所のある映画だと思うけれど、中でも映画ならではで素晴らしいのが、ルイ王朝時代の世界に登場するミュージカルシーン。そこから展開していくクライマックスの仕掛けは、観てくださいとしか言いようがないですね(水谷)」。

『王妃の館』
4月25日(土)全国公開

取材・文・写真:望月ふみ

【関連リンク】
『王妃の館』作品情報
水谷豊、パリでの『王妃の館』撮影振り返る…カフェや美術館を満喫

【チケット情報】
王妃の館/全国券

【注目のニュース】
亀梨和也、俳優業に“覚醒”
福士蒼汰、こらえきれず涙
『スイス・アーミー・マン』9月公開
ブラッド・ピットが語る“映画の未来”とは?
『潮風のいたずら』新キャストは?
『ジョジョの奇妙な冒険…』場面写真公開!
「新・伊藤さとりと映画な仲間たち」#09
“チーム・ソー”特別映像
『坂道のアポロン』第2弾キャスト発表!
『LOGAN/ローガン』来日記者会見

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
王妃の館

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • ayutaka

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連DVD

王妃の館 [DVD]

  • 定価:5076円(税込)
  • 価格:3763円(税込)
  • OFF:1313円(25%)

 


ぴあ Movie Special 2017 Summer ぴあ映画特別号 夏号登場! 夏の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
日本が誇る“侍”の本当の姿とは?『たたら侍』特集
タツノコプロ55周年記念作品『破裏拳ポリマー』のココに注目!
映画論評・批評の新コーナー“critic”。絶妙なストーリーテリングと映像美に胸打たれるSF『メッセージ』をはじめ『たたら侍』『美しい星』等話題作続々更新中
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝