ただいまの掲載件数は タイトル56557件 口コミ 1115358件 劇場 584件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 凶悪 > ニュース > 底なしの演じ手、リリー・フランキーの最新作に注目

底なしの演じ手、リリー・フランキーの最新作に注目

(2013/09/24更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


『凶悪』は、リリー・フランキーという演じ手に出逢うための映画である。


『凶悪』

フォトギャラリー

底なしの演じ手、リリー・フランキーの最新作に注目
底なしの演じ手、リリー・フランキーの最新作に注目
底なしの演じ手、リリー・フランキーの最新作に注目
底なしの演じ手、リリー・フランキーの最新作に注目

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

ジャーナリスト、山田孝之が死刑囚、ピエール瀧への接見を繰り返し、やがて真の悪が浮かび上がる。山田は真相を解明しようとする正義の衣を着た悪、瀧は共犯者=指示者を復讐という大義で自身と同じ地平に立たせようとする悪。両者ともにエゴとしての悪である。山田の芝居も、瀧の芝居も、表象するものに倣い、エゴとしての表現になっている。ところが、黒幕として登場するリリーは、まったく違う様相を呈している。

底なしの欲望、というクリシェがあるが、真の悪は本来の意味で底が抜けており、欲望さえもそこからは流れ出ていることが、リリーの相貌からは明らかになる。彼の声、所作、振る舞いなどを堆積していくと、この人物がもはや何も求めていないことがわかってくる。生きものとしての彼を見つめようとするならば行動原理のようなものはすべて抹消されており、あらゆるおこないは自動化された必然にしか思えなくなる。そう、彼は、この世界に埋め込まれた普遍的現象をトレースしているだけにすぎないのではないかと。

それは錯覚にすぎない。しかし演技とは、詰まるところ、いかに迫真に満ちた錯覚を、いかに気づきを呼び起こす錯覚を出現させられるかではないか。

たとえば台風や地震に、主体性はあるだろうか? それは、起こるべくして起きているだけではないだろうか。リリー・フランキーの表現には、利己的な瞬間がまったくない。台風や地震に主語が与えられることがないように、彼の表現には主語がない。彼はただ、自然の内部に横たわる沈黙だけをあらわしているように映る。

同時期に公開される『そして父になる』ではいわゆる善人という役どころを与えられてはいるが、やはり主語を存在させていない。わたしたちは晴天や月夜に手をあわせて感謝する。しかし自然は、そもそも真意なんて有していない。

自然はわたしたちにとって、もっとも巨大な他者だ。わたしたちは、この他者を永遠に理解することはできないし、永久に太刀打ちできない。リリー・フランキーは、忘れたつもりになっている現実に出逢わせる。

『凶悪』
公開中

文:相田冬二

【関連リンク】
『凶悪』作品情報
リリー・フランキー人物情報

映画ファン必携の一冊!映画超特大号

【注目のニュース】
岩田剛典、『HiGH&LOW』封切りに「万感の思い」
『劇場版マジンガーZ』追加声優キャスト発表
『ナミヤ雑貨店の奇蹟』釜山正式招待
広瀬すず、菅田将暉インタビュー
南沙良、鮮烈なスクリーンデビューを語る
『探偵はBARにいる3』新ポスター公開
『ひるね姫』アメリカで公開
『ジグソウ…』特報公開
「新・伊藤さとりと映画な仲間たち」#12
マーベル新ドラマがいよいよ開始

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
凶悪

(C)2013「凶悪」製作委員会

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • Steven SodaBerg
  • 出木杉のびた
  • ころさだ
  • エージ
  • ぶどうの木
  • じぇろにも三世
  • なつみかん。
  • plus_friends
  • Aki02
  • リッキーゼット

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

凶悪 スペシャル・プライス [DVD]

  • 定価:1620円(税込)
  • 価格:1445円(税込)
  • OFF:175円(10%)

凶悪 [DVD]

  • 定価:4212円(税込)
  • 価格:3260円(税込)
  • OFF:952円(22%)

凶悪 [Blu-ray]

  • 定価:5184円(税込)
  • 価格:3754円(税込)
  • OFF:1430円(27%)

ぴあ Movie Special 2017 Autumn ぴあ映画特別号 秋号登場! 秋の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
ぴあ×ららぽーと “エンタメ・コレクション” Vol.3『あさひなぐ』特別試写会合計415組830名様ご招待!
第10回したまちコメディ映画祭 in 台東 特集
日米完全同時放送!『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌』特集
遂にMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)にスパイダーマン本格参戦! 映画論評・批評の新コーナー“critic”。夏のアクション大作『スパイダーマン:ホームカミング』『トランスフォーマー/最後の騎士王』ほか『エル ELLE』など8月公開作更新中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝