ただいまの掲載件数は タイトル55966件 口コミ 1106632件 劇場 582件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > TATSUMI マンガに革命を起こした男 > ニュース > 世界が認める漫画家の半生を描いた『TATSUMI』監督の想いとは?

世界が認める漫画家の半生を描いた『TATSUMI』監督の想いとは?

(2014/11/14更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


日本のカルチャーを代表する“マンガ”。その巨匠といえば手塚治虫が浮かぶが、手塚が嫉妬したクリエイターがいる。“劇画”の名付け親、辰巳ヨシヒロだ。『TATSUMI マンガに革命を起こした男』は、辰巳の半生を、彼の短編5本と2008年に書籍化された自伝エッセイマンガ『劇画漂流』を軸に、新たな描き下ろしを加えて映画化したアニメーション。監督のエリック・クーが“辰巳センセイ”への愛を語る。


エリック・クー監督

フォトギャラリー

世界が認める漫画家の半生を描いた『TATSUMI』監督の想いとは?
世界が認める漫画家の半生を描いた『TATSUMI』監督の想いとは?
世界が認める漫画家の半生を描いた『TATSUMI』監督の想いとは?

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

辰巳のマンガは、大人のためのストーリーマンガであり、それまでのマンガと一線を画すために彼は自らのスタイルを“劇画”と称した。彼の世界に20年前に初めて触れ、本作を手掛けたのは、日本人ではなくシンガポールのエリック・クー監督だった。「2011年に完成した本作は、ヨーロッパやアメリカ、アジアの多くの国々で公開済みです。日本では東京国際映画祭での上映はありましたけれど、劇場公開はなく、正直、どうしてなんだ〜!とじりじりした気持ちでいました(笑)。今回、こうして上映が決まり、喜びでいっぱいです。辰巳センセイはヨーロッパやアメリカのコミック店では、手塚治虫氏や水木しげる氏の隣に置かれている方なんですよ」。

辰巳の半生を表すため、監督は初のアニメに挑んだ。「27名のアニメーション・アーティストを起用し、辰巳センセイの作品を模倣できる程のレベルに達してもらいました。苦慮したのは、いまだかつてないアニメに仕上げることです。辰巳センセイが、それまでのマンガになかった“劇画”という分野を生み出したのと同じように、動き方やトーンなど、私も既存のアニメとは違う作品にしたかったのです」。

“劇画”の深さと辰巳自身の魅力がしっかりと伝わってくる本作。最後に監督はこんなエピソードを教えてくれた。「センセイは映画が大好きで、ご自身で作りたかったほど。カンヌ映画祭に呼ばれてレッドカーペットを歩いた時、センセイが私の手をぐっと掴んだんです。この映画でセンセイの夢の一部を叶えられたのかなという気持ちになりましたね」。

『TATSUMI マンガに革命を起こした男』
11月15日(土)角川シネマ新宿ほか全国公開

取材・文・写真:望月ふみ

【関連リンク】
『TATSUMI マンガに革命を起こした男』特集
『TATSUMI マンガに革命を起こした男』作品情報
「ジブリファンにも観てほしい!」 “劇画”生みの親を描いた『TATSUMI』日本公開決定
映画『TATSUMI』につげ義春ら漫画家から激賞の声!

【注目のニュース】
『スイス・アーミー・マン』9月公開
ブラッド・ピットが語る“映画の未来”とは?
『潮風のいたずら』新キャストは?
『ジョジョの奇妙な冒険…』場面写真公開!
「新・伊藤さとりと映画な仲間たち」#09
“チーム・ソー”特別映像
『坂道のアポロン』第2弾キャスト発表!
『LOGAN/ローガン』来日記者会見
『打ち上げ花火…』公開アフレコ
『ダンケルク』シグナル画像公開

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • のんべののん太

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます


ぴあ Movie Special 2017 Summer ぴあ映画特別号 夏号登場! 夏の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
日本が誇る“侍”の本当の姿とは?『たたら侍』特集
タツノコプロ55周年記念作品『破裏拳ポリマー』のココに注目!
映画論評・批評の新コーナー“critic”。絶妙なストーリーテリングと映像美に胸打たれるSF『メッセージ』をはじめ『たたら侍』『美しい星』等話題作続々更新中
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝