ただいまの掲載件数は タイトル59707件 口コミ 1154383件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 世界にひとつのプレイブック > ニュース > インディペンデント・スピリット賞に『世界にひとつのプレイブック』

インディペンデント・スピリット賞に『世界にひとつのプレイブック』

(2013/02/25更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


オスカー前日に発表されるインディペンデント・スピリット賞で、『世界にひとつのプレイブック』が作品賞に輝いた。同作品では主演のジェニファー・ローレンス、デヴィッド・O・ラッセル監督も賞を手にしている。


『世界にひとつのプレイブック』のジェニファー・ローレンス

主演男優賞は、『The Sessions』のジョン・ホークス。助演女優賞も、同作品のヘレン・ハントに贈られた。寝たきりの男性が、セックス・セラピストの助けで初体験をするという実話にもとづく物語で、ハントは全裸でこの役に体当たりした。助演男優賞は『マジック・マイク』のマシュー・マコノヒー。脚本賞は『世界にひとつのプレイブック』、外国映画賞はミヒャエル・ハネケの『愛、アムール』、撮影監督賞は『ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜』のベン・リチャードソン、ドキュメンタリー映画賞は『The Invisible War』が受賞した。

一方、同日は、最悪の映画に贈られるラジー賞も発表され、『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン part 2』が最悪作品賞、同作品のクリステン・スチュワートが最悪女優賞、テイラー・ロートナーが最悪助演男優賞、ビル・コンドンが最悪監督賞に選ばれている。

文:猿渡由紀

【関連リンク】
『世界にひとつのプレイブック』特集
『世界にひとつのプレイブック』作品情報
“極端”な役で大躍進! 女優J・ローレンス、新作を語る
B・クーパーが語るオスカー最有力作『世界にひとつのプレイブック』
心の傷は癒えた? 塩谷瞬&KABA.ちゃんが息ぴったりのダンスを披露

【注目のニュース】
満足度第1位は『プーと大人になった僕』
『プーと大人になった僕』動員ランキング1位!
北米1位は『ザ・プレデター』
A・ジョリーに新たな主演作
トロント映画祭、受賞結果発表
吉田&光石、新ドラマに自信
デイミアン・チャゼル新作が話題
『ザ・プレデター』ヒーロー紹介映像
GReeeeN『愛唄』映画化!特報&ポスター
“カメ止め”監督の新作体験会

 

映画ファン必携の一冊!映画超特大号
映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

(C) 2012 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • ハナミズ
  • yousan
  • 55555
  • oyajianego
  • 猫ぴょん
  • なっみかん。
  • 中村潤之介
  • 吐露曼湖
  • 血の轍
  • レ・ミゼラブル
  • なほもも
  • 赤ヒゲ
  • よっchan
  • 山ぶどう
  • てぃてぃ

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

世界にひとつのプレイブック DVDコレクターズ・エディション(2枚組)

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:2927円(税込)
  • OFF:1177円(28%)

世界にひとつのプレイブック Blu-rayコレクターズ・エディション

  • 定価:5076円(税込)
  • 価格:3926円(税込)
  • OFF:1150円(22%)

 


映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集
木村拓哉と二宮和也の2大スターが豪華共演! 『検察側の罪人』をはじめ、J・ステイサム VS メガロドンの『MEG…』、旬の女優、土屋太鳳&芳根京子の熱演光る『累-かさね-』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
未来の映画監督たちよ、ここに集え!