ただいまの掲載件数は タイトル59015件 口コミ 1146648件 劇場 586件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > スカイライン−征服− > ニュース > アンチハリウッドなSFX大作、撮影は監督の自宅で敢行!?

アンチハリウッドなSFX大作、撮影は監督の自宅で敢行!?

(2011/06/17更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


6月18日(土)公開の『スカイライン−征服−』は、異星からの侵略者に揺れる地上の人々のサバイバルを描いたSFアクション。一見、大金を注ぎこんだハリウッド大作のようだが、実は低予算で製作されたインディーズ作品なのだ。監督のグレッグとコリンのストラウス兄弟は、『AVP2:エイリアンズVS.プレデター』の監督で、『アバター』などに参加したVFX工房ハイドラックスの主宰者でもある。ユニークな制作スタイルで本作を生み出したグレッグ・ストラウスに、自主制作の舞台裏について話を聞いた。


『スカイライン−征服−』について熱く語るグレッグ・ストラウス監督

フォトギャラリー

アンチハリウッドなSFX大作、撮影は監督の自宅で敢行!?
アンチハリウッドなSFX大作、撮影は監督の自宅で敢行!?
アンチハリウッドなSFX大作、撮影は監督の自宅で敢行!?
アンチハリウッドなSFX大作、撮影は監督の自宅で敢行!?

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。



「ハイドラックスの面々とランチをとっているときに、地球侵略の映画を撮ろうという話が盛り上がった。最初は大手スタジオをとおして製作することも考えたが、僕らは監督の経験もあるし、自社のツールも活かせる。ならば自分たちで作ってしまおう、ということになったんだ」とストラウスは振り返る。

言うまでもなく、映画製作の規模が大きくなればなるほど口をはさむ人間も増え、作り手の自由は奪われる。しかし、ストラウスはこの手法のおかけで創作の自由を手にできた。「スタッフは皆、僕らと同世代で気心も知れている。大手スタジオのスーツを着た連中が撮影に口を出してくることもない。だから作りたいものを作ることができた。映画製作が自由なものであることを改めて感じたよ。現代のハリウッドの製作システムでは味わえない解放感があった」

自由があるぶん、出資者がいないから予算も時間も限られる。そのため自社の技術はもちろん、自宅をも撮影に提供することになったとのことだ。「1000ものカットに4か月でVFX処理を施すのは、さすがに大変だったね。ロケには自宅マンションを使った。撮影期間も僕はそこで暮らしていたから、朝起きたら、もうそこは映画のセットというワケだ(笑)」

『スカイライン−征服−』
6月18日(土)より全国ロードショー

取材・文:相馬学

(C)2010 Black Monday Film Service, LLC. All rights reserved.

【関連リンク】
『スカイライン−征服−』作品情報

【注目のニュース】
『ちいさな英雄』ポスタービジュアル公開
『空飛ぶタイヤ』長瀬智也、“座長ぶり”発揮
『DTC-湯けむり純情篇』公開決定
初来日の《叫び》も! ムンク大回顧展、今秋開催
学生映画のイメージを変える『傀儡』
俳優・高橋一生が語る、肖像芸術との対話
『イマジネーションゲーム』予告公開
「東京コミコン2018」開催概要発表会見
Hi-STANDARD写真展、いよいよ東京開催へ
『X-ファイル 2018』WEB用スポット公開

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
スカイライン−征服−

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • なつみかん。

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

スカイライン −征服− [DVD]

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:2480円(税込)
  • OFF:1624円(39%)

スカイライン −征服− Blu-ray

  • 定価:5076円(税込)
  • 価格:2180円(税込)
  • OFF:2896円(57%)

 


興収1000億円超えのシリーズがついに完結! 『メイズ・ランナー』大ヒットの秘密に迫れ!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
総製作費100億円の超大作、待望の新章が日本最速独占放送!『ウエストワールド シーズン2』特集
新たなる青春映画の傑作誕生 ティーンの繊細な心をとらえた『レディ・バード』ほか、P・T・アンダーソン×D・デイ=ルイスの『ファントム・スレッド』、L・ラムジー監督作『ビューティフル・デイ』など話題作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
未来の映画監督たちよ、ここに集え!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号が4/2発売!
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ