ただいまの掲載件数は タイトル55768件 口コミ 1103825件 劇場 582件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 妻への家路 > ニュース > チャン・イーモウ監督が20作目で原点回帰。『妻への家路』を現代に放つ意味

チャン・イーモウ監督が20作目で原点回帰。『妻への家路』を現代に放つ意味

(2015/03/11更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


文化大革命が終結し、20年ぶりに解放された夫(チェン・ダオミン)が自宅へ戻ると、記憶障害に陥った妻(コン・リー)は夫を認識できなくなっていた。巨匠チャン・イーモウ監督が文革期を背景に、ある夫婦の切ない愛の姿を映す『妻への家路』が公開されている。来日した監督に本作の意義や裏話を聞いた。


チャン・イーモウ監督

フォトギャラリー

チャン・イーモウ監督が20作目で原点回帰。『妻への家路』を現代に放つ意味
チャン・イーモウ監督が20作目で原点回帰。『妻への家路』を現代に放つ意味
チャン・イーモウ監督が20作目で原点回帰。『妻への家路』を現代に放つ意味
チャン・イーモウ監督が20作目で原点回帰。『妻への家路』を現代に放つ意味

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

“静”の映像によって観る者の心を最後の最後まで激しく揺さぶり続ける『妻への家路』は、『HERO』『LOVERS』といった大作を経た監督が、原点回帰した作品と言われている。「今の中国映画は、どんどん娯楽映画よりになっています。そうした時代に、このような昔のスタイルの映画を撮るのはとても意味のあることでした。それに私たちにとっては忘れられない歴史的事実を、今の中国の若い人は知らない。だからこそ、この映画を今撮る意義はあったと思います。私個人の創作に対する心境という意味でも、再び文芸映画、ドラマ、歴史を撮ったこと、加えて(初期作品の多くを共にしてきた)コン・リーと一緒に撮れたということで、非常に意味深い作品になりました」。

本編にはある印象的な画が登場する。夫がすぐそばにいることに気づかず、待ち続ける妻が、夫の名を記したプレートを持って駅へ出迎えに通う場面だ。実は、監督は俳優たちと意見を出し合うことが好きなタイプ。本作でもチェン・ダオミン、コン・リーの意見を積極的に取り入れた。そのうちのひとつが、“プレート”だ。「あれはもともとの脚本にはなかったんです。コン・リーが持っていったらいいんじゃないかと提案しました。それによって、妻が初めに駅でプレートを持つ人々を見つめるシーンや、汚れたプレートを書き直そうとして、妻の病気が進行していると分からせる場面を挿入していったんです」。

「この役者たちでなければ考えられなかった」と断言する監督。チェン・ダオミン、コン・リーはもちろん、半年をかけて選び抜き、本作でデビューを飾った娘役のチャン・ホエウェンも大器を感じさせる。胸に刺さるドラマだ。

『妻への家路』
公開中

取材・文・写真:望月ふみ

【関連リンク】
『妻への家路』作品情報
チャン・イーモウ監督が映画『妻への家路』で新人女優を抜擢
チャン・イーモウ監督最新作『妻への家路』日本公開決定

【注目のニュース】
『ローグ・ワン』発売イベント
ジョナサン・デミ死去
『ジョジョの奇妙な冒険…』新予告映像
『ガーディアンズ…』選曲秘話
ジョン・ウー監督、日本への思い語る
マドンナの伝記映画
『東京喰種』キャラクター写真
『22年目の告白』特別映像
『パワーレンジャー』最新予告&ポスター公開
『キング・アーサー』本ポスター公開

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
妻への家路

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • itsy
  • のんべののん太
  • レ・ミゼラブル
  • 佳辰
  • ペペロンチーノ

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連DVD

妻への家路 [Blu-ray]

  • 定価:5184円(税込)
  • 価格:4010円(税込)
  • OFF:1174円(22%)

妻への家路 [DVD]

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:2902円(税込)
  • OFF:1202円(29%)

 


タツノコプロ55周年記念作品『破裏拳ポリマー』のココに注目!
ぴあ Movie Special 2017 Spring ぴあ映画特別号 春号登場! 春の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
2大巨匠が初タッグを組んだ傑作サスペンス・スリラー!『11.22.63』特集&イッキ見試写会レポート
90年代の名作が20年ぶりに帰ってきた! 映画論評・批評の新コーナー“critic” 『T2 トレインスポッティング2』ほか感動作『LION/ライオン』『ハードコア』『グレートウォール』等続々更新中
PFF福岡開催記念!“3つ”のお得なクーポン&割引キャンペーン!
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝