ただいまの掲載件数は タイトル59713件 口コミ 1154838件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > マイティ・ソー > ニュース > 新天地にして“原点”。浅野忠信がハリウッドにかける想い

新天地にして“原点”。浅野忠信がハリウッドにかける想い

(2011/07/01更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


『スパイダーマン』や『アイアンマン』を送り出してきたマーベルの人気コミックを3D実写映画化した『マイティ・ソー』が7月2日(土)から日本公開される前に、本作に出演した浅野忠信がインタビューに応じた。


映画『マイティ・ソー』に出演した浅野忠信

フォトギャラリー

新天地にして“原点”。浅野忠信がハリウッドにかける想い
新天地にして“原点”。浅野忠信がハリウッドにかける想い
新天地にして“原点”。浅野忠信がハリウッドにかける想い
新天地にして“原点”。浅野忠信がハリウッドにかける想い
新天地にして“原点”。浅野忠信がハリウッドにかける想い
新天地にして“原点”。浅野忠信がハリウッドにかける想い
新天地にして“原点”。浅野忠信がハリウッドにかける想い

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

『マイティ・ソー』は、神の世界で最強の戦士としてその名をはせながら、自身の横暴によって地球へと追放されてしまった神ソーが、人間と神の世界を舞台に、彼のもとに押し寄せる凶悪な敵を相手に壮大なバトルを展開する作品。

本作で浅野が演じたのは、主人公ソーを護衛するウォリアーズスリーのひとり、ホーガン。寡黙で、周囲が酒を酌み交わし大騒ぎしているときも周囲に気を配り、ソーと仲間を見守る頼もしい男だ。「僕は英語が苦手で、共演者とコミュニケーションがうまくとれなかったんですけど、それが逆にホーガンを演じる上ではよかったんです。僕が現場にいて、みんなが盛り上がっていても、僕は会話に参加できずに彼らを見守っているわけですから“ホーガンそのもの”でいられたんですね」。浅野はホーガンについて「彼はつねに戦いのことを考えている“戦いバカ”なんです」と笑顔で分析しながらも「ホーガンは寡黙なんだけど、結構重要なことをパッって言ったりして、いい役なんですよ。彼を演じられたのはラッキーでしたね」と愛着がある様子。これまで、アジア系の俳優はハリウッド映画ではステレオタイプな役を演じることが多かったが、浅野は1作目から“自分の役”に出会うことができたようだ。

そんな浅野を導いたのは、映画だけでなく、演劇のフィールドでも活躍する名匠ケネス・ブラナー監督だ。「監督は僕のことをしっかり見ていてくれて、僕には僕に対しての演出をしてくれる。他の人に対しても『こいつはこういう俳優だな』というのを見て演出をしていたと思うんですよ。監督は日常の会話から演出なんです。ちょっとした会話で俳優たちをリラックスさせて、それを演出に活かす。だから、僕が通訳の方から『もっと指示を聞かなくてもいいんですか?』と言われたときに、監督から『お前はもう言わなくてもわかってるから大丈夫だよな』って言ってもらったときは嬉しかったですよね」。

青山真治、黒沢清、ペンエーグ・ラッタナルアーン、そしてセルゲイ・ボドロフら世界の映画作家に愛されてきた浅野が、ハリウッドの娯楽超大作に出演すると聞いて、不思議に感じたファンもいるかもしれない。しかし、浅野は昔から『バック・トゥ・ザ・フューチャー』をフェイバリット・ムービーに挙げるなど“多くの人が理屈抜きに楽しめる映画”への想いを表明してきた。「僕には俳優としてカッコつける理由はないですから、やっぱり“誰が観ても面白い映画”に出たいんですね。そう考えると本場はやっぱりハリウッドですから、俳優として出てみたかったんです。たまに僕のキャリアから勝手に『あいつは映画人だ』っていう人がいるんですけど、全然違うんですよ! 僕は小さいころにジャッキー・チェンを観て喜んでいたときのまんまなんです」。本作は、浅野にとって俳優として“新たな扉”を開いた作品であると同時に、子どもの頃から親しんできた場所に“帰ってきた”作品なのではないだろうか。

『マイティ・ソー』
7月2日(土)より全国拡大ロードショー
TM &(C)2010 Marvel(C)2010 MVLFFLLC. All Rights Reserved.

【関連リンク】
『マイティ・ソー』作品情報
『マイティ・ソー』の特別番組が公開
英国を代表する名匠が語る映画『マイティ・ソー』の魅力
英国から帰国した浅野忠信がハリウッドデビュー作をPR
『マイティ・ソー』エンディング曲はフー・ファイターズに
浅野忠信のメッセージも収録。『マイティ・ソー』新予告が解禁

【チケット情報】
マイティ・ソー/全国券

【注目のニュース】
『東京喰種』続編製作決定
『シュガー・ラッシュ:オンライン』予告編
ライムスター宇多丸、森田芳光監督作品を語る
『京都・醍醐寺ー真言密教の宇宙ー』展開幕
『007』続編の監督が決定
第40回PFFグランプリは工藤梨穂
『コールドケース2』 大阪特別試写会
M・ジョーダン主演作の続編
岡田准一、『散り椿』で撮影を担当!
『アクアマン』日本版予告

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
マイティ・ソー

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • きゃらぷり
  • amuy
  • da-
  • HALU
  • Garbera
  • でぐち
  • ネコネコけいじ
  • HIROCOSTON
  • おなか
  • みとう
  • チキ
  • TOC.
  • Figue
  • どあどあ
  • 松ちゃん昭和25

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません


映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
未来の映画監督たちよ、ここに集え!