ただいまの掲載件数は タイトル56353件 口コミ 1112170件 劇場 584件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > INNERVISION インナーヴィジョン > ニュース > 視覚障害者が映画監督に挑む! 異色のドキュメントが公開に

視覚障害者が映画監督に挑む! 異色のドキュメントが公開に

(2013/05/10更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


“生まれつき目の見えない視覚障害者が映画監督に挑む!”。こんな無謀に映るチャレンジを収めた1本のドキュメンタリー映画が完成した。タイトルは“内なる映像世界”を意味する『INNERVISION インナーヴィジョン』。なんとも結末が気になる本作での試みについて、手掛けた佐々木誠監督と、本作の主人公である加藤秀幸に話を聞いた。


(左から)佐々木誠監督、加藤秀幸

フォトギャラリー

視覚障害者が映画監督に挑む! 異色のドキュメントが公開に
視覚障害者が映画監督に挑む! 異色のドキュメントが公開に
視覚障害者が映画監督に挑む! 異色のドキュメントが公開に
視覚障害者が映画監督に挑む! 異色のドキュメントが公開に
視覚障害者が映画監督に挑む! 異色のドキュメントが公開に

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

障害者を被写体にしたドキュメンタリーは安易な同情を寄せる内容になりがち。ただ、本作はそれらと一線を画する。まさに、そこがこの映画の出発点と佐々木監督は明かす。「今回ご協力いただいた神奈川県視覚障害者情報雇用福祉ネットワーク(略称view-net神奈川)の方から、“視覚障害者=目が見えなくて大変でかわいそう”といったような社会一般にあるイメージを払拭する映画ができないかと打診を受けました。前作『マイノリティとセックスに関する2、3の事例』で障害者の性と、健常者である自分の性を対比したように、世間に漠然とある常識に疑問を持つことで改めて問いを投げるのが僕の信条なので、ならばやってみようと。そのとき、view-netで出会ったのが加藤くんでした」。

ふたりは同い年だったこともあってすぐに意気投合。その中で、出たアイデアが映画作りだった。でも、先天的な視覚障害者の加藤は、そもそも視覚の概念がない。作品は、そんな彼が第一線で活躍する脚本家や映画監督、映像クリエイターのアドバイスを仰ぎながら自らの映画作りを模索していく過程を記録している。今回の体験を加藤は「僕の場合、“映像”は小説などから得た知識や論理から想像するしかない。ただ、今回、さまざまな助言をいただく中で創作意欲を刺激されました。クリアしなければならない点は多い。当初は、映画作りなんて途方もないものでしたけど、今はチャレンジしたいと思っています」と語る。一方、佐々木監督も「僕自身、今回の加藤くんの成長にはびっくり。彼は自分の考えを順序だてて明確かつ論理的に相手に伝えることができる。監督に最も必要な素養を持っていると思います」と手応えを口にする。

この言葉を裏打ちするように、作品を通して見えてくるのは、無限の可能性にほかならない。今回のふたりのチャレンジを見ていると、“視覚がないからこそ描ける映像世界がある”と高らかに宣言しているかのようだ。「ここからすべてがスタートすると思う」と口を揃えるふたり。“視覚障害者は映画を果たして作れるのか?”というテーマに果敢に飛び込んでいった彼らのチャレンジを観てほしい。

『INNERVISION インナーヴィジョン』
公開中

取材・文・写真:水上賢治

【関連リンク】
『INNERVISION インナーヴィジョン』作品情報

【注目のニュース】
中島健人、“ここさけ”共演者に感謝を叫ぶ!
コミコンに人気ドラマが続々登場
ミコンが今年も開幕!
『打ち上げ花火…』、神宮外苑花火大会とコラボ
あのSFホラーが再リメイク
『パディントン2』公開決定
小栗旬と菅田将暉が語る『銀魂』
『ベイビー・ドライバー』インタビュー映像
サンドラ・ブロックの主演作が決定
『アウトレイジ 最終章』新場面写真

 

映画ファン必携の一冊!映画超特大号
映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません


若手映像クリエイターの登竜門《SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017》 特集
池井戸潤の“幻の長編”を豪華キャストで最速ドラマ化!WOWOW『連続ドラマW アキラとあきら』特集
日米完全同時放送!『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌』特集
映画論評・批評の新コーナー“critic”。伝説の殺し屋キアヌがかえってきた! パワーアップしたガン・フーが炸裂する『ジョン・ウィック〜』ほか『忍びの国』『パワーレンジャー』など7月公開作更新中!
ぴあ Movie Special 2017 Summer ぴあ映画特別号 夏号登場! 夏の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝