ただいまの掲載件数は タイトル57861件 口コミ 1130883件 劇場 595件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ラビット・ホラー3D > ニュース > 新機能が切り開く新たな3D映画の世界とは? 『ラビット・ホラー3D』クランクアップ

新機能が切り開く新たな3D映画の世界とは? 『ラビット・ホラー3D』クランクアップ

(2010/09/09更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ジャパニーズ・ホラーの牽引者である清水崇監督の最新作『ラビット・ホラー3D』が8日に都内でクランクアップした。清水監督が前作『戦慄迷宮3D』に引き続き、3D作品に挑む本作。そこで大活躍したのが、パナソニック社が開発した最新の一体型二眼式3Dカメラレコーダー「AG-3DA1」である。同機が映画撮影に使われるのは世界初のこと。その驚くべき最新機能が切り開く新たな3D映画の世界とは?

「AG-3DA1」の最大の武器は、二眼同時ズーム。ジェームズ・キャメロン監督の『アバター』で使用された機材でさえもなし得なかった、この画期的な技術によって、これまで3D映画が苦手としてきた“スピードへの対応”が格段に向上した。その結果、スクリーン面を軸とした“奥行き感”はもちろんのこと、これまで目の負担が大きいとされてきた“飛び出し効果”がよりナチュラルなものになった。この“奥行き×飛び出し”の相乗効果は、ハリウッド製の3D映画では味わえない大きな魅力といえる。

撮影監督に起用されたのは、世界的フォトグラファーであるクリストファー・ドイル。彼にとって3D撮影は初の試みとなるが、ドイル本来の持ち味であるフィックス(固定)ショットや緩やかなカメラの動きは、3Dとの親和性が非常に高く、本人も「3Dという意識はない」という。現場では、清水監督をはじめ、専用のメガネを着用したスタッフが、3Dモニターで映像のチェックを行った。「即興性で美しく、変化に富んだ画を撮る才気はさすがだと思う」という清水監督の言葉からも“ドイル×3Dカメラ”の化学反応に期待が高まる。

物語はウサギの人形が誘う不思議の国に迷い込んだヒロイン(満島ひかり)が、神出鬼没のウサギ人間に襲われる恐怖を描く。「3D効果を意識しすぎて、それだけになってしまうのではなく、恐ろしくもドラマ的な世界観を、前作(『戦慄迷宮3D』)以上に効果的に作り上げるように意識した」と清水監督。観客を招き入れる“扉”はあくまでストーリーであり、そこに大きなうねりを与え、登場人物たちの感情を増幅させるのが3D映像なのだ。

なお、本年度のヴェネチア映画祭の「3D映画部門」の審査委員長を務める清水監督は、クランクアップ翌日の9日にもヴェネチアに発ち、同地で早くも本作のフッテージ上映(約3分間)を行う予定。コンペティション部門の審査員長であり、『呪怨』のファンを公言するクエンティン・タランティーノ監督も鑑賞する予定になっている。本編完成は今年12月、2011年の公開を目指す。

『ラビット・ホラー3D』
2011年公開

取材・文:内田涼

【関連リンク】
清水崇監督最新作『ラビット・ホラー3D』の映像がヴェネチア映画祭で上映決定
清水崇監督がヴェネチア映画祭“3D映画部門”の審査委員長に!
ホラー映画の巨匠が目指したのは“想像力に訴えかける恐怖”



フォトギャラリー

新機能が切り開く新たな3D映画の世界とは? 『ラビット・ホラー3D』クランクアップ
新機能が切り開く新たな3D映画の世界とは? 『ラビット・ホラー3D』クランクアップ

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。


【注目のニュース】
TOHOシネマズ 熊本オープンへ
J・チャステイン×O・スペンサーが共演
「新・伊藤さとりと映画な仲間たち」#17
『今夜、ロマンス劇場で』ジャパンプレミア
BB-8に密着取材! SW特別映像
『曇天に笑う』場面写真到着
『ライオンは今夜死ぬ』監督が語る
キャストが語る『パディントン2』
『ワンダーストラック』予告編
仁和寺と御室派の秘仏・名宝を一挙公開!

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1 2 3

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • bembempin
  • hipia

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません


『星くず兄弟の新たな伝説』のココがロック!
ぴあ×ららぽーと “エンタメ・コレクション” Vol.5『パディントン2』ツイッターキャンペーン
『バリー・シール/アメリカをはめた男』ブルーレイ&DVD発売記念! 小型飛行機弾丸ツアーでバリー気分を体感しよう!
あの英国紳士による過激アクションがかえってきた! 抜群のテンポとリズムを兼ね備えた『キングスマン…』ほかアカデミー賞有力候補『デトロイト』『ルイの9番目の人生』など1月公開の話題作更新! 映画論評・批評の新コーナー
緊急特集 塚本晋也&手塚眞が熱烈応援! 大林宣彦監督と『花筐』を語ろう。
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
ぴあ Movie Special 2018 Winter ぴあ映画特別号 冬号登場! 冬の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ