ただいまの掲載件数は タイトル59713件 口コミ 1154838件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 忍たま乱太郎 > ニュース > 加藤清史郎が“忍たま”姿で甲子園始球式に登場!

加藤清史郎が“忍たま”姿で甲子園始球式に登場!

(2011/07/14更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


加藤清史郎が主演を、三池崇史氏が監督を務める映画『忍たま乱太郎』が23日(土)から全国公開されるのを記念して、以前より“大の阪神ファン”を公言していた加藤が、13日に兵庫県にある阪神甲子園球場で始球式を行った。


映画『忍たま乱太郎』主演の加藤清史郎が甲子園の始球式に登場

フォトギャラリー

加藤清史郎が“忍たま”姿で甲子園始球式に登場!
加藤清史郎が“忍たま”姿で甲子園始球式に登場!
加藤清史郎が“忍たま”姿で甲子園始球式に登場!

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

憧れのタイガースの本拠地・甲子園で人生初の始球式に挑んだ加藤は、猛練習を重ね、当日も室内練習場で本番直前までピッチング練習を行った。本番前にはバックヤードで阪神の桧山進次郎選手から激励を受け、加藤の緊張は最高潮に。しかし、“忍たま”姿でマウンドにあがった加藤は、18メートル先のバッターボックスに向けて見事な投球を披露し、集まった約4万人の観衆をわかせた。

始球式後に加藤は、「すごく楽しかったです。マウンドからキャッチャーまでが思った以上に遠くて緊張しました」と述べ、当日の投球については「98点!ストライクをとるために力を抜きすぎで、少しワンバウンドになってしまったのでマイナス2点です」と採点。好きな阪神の選手について質問されると「みんなすごい選手だから全員好きです」と回答した。

『忍たま乱太郎』は、忍術学園に通う少年・乱太郎(加藤)が、教師・山田伝蔵(寺島進)らの指導を受けながら仲間たちと修行を積み、エリート忍者を目指す姿を描く。

『忍たま乱太郎』
7月23日(土) 新宿バルト9ほか全国ロードショー

【関連リンク】
『忍たま乱太郎』作品情報
平幹二朗と松方弘樹が映画『忍たま乱太郎』で特殊メイクで出演
中村獅童&檀れいが、加藤清史郎演じる“忍たま乱太郎”の父母に!

【チケット情報】
忍たま乱太郎/全国券

【注目のニュース】
『東京喰種』続編製作決定
『シュガー・ラッシュ:オンライン』予告編
ライムスター宇多丸、森田芳光監督作品を語る
『京都・醍醐寺ー真言密教の宇宙ー』展開幕
『007』続編の監督が決定
第40回PFFグランプリは工藤梨穂
『コールドケース2』 大阪特別試写会
M・ジョーダン主演作の続編
岡田准一、『散り椿』で撮影を担当!
『アクアマン』日本版予告

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
忍たま乱太郎

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • miya0002
  • mountain
  • HALU
  • ラザニア
  • 七味
  • aplee

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

忍たま乱太郎 スペシャル・プライス版 [DVD]

  • 定価:2700円(税込)
  • 価格:1200円(税込)
  • OFF:1500円(55%)

忍たま乱太郎 特別版 [DVD]

  • 定価:5076円(税込)
  • 価格:3780円(税込)
  • OFF:1296円(25%)

忍たま乱太郎 特別版 [Blu-ray]

  • 定価:6264円(税込)
  • 価格:2600円(税込)
  • OFF:3664円(58%)

 


映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
未来の映画監督たちよ、ここに集え!