ただいまの掲載件数は タイトル58104件 口コミ 1134819件 劇場 595件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 英国王のスピーチ > ニュース > 監督が断言。『キングスマン』続編の舞台は日本!

監督が断言。『キングスマン』続編の舞台は日本!

(2015/09/11更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


スパイアクション映画『キングスマン』が本日から日本での公開をスタートした。本作は全世界ですでに4億ドル超えの大ヒットを記録しており、日本でも多くの映画ファンから注目を集めている。そんな中、主演を務めるコリン・ファースと、マシュー・ヴォーン監督のインタビューが到着。その中でヴォーン監督は現在、脚本を執筆中の『キングスマン』の続編では日本が舞台になることを明らかにしている。


コリン・ファース、マシュー・ヴォーン監督

フォトギャラリー

監督が断言。『キングスマン』続編の舞台は日本!
監督が断言。『キングスマン』続編の舞台は日本!
監督が断言。『キングスマン』続編の舞台は日本!

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

本作の原作は『キック・アス』『X-メン』などを手がけてきたマーク・ミラーのコミックス。高級スーツ店“キングスマン”はロンドンのサヴィル・ロウにあり、洗練された紳士が集っているが、その実体は、どこの国にも属さない世界最強のスパイ機関だ。ファースが演じるハリーは、組織の指揮者アーサー(マイケル・ケイン)の下で日々、秘密裏に活動を行っているが、ある日チームの一員が何者かに惨殺され、新人エグジー(タロン・エガートン)をスカウト。エグジーは街のチンピラから“真の紳士”へと成長し、世界に危機に立ち向かう。

『英国王のスピーチ』では重厚な演技でオスカーに輝く一方で、『ブリジット・ジョーンズの日記』ではコミカルな側面も見せるなど、ファースは確かな演技力を武器に幅広い作品で活躍しているが、本作では誰もが魅了される紳士で世界をまたにかけて活躍するスパイを演じた。ヴォーン監督は「コリンに会った時、僕たちにとって唯一懸念していたのは、アクションヒーローになりきることができるかということだった。すると彼はトレーニングをやると言ってくれた。そして実際にそうしてくれたおかげで、見事に演じてくれた。コリンがこの役を演じてくれて光栄だった」と振り返る。スマートな紳士のイメージが強いファースがアクロバティックなアクションに挑む。本人も「僕自身も驚きもあったし、自分でその期待に応えられるのか懐疑的だった」というが、ファースは入念に準備を重ねて、監督の期待に見事に応えた。「だんだん自分で何か結果を出すことができるだろうという自信は感じていたが、ここまで痛快なものだとは思っていなかった。撮影が始まる頃には夢中になっていたほどだよ」。

一方、ヴォーン監督も本作に圧倒的な情熱を注いだ。ストーリー、アクション、粋なスパイガジェットはもちろん、劇中に登場するスーツにも徹底的にこだわった。撮影中にはファースが着るはずのジャケットが納得いかなかったために撮影を2日間も休止した。ヴォーン監督は「コリンは僕のことをまるで気が触れたかという様な目で見ていたが、これは違うと言ったんだ」と振り返るが、ファースは「ある意味、マシューへの信頼が一層深まったね。彼がそこまで完璧主義者であるなら、我々は心配はいらないということだから。もちろん誰もがあきれ顔になり『今日こそは平穏な朝だと良いなと思っていたのに』となるわけだが、いつでも決まって後になって感謝することになるんだ。必ずそうだよ。ジャケットの時もそうだった。疑問の余地はないね」。

過去のスパイ映画やドラマへのオマージュをふんだんに盛り込みながら、これまでにないスパイ活劇を描いた本作は、すでに公開されている国々で絶賛を集めた。現在、ヴォーン監督は続編の脚本を執筆しており、そこには日本も登場するという。「日本を舞台にした大きなシーンがある。これは既に書いてあり、ちょうどコリンにも一部見せようとしているところなんだ。日本にはすばらしいスキーリゾートがある。スキーのシーンを日本でやるというアイデアが気に入っているんだ」。ちなみに監督は“アジア”ではなく、“日本”であることにこだわっている。「シーンの多くが、香港、日本、カンボジアといったところが舞台となっている。文化的に大きな違いがあるこのような国々だが、極東はみんな同じだと思っている人も多い。日本、中国、韓国はまったく違うというのにね」。

ちなみにヴォーン監督は日本の観客に「本作を日本のみなさんが観てくれると、それだけ次の作品を日本でやらなければならないというプレッシャーになるだろう。誰も観てくれなかったら、オーストリアのスキーリゾートを舞台にするよ」とジョークを交えてコメント。スーツを着こなしたスーパーエージェントたちが日本の地に上陸する日は来るのだろうか?

『キングスマン』
公開中

【関連リンク】
『キングスマン』作品情報
最強の美女と対決! 『キングスマン』アクション映像が公開!
ハイテンション・スパイ映画『キングスマン』予告編が公開!
新感覚スパイアクション映画『キングスマン』が日本公開決定!

【注目のニュース】
史上初! 縄文時代の国宝6件全てが集結
歌川広重、晩年の名品全120図を展観
『ザ・シークレットマン』監督が語る
ルピタ・ニョンゴの新作
『リメンバー・ミー』監督来日イベント
『レディ・バード』特報映像
竹内涼真、新人俳優賞受賞の喜びを語る
あの名作が生演奏付きで上映!
日本ブルーレイ大賞、グランプリが決定
『IT/イット “それ“が見えたら、終わり。』続編に

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • ジャック豆
  • moni
  • Kiji
  • yun_0424
  • ともりんこ
  • Garbera
  • olive-olive
  • ゆき21
  • HALU
  • ジャウマ
  • ハナミズ
  • いっちゃん
  • hatchan
  • jjj
  • qwer

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

英国王のスピーチ コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:2480円(税込)
  • OFF:1624円(39%)

英国王のスピーチ コレクターズ・エディション [Blu-ray]

  • 定価:5076円(税込)
  • 価格:4568円(税込)
  • OFF:508円(10%)

 


『バリー・シール/アメリカをはめた男』ブルーレイ・DVD発売記念で驚きの弾丸ツアー企画を敢行!
『ゲット・アウト』×『マザー!』映画館で観たいのはどっち投票!
『リメンバー・ミー』日本版無料特別上映会ご招待!
本年度オスカー最有力作品! キャストの熱演と緻密な脚本が生み出した濃密な人間ドラマ『スリー・ビルボード』ほかチリの俊英が放つ『ナチュラルウーマン』など話題作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあ Movie Special 2018 Winter ぴあ映画特別号 冬号登場! 冬の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ