ただいまの掲載件数は タイトル55753件 口コミ 1103806件 劇場 582件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 冷たい熱帯魚 > ニュース > 映画の“一体感”がここに! いとうせいこうが語る「したまちコメディ映画祭」

映画の“一体感”がここに! いとうせいこうが語る「したまちコメディ映画祭」

(2015/08/31更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


多彩なプログラムで好評を博している“したまちコメディ映画祭in台東”が今年も9月18日(金)から22日(火・祝)まで行われる。今年も世界各国から集まった新作映画やコンペティション、ライブなど様々なプログラムが用意されているが、本映画祭の最大の魅力は会場に集まる人々、運営する人たちの熱さ、そして自由な空気だ。今年も総合プロデューサーを務める、いとうせいこうに映画祭の歩みと注目ポイントを聞いた。


したまちコメディ映画祭の総合プロデューサーいとうせいこう

フォトギャラリー

映画の“一体感”がここに! いとうせいこうが語る「したまちコメディ映画祭」
映画の“一体感”がここに! いとうせいこうが語る「したまちコメディ映画祭」

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

本映画祭は、浅草公会堂、上野の不忍池水上音楽堂、東京国立博物館 平成館など東京の下町を舞台に、様々な映画を上映する日本初の本格コメディ映画祭で、今年で8回目を迎える。「回を重ねると、こちらから作品を調査する前に、配給会社とか映画雑誌から話が来ることが多くなってきたんですね。たぶん、みんなが『あの人たちは本気なんだ。まだやる気なんだ』と思ったんじゃないかなぁ(笑)。ちゃんと見ていてくれたということですよね。それは自分としては嬉しかったし、最初と比べると企画の幅は広がったなぁと思います」

いとうが語る通り、本映画祭は単に映画を上映するだけなく、様々な企画が揃っている。無声映画に名優たちがライブでセリフを吹き込む“声優口演”や、日本全国から寄せられたコメディ映画のコンペティション“したまちコメディ大賞2015”、『冷たい熱帯魚』や『進撃の巨人』の特殊造形・メイクも手がけた西村喜廣による“映画講義”など、この映画祭にしかないプログラムも多い。さらに浅草公会堂でのシネマ歌舞伎の上映には中村勘九郎と、雷門柳小路と仲見世で人気を博する文扇堂の主人、荒井修が来場する。「だから“いい場”ができたと思うんですよ。だって、一方に中村勘九郎がいて、もう一方に西村喜廣がいるんですよ(笑)。でも、したコメなら、浅草ならやりますって、みんな言ってくれるんですよ」。

また、本映画祭はゲストと観客の距離が非常に近いことも大きな特徴だ。「ダメもとでもいいから監督には来てくれるように声をかけてるんです。もし来てくれたら上映後にティーチインがあって、映画ファンと会話もあるし、論争になるかもしれないし、スタンディングオベーションになるかもしれない。でもそれが出会いの場なんだよね。それはDVDやシネコンで観るだけでは絶対に起こらないことなんだよ。映画って”一体感”のメディアだからさ。一緒に映画を観て泣いたり笑ったりさ。僕がやりたいのは、映画や映画館がもともと持っていたライヴ的な要素。だから、そういう場をキチンと用意したいんです」。

いとうや映画祭スタッフの想いの実現・継続する上で、会場になっている台東区の資質や魅力は欠かすことができない。「台東区は“お祭り”に慣れてるんだよ。毎月のようにいろんなパレードがあるから、心配されるのは『どのエリアを何時間、通行止めにしますか?』ってことだけで、後は何でもやってくださいって感じで、盛り上がればそれでOKみたいな。だから浅草ってしょっちゅう通行止めなんですよ。人の方が車より上なの。ある時『チラシとか貼ってないのに、通行止めだな』と思って見てたら、小学生の鼓笛隊が通ってるんだよ(笑)。で、その間は警官が道路を止めてて、下町のおじさんおばさんが子供たちをニコニコ見てる。それが下町の“人間中心主義”。だから、映画祭のレッドカーペットでも道路の通行止めの申請はするけど、オバちゃんが登壇者に触れちゃうってことは気にしないんだよね」。

映画祭のゲストも、映画祭の観客も、街で暮す人も一緒に楽しむ映画祭。それが“したコメ”だ。「第1回目の時に雷門の前で記念撮影した時に、野次馬がすごい集まってきたんだよ。そしたら、その中に俺の知ってる浮浪者のオジさんがいて、そのオジさんが(映画監督の)ボビー・ファレリーに握手を求めたんだよ! そしたらボビーさんはいい人だから、ツカツカと歩いていって、その浮浪者のオジさんと握手したんだよね。その時のことは今も忘れないし、ボビーさんには本当に差別の意識というのがないんだとわかったんだよね。だから俺には浮浪者が手を出したらゲストが握手をする映画祭をやっているという誇りがあるんです」。

ちなみに今年は、そのボビー・ファレリー監督の最新作『帰ってきたMr.ダマー バカMAX!』がオープニング作品で、開会式には監督も7年ぶりに登場する。「だからまずは会場に来て楽しんでほしいよね。いつも言ってるのは、うちは映画祭の“祭”の部分が大きいから。だから、お祭りを楽しんで、映画も楽しんで、映画人のことも楽しめる。だからチケット代の3倍も4倍も楽しめると思うよ」。

“第8回したまちコメディ映画祭in台東”
9月18日(金)〜22日(火・祝)に開催

【関連リンク】
したまちコメディ映画祭in台東

【チケット情報】
したまちコメディ映画祭in台東/前売券・東京国立博物館 平成館
したまちコメディ映画祭in台東/前売券・浅草公会堂
したまちコメディ映画祭in台東/前売券・上野恩賜公園 不忍池水上音楽堂

【注目のニュース】
『ローグ・ワン』発売イベント
ジョナサン・デミ死去
『ジョジョの奇妙な冒険…』新予告映像
『ガーディアンズ…』選曲秘話
ジョン・ウー監督、日本への思い語る
マドンナの伝記映画
『東京喰種』キャラクター写真
『22年目の告白』特別映像
『パワーレンジャー』最新予告&ポスター公開
『キング・アーサー』本ポスター公開

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
冷たい熱帯魚

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • *Lei
  • メガmac
  • 因幡のNOVAうさぎ
  • J
  • kunihiro
  • プレカリアート
  • かおりん船長
  • 玉川上水の亀
  • リドレー
  • おとう28
  • サム&ネイル
  • 中村潤之介
  • 姫桃
  • ヨーク
  • takehead

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

冷たい熱帯魚 [Blu-ray]

  • 定価:6156円(税込)
  • 価格:4418円(税込)
  • OFF:1738円(28%)

冷たい熱帯魚 [DVD]

  • 定価:5076円(税込)
  • 価格:2980円(税込)
  • OFF:2096円(41%)

冷たい熱帯魚 [DVD]

  • 定価:2700円(税込)
  • 価格:2432円(税込)
  • OFF:268円(9%)

タツノコプロ55周年記念作品『破裏拳ポリマー』のココに注目!
ぴあ Movie Special 2017 Spring ぴあ映画特別号 春号登場! 春の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
2大巨匠が初タッグを組んだ傑作サスペンス・スリラー!『11.22.63』特集&イッキ見試写会レポート
90年代の名作が20年ぶりに帰ってきた! 映画論評・批評の新コーナー“critic” 『T2 トレインスポッティング2』ほか感動作『LION/ライオン』『ハードコア』『グレートウォール』等続々更新中
PFF福岡開催記念!“3つ”のお得なクーポン&割引キャンペーン!
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝