ただいまの掲載件数は タイトル56340件 口コミ 1111929件 劇場 584件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 森崎書店の日々 > ニュース > 人気モデル・菊池亜希子が映画初主演。「自然でいることを心がけた」と笑顔

人気モデル・菊池亜希子が映画初主演。「自然でいることを心がけた」と笑顔

(2010/10/13更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


人気モデル・菊池亜希子が主演を務めた映画『森崎書店の日々』の完成披露試写会が13日に東京・神保町で行われ、菊池をはじめ、共演の内藤剛志、田中麗奈と日向朝子監督が登壇した。

映画は、第3回ちよだ文学賞を受賞した同名小説を映画化したもので、失恋し、叔父の経営する古本屋の手伝いをすることになった主人公・貴子(菊池)が“古書の街”神保町を舞台に、たくさんの本たちとあたたかい街の人々に触れ、変わりゆく姿を描く。

菊池は、失恋して失意と孤独を感じる女性を演じたことについて「この作品では自身の心を引っ張り出してこないと出来ない役だったので、大変でした」と振り返り、「“主演はこの作品が最初で最後”と思いながら、その場に自然でいることを心がけました」とコメント。古書店の店主を演じた内藤は「神保町はなじみの街なので、古書店の店主の雰囲気はつかめていたけど、あえてどこにも居ないような店主を演じました。ただ、撮影中に本当にお客さんが入ってきてまったく気づかれなかった。本物の店主だと思われたのか、僕の人気がないのか」とボヤき、会場の笑いを誘った。

また、主人公の友人役を務めた田中は「独特な世界観や空気を持っていて、映画を引っ張っている気がしました」と、本作が初主演となる菊池の演技を絶賛し、「個性的で、静かな時間が流れるような映画です。主人公が本を開くことによって“心”も開いて成長していく様子に注目してほしいです」と作品をPRした。

『森崎書店の日々』
10月23日(土)より神保町シアター、シネセゾンほか全国ロードショー

【関連リンク】
『森崎書店の日々』作品情報




(C)2010千代田区/『森崎書店の日々』製作委員会

フォトギャラリー

人気モデル・菊池亜希子が映画初主演。「自然でいることを心がけた」と笑顔
人気モデル・菊池亜希子が映画初主演。「自然でいることを心がけた」と笑顔
人気モデル・菊池亜希子が映画初主演。「自然でいることを心がけた」と笑顔
人気モデル・菊池亜希子が映画初主演。「自然でいることを心がけた」と笑顔

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。


【注目のニュース】
サンドラ・ブロックの主演作が決定
『アウトレイジ 最終章』新場面写真
『僕のワンダフル・ライフ』本予告映像
『怪盗グルーのミニオン大脱走』特別映像
『オリエント急行殺人事件』ポスタービジュアル公開
『ジグソウ:ソウ・レガシー』公開決定!
TOHOシネマズ 赤池、11月にオープン
ベン・スティラーの次なる共演者は?
『あゝ、荒野』予告編&ポスター
超新星ユナクが出演公演を語る

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1 2 3 4 5

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • SHOGO
  • やべさや
  • す〜すす〜
  • suicide777
  • teshimush
  • トトロン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

森崎書店の日々 [DVD]

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:3175円(税込)
  • OFF:929円(22%)

 


池井戸潤の“幻の長編”を豪華キャストで最速ドラマ化!WOWOW『連続ドラマW アキラとあきら』特集
日米完全同時放送!『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌』特集
若手映像クリエイターの登竜門《SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017》 特集
激戦の中たったひとりで75人の命を救った男の真実のドラマ『ハクソー・リッジ』特集
映画論評・批評の新コーナー“critic”。伝説の殺し屋キアヌがかえってきた! パワーアップしたガン・フーが炸裂する『ジョン・ウィック〜』ほか『忍びの国』『パワーレンジャー』など7月公開作更新中!
ぴあ Movie Special 2017 Summer ぴあ映画特別号 夏号登場! 夏の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝