ただいまの掲載件数は タイトル59937件 口コミ 1156783件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ラビット・ホラー3D > ニュース > 清水崇監督最新作『ラビット・ホラー3D』の映像がヴェネチア映画祭で上映決定

清水崇監督最新作『ラビット・ホラー3D』の映像がヴェネチア映画祭で上映決定

(2010/09/06更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


『呪怨』や『戦慄迷宮3D』で知られる清水崇監督の最新作『ラビット・ホラー3D』の撮影が現在行われており、その映像の一部が現在開催中の第67回ヴェネチア映画祭でお披露目されることがわかった。

前作『戦慄迷宮3D』で日本初の本格3D映画に挑んだ清水監督の最新作は『ラビット・ホラー』は、3D映画のスクリーンから飛び出してきたウサギのぬいぐるみを手にしてしまった姉弟が次々と不可思議な出来事に巻き込まれていくホラー作品。『川の底からこんにちは』『愛のむきだし』の満島ひかりが主演を務め、香川照之、大森南朋、緒川たまきらが出演する。

本作の最大の特徴は、パナソニック社が開発した最新の3Dカメラレコーダー「AG-3DA1」を世界で最初に使用して撮影が行われていることだ。小型カメラの機動性を活かした縦横無尽なカメラワークを可能した本カメラは、さらにこれまで3D映画の弱点といわれていきた素早い動きや、早いカットへ対応も行っているという。また、“奥行き”を重視してきた昨今の3Dとは異なり、本作では奥行きだけでなく“飛び出し効果”を追求。これまでの3D映画にはなかった映像演出に挑むという。本作ではウォン・カーウァイやガス・ヴァン・サントら世界の映画作家とタッグを組む一方、いまおかしんじ監督の最新作にも参加するなど世界的に活躍するフォトグラファー、クリストファー・ドイルが撮影監督を務める。

清水監督は本年度のヴェネチア映画祭の「3D映画部門」の審査委員長を務めることが決定しており、セレモニーで本作のフッテージが上映される予定。映画の撮影は現在も続いており、今月初旬にクランクアップ。2011年の公開を予定している。

『ラビット・ホラー3D』
2011年公開

【関連リンク】
『ラビット・ホラー3D』
清水崇監督がヴェネチア映画祭“3D映画部門”の審査委員長に!
ホラー映画の巨匠が目指したのは“想像力に訴えかける恐怖”

DVD情報


戦慄迷宮3Dプレミアム・エディション【初回限定生産】 [DVD]

定価:4935 円(税込)
価格:1094 円(税込)
OFF:3841円(77%)
監督清水崇
出演柳楽優弥,蓮佛美沙子,勝地涼,前田愛,水野絵梨奈
発売日2010年03月03日

 





【注目のニュース】
満足度第1位は『日日是好日』
『宇宙の法』が動員ランキング初登場1位!
『コールドケース2』特別映像公開
阿部サダヲが新作映画を語る
松大航也がポール・ラッドにインタビュー
『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』完成披露上映会レポート
ブラックパンサー続編、監督は続投
脚本家、L・カスダンの監督作
刺激的なサスペンス映画が明日公開
森美術館『カタストロフと美術のちから展』開催中

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
ラビット・ホラー3D

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • hipia
  • bembempin

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません


世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集