ただいまの掲載件数は タイトル56182件 口コミ 1109669件 劇場 582件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > メリダとおそろしの森 > ニュース > 大島優子が映画『メリダとおそろしの森』主人公に決まった理由とは?

大島優子が映画『メリダとおそろしの森』主人公に決まった理由とは?

(2012/06/11更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今夏に公開されるディズニー/ピクサーの最新作『メリダとおそろしの森』の日本語版で主人公メリダの声を演じるのは、AKB48の大島優子だ。歌手として女優として活躍する彼女は人気も話題性もある女性だが、それだけではディズニー/ピクサーの主人公は演じられない。そこにはとても厳しい基準があるようだ。


『メリダとおそろしの森』の主人公メリダと大島優子

フォトギャラリー

大島優子が映画『メリダとおそろしの森』主人公に決まった理由とは?
大島優子が映画『メリダとおそろしの森』主人公に決まった理由とは?

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

『メリダとおそろしの森』は、自由を求めるあまり、王家の伝統をうとましく思っている王女メリダが、太古から続く森の呪いを目覚めさせてしまったことを機に、王国にかけられた呪いを解くために壮大な冒険を繰り広げるアドベンチャー大作だ。

ピクサー作品の声のキャストのポリシーは“同じキャラクターは世界に1人しかいない”というもの。映画は、世界各国で様々な言語で上映されるが、そのすべてのメリダは“声の質”と“演技”において調和していなければならない。英語を話すメリダも、日本語を話すメリダも、イタリア語を話すメリダもキャラクターの印象が大きく変わらないように、ピクサーのスタッフたちが厳しく審査し、キャストの決定権を握っている。日本のスタッフがどれだけ推薦しても、ピクサーが重視するのは“作品のクオリティ”。日本での実績や知名度だけでは配役は決定しない。ちなみに大島もこれまでのピクサー作品と同様の厳しい審査を経て、日本語版のメリダ役に選ばれた。

まだ観客の誰も大島が声を演じた『メリダとおそろしの森』を観ていないため、彼女が本作でどのような演技を見せているのかはわからないが、“王女メリダ=大島優子”は、米国ピクサー社が審査を重ねて出した決定であることは間違いない。

『メリダとおそろしの森』
※同時上映『ニセものバズがやって来た』『月と少年』
7月21日(土) TOHOシネマズ日劇ほか全国公開

【関連リンク】
『メリダとおそろしの森』作品情報
AKB48大島優子『メリダとおそろしの森』公開アフレコで意気込み
AKB48大島優子がピクサー新作『メリダとおそろしの森』をナビゲート
ディズニー/ピクサー『メリダとおそろしの森』日本版ポスターが“世界標準”に!
AKB48大島優子がピクサー新作『メリダとおそろしの森』声優に
その森にはどんな秘密が? ピクサー新作『メリダとおそろしの森』予告編が公開
今夏、“トイ・ストーリー”の新作短編が公開決定!
完売必至! ピクサー最新作『メリダとおそろしの森』前売り券が発売決定
ディズニー/ピクサーの“新たな挑戦”とは? 最新作のポスターが公開
名門ピクサーの新たな挑戦。来夏公開作の映像が早くも解禁

【注目のニュース】
実写版『銀魂』ついに完成!
パイレーツ4D上映の魅力とは?
『死霊館』新作決定
屋比久知奈、ペンギンに感激
『打ち上げ花火…』主題歌決定
メル・ギブソン『ハクソー・リッジ』を語る
『スパイダーマン』新作吹替版キャスト決定
『カーズ』最新作、新キャラクターの魅力は?
『世界でいちばん美しい村』の魅力
『ブレードランナー…』ムビチケ先行発売

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
メリダとおそろしの森

(C)Disney/Pixar All rights reserved.

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • john31
  • hatchan
  • ruru2
  • どあどあ

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません


日米完全同時放送!『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌』特集
凶悪爆弾テロ、解決までの102時間『パトリオット・デイ』特集
池井戸潤の“幻の長編”を豪華キャストで最速ドラマ化!WOWOW『連続ドラマW アキラとあきら』特集
激戦の中たったひとりで75人の命を救った男の真実のドラマ『ハクソー・リッジ』特集
ぴあ Movie Special 2017 Summer ぴあ映画特別号 夏号登場! 夏の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
映画論評・批評の新コーナー“critic”。しかと見届けよ! H・ジャックマン演じる最後のウルヴァリン! これまでと一味違うアメコミ映画『LOGAN…』ほか『ハクソー・リッジ』『セールスマン』など続々更新中!
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝