ただいまの掲載件数は タイトル61080件 口コミ 1165401件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > バイロケーション 表 > ニュース > 水川あさみが挑んだ『バイロケーション』を振り返る

水川あさみが挑んだ『バイロケーション』を振り返る

(2014/07/29更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最後に明かされる衝撃的な真相、結末の異なる“表”と“裏”の2バージョンでの公開が話題を呼んだ『バイロケーション』のブルーレイ&DVDがリリースとなった。演じる側にとっても異例づくしとなったこのサスペンスホラー。主演を務めた水川あさみに、改めて作品の魅力について語ってもらった。


水川あさみ

“バイロケーション(=バイロケ)”とは、自分と同じ容姿の人間が存在する怪奇現象。本物の自分を殺しにやって来るというバイロケに追い詰められながら、何とか活路を見出そうとする主人公たちの戦いを描く。

主人公の桐村忍とそのバイロケーションという2役に挑んだ水川だったが、本作ならではの難しさがあったという。「全く違うタイプの2役であれば演じ分けやすいんですが、バイロケはあくまでも桐村から発生した同一人物であり、見た目での差異というのをあまり出してないんです。追う側と追われる側の気持ちで微妙な変化をつけるというのは難しいチャレンジでしたね」。

本作は登場人物だけでなく、観客をも騙すタイプのサスペンス。随所に様々なヒントや伏線も散りばめられており、これらをじっくり回収できるのはブルーレイ&DVDならではの楽しみといえる。「様々な伏線を張ってますが、公開時は私の周りでもいろいろ考え過ぎてワケわかんなくなってる人もいて(笑)、しめしめと思ってました。ホラーに分類されていますが、心霊的な怖さではないんです。相反する感情を抱いた時にバイロケが発生すると言われますが、『こうしたいけどできない』という経験は誰しもあると思う。ないものねだりや妬み、隠しておきたい感情がもうひとりの自分として出てくるというのはすごく怖いですよね」。

相反する感情を抱え、過去に知らぬ内にバイロケを生み出していた可能性は? と問うと「しょっちゅうですよ」と語り「バイロケが出てきてくれたら仕事も手分けできるのに」と笑う。

まもなく31歳。主演ドラマ「東京スカーレット〜警視庁NS係」の放送が開始され、映画でも『福福荘の福ちゃん』、主演作『太陽の坐る場所』が公開を控えるなど確かにバイロケの手を借りたいほど忙しい日が続く。「褒められることが多くなって、それが怖くて舞台に挑戦したりもしました。もっともっと打ちのめされるような役に挑戦し、恥をかくことを忘れずにお芝居を続けていきたいと思っています」。

『バイロケーション』
ブルーレイ&DVD 発売中

取材・文・写真:黒豆直樹

【関連リンク】
『バイロケーション』公式サイト
『バイロケーション 表』作品情報
『バイロケーション 裏』作品情報
水川あさみ主演『バイロケーション』BD&DVDの特典内容が発表!

【注目のニュース】
満足度第1位は『映画刀剣乱舞』
『マスカレード・ホテル』動員第1位!
PGAに『グリーンブック』
SSFF&ASIA inハリウッド レポート
『COLD WAR あの歌、2つの心』日本公開
『マスカレード・ホテル』興収30億円超狙えるスタート!
『愛唄』メイキング&コメント映像
三上博史、14年ぶり主演映画を語る
『めんたいぴりり』、地元・福岡で大ヒット!
『映画刀剣乱舞』がついに“出陣”!

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • クリス・トフォルー

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません


日本映画界屈指の俳優陣が集結! 『赤い雪 Red Snow』 永瀬正敏&菜葉菜インタビュー
明太子に秘められた感動物語とは?『めんたいぴりり』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など! 映画論評・批評の新コーナー“critic”