ただいまの掲載件数は タイトル64995件 口コミ 1178998件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 《第24回 東京国際映画祭》 > ニュース > 役所&小栗共演『キツツキと雨』が東京国際映画祭で審査員特別賞

役所&小栗共演『キツツキと雨』が東京国際映画祭で審査員特別賞

(2011/10/31更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


第24回東京国際映画祭が10月30日、各賞を発表し閉幕。フランス映画『最強のふたり』が最高賞にあたる“東京サクラグランプリ”と最優秀男優賞の2冠を達成したほか、役所広司と小栗旬が初共演した日本映画「キツツキと雨」(沖田修一監督)が審査員特別賞に輝いた。


第24回 東京国際映画祭審査員特別賞『キツツキと雨』の沖田修一監督

フォトギャラリー

役所&小栗共演『キツツキと雨』が東京国際映画祭で審査員特別賞
役所&小栗共演『キツツキと雨』が東京国際映画祭で審査員特別賞

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

沖田監督は「今回、コンペティション部門で日本映画は一本だけだったので、大きなプレッシャーだった。『頑張って』と言われても、もう映画は作り終わっているし……。お客さんの良い反応を見て、もう十分と思う反面、やはり無心ではいられなかった。地方ロケをお手伝いしていただいた皆さんにお礼が言いたい。また、ここに帰ってこられるように頑張りたい」と受賞の喜びを語った。

2部門を制した『最強のふたり』の関係者は来日を果たせなかったが、エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ両監督が「日本公開に合わせて、ぜひ東京にうかがいます。とってもうれしいです。ありがとう東京」とメッセージを寄せた。同作は実話を元に、事故で首から下が麻痺した富豪と、彼の介護をすることになった出所したての黒人青年の衝突と交流を描いたヒューマンコメディ。

授賞式終了後には、コンペティション部門の審査員が総評会見を行い、審査委員長のエドワード・R・プレスマンをはじめ、女優のファン・ビンビン、小林政広監督らが出席。「『最強のふたり』『キツツキと雨』『プレイ』の3本が最終候補となり、賞を絞り込むのが大変だった。結果には満足している。」(プレスマン氏)。「私は秘密を保ち続けることが苦手。だからやっと最終日になりホッとしています。受賞結果は、完璧なエンディングを迎えることができた」(ビンビン)と語る一方、小林監督は「芸術性に富んだ刺激的な作品はほとんどなかった」と厳しい意見だ。

実際、満場一致だった賞はないといい、プレスマン氏も「どれも水準が高い分、抜きん出た作品がなかったのは確か」と分析。最終的には政治性、作家性、エンターテインメント性といった要素の“バランス”を重要視したと説明した。ちなみにプレスマン氏によると、「素晴らしい作品だが、『キツツキと雨』はグランプリを与えるにはライト過ぎた」とのこと。

今年は東日本大震災を受けて「信じよう、映画の力」をテーマに掲げた東京国際映画祭。9日間の会期中、315回の映画上映が行われ、観客動員は4万1648人。TIFFCOMをはじめとする関連イベントに約17万人を動員した。依田巽チェアマンは「来年25回を迎える中で、今年は確実な進化を感じた」と手応え十分。今後も映画祭のテーマである作品力、情報発信力、そして“日本の力”を世界にアピールしたいとし、閉幕を宣言。公式クロージング作品として、ブラッド・ピット主演最新作『マネーボール』(ベネット・ミラー監督)が上映された。

●東京サクラグランプリ:『最強のふたり』(エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ監督/フランス)
●審査員特別賞:『キツツキと雨』(沖田修一監督/日本)
●最優秀監督賞:リューベン・オストルンド監督(『プレイ』/スウェーデン=デンマーク=フランス)
●最優秀女優賞:グレン・クローズ(『アルバート・ノッブス』/アイルランド)
●最優秀男優賞:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー(『最強のふたり』/フランス)
●最優秀芸術貢献賞:『転山』(ドゥ・ジャーイー監督/中国)、『デタッチメント』(トニー・ケイ監督/アメリカ)
●観客賞:『ガザを飛ぶブタ』(シルヴァン・エスティバル監督/フランス=ベルギー)
●最優秀アジア映画賞:『クリスマス・イブ』(ジェフリー・ジェトゥリアン監督/フィリピン)
●日本映画・ある視点部門作品賞:『ももいろそらを』(小林啓一監督)
●TOYOTA Earth Grand Prix:『鏡は嘘をつかない』(カミーラ・アンディニ監督/インドネシア)
●TOYOTA Earth Grand Prix審査員特別賞:『ハッピー・ピープル タイガで暮らす一年』(ドミトリー・ワシュコフ監督/ドイツ)

【関連リンク】
「第24回東京国際映画祭」特集
当日500円にイケメンPR軍団も。若年層にアプローチする東京国際映画祭
パワフル妊婦を演じた仲里依紗、「元気がない日本のプラスになれば」
「PFFアワード」グランプリの北川仁監督、現在も僧侶との“二足のわらじ”
国際映画祭にできることとは?“TIFF ARIGATO プロジェクト”の意義
世界が注目。映像コンテンツマーケット「TIFFCOM」って?
東京サクラグランプリの行方は?コンペ審査員が会見
小栗旬「逃げ出したい毎日だった」監督初挑戦の苦悩を振り返る
“強運”第24回東京国際映画祭が華々しく開幕

【注目のニュース】
最新作のタイトルが『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』に タイトルロゴも公開
“波”が来たら乗った方がいい。湯浅政明が語る新作『きみと、波にのれたら』
アカデミーの映画ミュージアム、オープニングがまたもや延期に
三吉彩花が歌って踊りまくる 『ダンスウィズミー』ミュージカル映像公開
「ぴあ」(アプリ)先行開始!『Diner ダイナー』舞台挨拶
片寄涼太が声優に。この夏、“胸キュン”と“切なさ”で一生ものの恋をしたくなる!
妥協を許さない監督に食らいつく超新人! 『町田くんの世界』メイキング公開
人気俳優クリス・ヘムズワースが語る“MIB愛”と理想のキャリア
ショーン・ペンが次回作で娘と共演
犬飼貴丈が武田航平に「茶々おじさん」発言! 『GOZEN-純恋の剣-』完成披露舞台挨拶

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • うめくみ

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません


正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ