ただいまの掲載件数は タイトル60385件 口コミ 1160452件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > さや侍 > ニュース > 「日本の評価が低い」松本人志監督、会見でボヤき

「日本の評価が低い」松本人志監督、会見でボヤき

(2011/06/06更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


松本人志の監督第3作目となる『さや侍』のプレミア上映会が6日に都内で行なわれ、松本監督、野見隆明、板尾創路ら出演者が会見を行なった。


『さや侍』のプレミア上映会の模様

フォトギャラリー

「日本の評価が低い」松本人志監督、会見でボヤき
「日本の評価が低い」松本人志監督、会見でボヤき

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。



映画『さや侍』は、刀を捨て“さや”しか持たなくなった侍(野見)とその娘(熊田聖亜)が脱藩の罪を帳消しにするという殿様(國村隼)が出したある条件のもとで“30日の業”に挑み、親子の絆を深めていく姿を描いた時代劇。8月にスイスで開催される第64回ロカルノ国際映画祭に正式出品されることが決定している。

本作で素人ながら映画初出演にして初主演という大役を果たした野見は「松本さんが監督する映画だということを何も知らされずに、DVDの撮影だとそのまんま1、2か月やらされたので、一生懸命やるしかなかった。みなさんに観ていただけたらありがたい」とコメント。松本監督は「本当に最初は大変でした。この撮影どうなるんだろうとも思いましたが、時折ヘタな役者じゃ太刀打ちできないくらいの顔を見せてくれたので、ちょっとビックリしました」と役者としての野見に太鼓判をおした。

自身の初監督作品『大日本人』がハリウッドでリメイクされることについて松本監督は「今回のリメイクは丸投げではなく、僕も何らかの形で参加する形で、ある程度は自分の意見も言えるので『大日本人』とはまた違うちゃんとした面白くて楽しいものができればいい」と話し、「映画を壊してやろう、みたいなところから始まったので、意外とそれが海外の人にはスンナリ受け入れてもらっている。でも僕のことを知りすぎている人にはヘタウマが通じていないというか、ヘタヘタと思われているところがあって、日本の評価がちょっとまだ低いかなぁ…」とボヤくも「今回の『さや侍』でちょっと見方を変えてもらえるかなと思っている。ロカルノもリメイクもそうですが、僕が面白いと思うことを世界を絡めながらできるような状況がやっと整ってきたので、それはすごく嬉しい。これからもがんばって笑いを届け続けるしかない」と宣言した。

『さや侍』
6月11日(土)全国ロードショー

(C)2011「さや侍」製作委員会

【関連リンク】
『さや侍』作品情報

【チケット情報】
さや侍/全国券

【注目のニュース】
木村拓哉、初の刑事役も不完全燃焼?
『マルセル・デュシャンと日本美術』、東京国立博物館で開催中
『あの空の向こうに』続編完成
R・ウィルソンがミュージカル『Cats』に出演
『ポリス・ストーリー/REBORN』本編映像公開
塚本晋也監督がエッセイ集を発売
『映画刀剣乱舞』特報映像
『アリー/ スター誕生』特別映像
『メリー・ポピンズ リターンズ』予告編
BTSドキュメンタリーが満足度第1位

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
さや侍

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • スンデ
  • ぬふれ
  • Spicy

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

さや侍 [DVD]

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:2600円(税込)
  • OFF:1504円(36%)

さや侍 [Blu-ray]

  • 定価:5076円(税込)
  • 価格:4568円(税込)
  • OFF:508円(10%)

 


新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『インクレディブル・ファミリー』特集
新たなる青春映画の傑作誕生 ティーンの繊細な心をとらえた『レディ・バード』ほか、P・T・アンダーソン×D・デイ=ルイスの『ファントム・スレッド』、L・ラムジー監督作『ビューティフル・デイ』など話題作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”