ただいまの掲載件数は タイトル55509件 口コミ 1100981件 劇場 578件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 映画 けいおん! > ニュース > 映画『けいおん!』山田尚子監督ロングインタビュー

映画『けいおん!』山田尚子監督ロングインタビュー

Text●志田英邦

(2011/12/14更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


大ヒットを記録中の映画『けいおん!』。2期にわたるTVシリーズ(2009年、2010年)から今回の映画までを手がけてきた、京都アニメーションの山田尚子監督にお話を聞いた。


映画『けいおん!』場面写真

女子高生の一番輝いている時期を描きたかった

――『けいおん!』は2期にわたって展開されたTVシリーズのアニメーションでしたね。今回は映画ということで新しく挑戦された部分をお聞かせください。

主人公の(平沢)唯たちの持っている空気をTVシリーズと変えないように意識しました。今回は“映画”ということで映像的にもクオリティの高いものが求められますし、私としても挑戦してみたかったのでより生っぽい映像を目指して、映像を手持ちカメラ風にしたり、広角レンズ風にしたり、TVシリーズのときからもうひと手間、もう一歩踏み込んだ映像作りをしています。

――物語のイベントを卒業旅行にした理由は?

制服が描きたかったんです。やっぱり唯たちが制服を着ている姿はすごく魅力的です。はじめて『けいおん!』を観てくださる方もいらっしゃると思うので、やっぱり一番輝いている時期を見て欲しい。制服コンプレックスかもしれないですけど……制服が好きなので(笑)。

――今回の卒業旅行の舞台をロンドンにした理由は?

ロンドンは音楽の聖地ですし。登場人物のひとり、(秋山)澪ちゃんは音楽の趣味がシブいんですよね。好きなミュージシャンの名前を挙げると、大御所の名前が出てくるような子なので。自然とロンドンに決まりました。

――ほかに行き先の候補はありましたか?

唯たちが劇中で挙げている場所以外ではフィンランドがありましたね。(琴吹)紬の別荘があるから……とか。劇中で行きたい場所を挙げるんですが、残念な子たちなので、行きたいところにたどり着いても、そのことに気付いていないんです。アビーロードを渡っていても、本人たちは気付いていなかったりして(笑)。

――ロンドンには山田監督たちもロケハンに行かれていますよね。どんなところに注目していましたか?

シナリオライターの吉田(玲子)さんとタッグを組んで回りました。いわゆる観光名所は意識していませんでしたね。むしろ「道に落ちている葉っぱの形がかわいい」とか「外国の家の窓はかわいい」とか、唯たちはそういうところに目がいくはずなので。まあ、唯たちが名所を見て満足するとは思えないですからね。

――実際にロンドンに行かれて、山田監督が注目したところは?

外国人の背は大きい! それは実感としてもありましたし、うまく画面に出せたような気がします。

――アフレコのときは、山田監督がロンドン土産の紅茶をお持ちして、キャストのみなさんでお茶をしたとか。キャストの皆さんにはどんな言葉をかけたのですか?

TVシリーズでキャストのみなさんと初顔合わせをしたときから変わらないんですが、とにかく「普通にお願いします」とお話しました。映画では映像的に盛り上げたり、感傷的な演出もあったりするんですが、唯たちにとってそれは関係ないことで、映像の作り手側が勝手にやっていることなんです。だから、キャストさんたちには「演技を過剰に美化しないで、どんな素敵なシーンであっても、普通にしゃべってください」とお願いしました。


映画『けいおん!』山田尚子監督ロングインタビュー
『映画 けいおん!』場面写真



『けいおん!』で大事なことは 唯たちの行動に耳を澄ますこと

――2009年に放送されたシリーズのことも振りかえらせていただきたいのですが、最初に原作の『けいおん!』を読んだときは、どんな印象でしたか?

「女子高生なのにギブソンのレスポールなんてナマイキだわ!」って思いました。本物の高価な楽器をしっかり持つ、というのが作品の良い“重し”になっています。

――山田監督は楽器を演奏するんですか?

いやいや、触ったことがある程度です! 楽器をやっていたとは言えません。

――女子高生を描くときに大切にしていたことは?

とにかく“唯たちを見つめる”ことでしたね。シナリオを最初に読むときもそうでした。唯たちが道具になってはいないか。ストーリーのために動かされてはいないか。唯たちの意識で動くことができるか。唯たちの動きに耳を澄ますことを大事にしていました。シナリオを作るときに、お話のためにキャラクターが動かすことは当然、私たちがやらなくちゃいけないことなんです。でも、唯たちにその役割を背負わせすぎると、『けいおん!』としてのバランスが崩れてしまう。唯たちは唯たちとしてしっかりと生活をさせておいて、そのうえで私たちが持っていきたい方向へお話を練り込んでいくことが大事なんです。「これはやらない」と作品の中に制限を作りたくなかったので、唯たちが楽しく過ごせるように導くのが大変でしたね。

――『けいおん!』という作品全体でどこに魅力を感じていますか?

音楽もストーリーも、どこか懐かしい。時代の最先端では決してない、昭和のような温かみがあることですね。私、80年、90年ぐらいの日本の音楽が好きなんですよ。外国の音楽だと60年代くらいからが好きなんですが。80年代の日本のヘンに盛り上がっている、多幸感がすごく好きで。あの80年代のお祭りのような感覚と、女子高生が持っている感覚って何か似ているんじゃないかと思うんですよね。音楽や劇伴をお願いするときも、懐かしいイメージでお願いすることが多いんです。テクノポップサウンドをお願いしても、昔ながらのテクノポップサウンドをお願いしたりして。「ちょっと懐かしい」を大事にしています、はい。

――映画『けいおん!』パンフレットでは「イモっぽく」とおっしゃっていますね。

そういう女の子が好きだというのもありますね。『けいおん!』は登場人物が高校1年生のころから物語を描いています。つまり、最初はついこの間まで中学生だったわけで、いってしまえば眉毛の手入れもしていない(笑)。そういう親しみやすさも、いろんな人がほっこりできる作品になると良いなと思っていたので。

――小さい子供たちに向けても作っていらっしゃるようですね。

むむ。私、5歳くらいの甥っ子がいまして、めちゃめちゃ『けいおん!』が好きなんですよね。5歳くらいの人が飽きないものを作れているんだと思うと嬉しいですし、そういう時期に観たものって忘れないですしね。そういうところは大事にしたいところだと思います。


全部が少しずつスペシャルになっている映画

――『けいおん!』らしさってどのあたりにあると思いますか?

ぶっちゃけていうと、唯たちが宇宙人に出会っても『けいおん!』らしい作品を作ることができると思うんです(笑)。とにかく、“唯たちがいる”ということが『けいおん!』らしさだと思います。キャラクターがそこにいるってことですね。もし唯が記憶喪失になったとしても、作れてしまうかもしれない。

――『けいおん!』はヒット作になりましたが、反響の大きさを感じる瞬間は?

友人からメールをもらうときです。アニメに興味を持っていない友人が「こんなのがあった」とか「こんなことするらしいね」とメールを送ってくれることがあって。そういうときは驚きます。すごい、その人たちの目に入るようになっているのか、と。実は第1期の最初の脚本を見たときに主人公の唯がきらきらして見えたので「この作品はきっと素敵になる」って思ったんですよね。そのころから、自分の感覚は変わっていません。

――映画の肩の荷が下りた瞬間は?

まだ、肩の荷が下りた感じはないんです。でも、キャラクターデザインの堀口悠紀子さんが試写を見て「すごく良かった」とおっしゃられて。その時点で肩の荷が下りたような気がします。とくに私にとっては堀口さんの反応が気になっていましたね。彼女もすごく『けいおん!』が好きで、作品を大事にしていらっしゃる方なので。たぶん堀口さん自身も『けいおん!』をうまく描けているか、不安だったんだと思います。

――女性スタッフならではの特徴ってありますか?

女性で良いなと思うところは母性を感じるところですね。キャラクターを見る目線が“お母さん”なんですよね。「こんなに足を出して」「お腹を出したら冷えるがな!」って。そんな感覚で唯たちを見て、作品を作っている。「お母さん許しませんよ!」と。キャラクターに対して絶対的な愛を感じます。恋愛とはちょっと違うし、良いところだけを見ているわけじゃない。ちゃんと芯まで彼女たちを見ている感じがあります。

――映画の見どころをお聞かせください。

映画はお金を払って見ていただくものなので、いつもどおりではないちょっとスペシャル感を意識しましたし、『けいおん!』の雰囲気は絶対守りたい、その両立がちょっと難しかったですね。演奏シーンも画づくりも、ひとカットの中に納めるキャラクターの数も多いし。ひとつひとつはささやかなことかもしれないですけど、その積み重ねがスペシャル感につながっていると思います。あ、もちろんお話もいつもよりもしっかりしたものになっていますよ。


映画『けいおん!』
公開中

(C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部


【関連リンク】
映画『けいおん!』作品情報
豊崎愛生ら『けいおん!』声優陣が、ロンドンバスに乗って赤坂に
映画『けいおん!』、デニーズとのコラボキャンペーンが開始に

【注目のニュース】
監督が語る『3月のライオン』
『LOGAN/ローガン』予告編公開
『デッドプール2』にM・シャノンが出演か
MovieNEX『ドクター・ストレンジ』
『無限の住人』キャラクターPV
あの米俳優が語る怪獣映画の魅力
ブリー・ラーソン次回出演作決定
“俺のおかげさ”フル映像公開
『ワンダーウーマン』特報公開
エマ・ストーン次回作、公開日決定

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
映画 けいおん!

(C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

  • Mafty
  • Garbera
  • ときわのプー
  • 青いイナズマ
  • 白桃-hakutoh-
  • AKANE
  • maddin
  • kuromu_kyouya
  • 姫桃
  • コバーン
  • 川上少年

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません


ぴあ Movie Special 2017 Spring ぴあ映画特別号 春号登場! 春の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
青山シアター&PFFアワード2017特集
3月公開の大作・期待作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic” 今月は『ムーンライト』『ひるね姫…』『モアナ…』『3月のライオン』『SING/シング』他全10作品
あのベストセラーが映画化『しゃぼん玉』3月4日(土)公開
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

シャマラン初のドラマに続編登場! 『ウェイワード・パインズ 出口のない街』シーズン2 DVDコレクターズBOX 発売中
「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝