ただいまの掲載件数は タイトル56824件 口コミ 1118851件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > マイ・バック・ページ > ニュース > 妻夫木聡と松山ケンイチが語る“見えない絆”

妻夫木聡と松山ケンイチが語る“見えない絆”

(2011/05/27更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


妻夫木聡と松山ケンイチが初共演する映画『マイ・バック・ページ』が28日(土)から全国公開される前に、妻夫木と松山がインタビューに応じ、初共演した感想や、激動の時代を描いた本作への想いを語った。


『マイ・バック・ページ』

フォトギャラリー

妻夫木聡と松山ケンイチが語る“見えない絆”
妻夫木聡と松山ケンイチが語る“見えない絆”
妻夫木聡と松山ケンイチが語る“見えない絆”
妻夫木聡と松山ケンイチが語る“見えない絆”
妻夫木聡と松山ケンイチが語る“見えない絆”
妻夫木聡と松山ケンイチが語る“見えない絆”
妻夫木聡と松山ケンイチが語る“見えない絆”

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。



『マイ・バック・ページ』は、作家で評論家の川本三郎氏がジャーナリスト時代に経験した日々をつづったノンフィクションが原作。1960年代後半〜1970年代前半を舞台に、梅山と名乗る学生活動家(松山)から接触を受けた若きジャーナリスト・沢田(妻夫木)が、梅山に疑念を感じながらも、不思議な親近感と同時代感を覚え、やがてある事件に巻き込まれていく姿を描く。

それぞれが数多くの主演作を発表してきたふたり。妻夫木は松山との初共演について「今の僕にはないエネルギーや刺激をもらえると思ったので早くやりたかった。松ケンは自由な人間で、同時に臨機応変に対応できる冷静さもある。さらに感性を鋭くするために常にアンテナをはっていて、『若いときにはいろんなものを吸収していくけど、やっていくなかで(自分は)そういう意識も薄れているのかな』と改めて考えさせられた」と語り、松山は「妻夫木さんは役を持続させる精神力がスゴいと思いましたし、僕が努力しても到達できない。僕の演じた梅山はいろんなボールを投げられるキャラクターなんですけど、妻夫木さんははそれをすべて受け止めて返してくれる。撮影前は、僕が梅山として、ちゃんと妻夫木さんの前に立てるかは不安だったんですけど、この人は何でも返してくれる、対応してくれる役者さんなんだと思ったら気持ちが楽になりました」と振り返る。

松山が「役への向き合い方が違う」と語る通り、ふたりは俳優として受ける印象も、撮影中の役への取り組み方も異なる部分が多いようだ。そして、劇中で妻夫木が演じた沢田と、松山が演じた梅山もまた、“ある偶然”がなければ決して出会わないタイプのふたりだ。ジャーナリストにかける想いはありながら肝心の一歩を踏み出すことができずにいる沢田と、大胆な行動力と頭の回転の早さで人を巻き込むも結果が出せずに追いつめられていく梅山。しかし、ふたりは完全に正反対の人間ではない。妻夫木は「(沢田と梅山は)何かでつながっている絆で結ばれた役。単純に仲のいい役だったら面白くなかっただろうし、お互いがお互いに“見えない魅力”に惹かれ合っている役だから良かった」という。本作は、妻夫木聡と松山ケンイチが伴走するわけでも、タッグを組むわけでも、対決するわけでもなく、それぞれが異なったタイプの役を演じながら“見えない絆”を静かに築きあげていく部分が大きな見どころだ。

本作を手がけた山下敦弘監督、脚本の向井康介氏も含め、激動の70年代をリアルタイムで体験していない世代が作り上げた本作。しかし、松山は「当時の若い世代が40年前に戦ってできたのが今の世の中なんですよね。だから40年後に2011年の映画ができるかもしれないですけど、その時の日本は今の僕らがつくった世界なんです」と語る。どんなに時代状況が変わっても、歴史はつなっがている以上、映画『マイ・バック・ページ』は“現代の若者”へとつながる物語だ。妻夫木は「表には出てないけどエネルギーは確実にあって、それをどこにぶつけていいのかわからないのが現代だと思うんです。あの頃はわかりやすく学生運動というものがあって、進むべき道があった。でも現代ってやれることもいっぱいあるし、ありすぎて迷っている人間はいっぱいいると思う。この映画を観て最後に思ったのは『人間って自分との戦いだな』ということ。だから、この映画が自分と向き合うきっかけになればと思うし、『このモヤモヤした想いをどこにぶつければいいんだ!』ということを考えさせられる作品にはなったと思います」。

『マイ・バック・ページ』
5月28日(土)新宿ピカデリー、丸の内TOEIほか全国ロードショー

【関連リンク】
『マイ・バック・ページ』作品情報
映画『マイ・バック・ページ』で忽那汐里が“昭和の女の子”に
監督&脚本家が語る映画『マイ・バック・ページ』ができるまで
妻夫木聡、松山ケンイチとの初共演に「ちゃんと向き合えた」
山下敦弘監督が妻夫木聡&松山ケンイチの印象を語る

【注目のニュース】
『泥棒役者』完成披露試写会
『ディセンダント』続編実現は若者のSNS
『マイティ・ソー』新作、特別映像公開
『ターミネーター』新作の出演者は
『エルネスト』キューバ大使館主催試写会
『トゥームレイダー』最新作、予告編
『ミックス。』完成披露イベント
『アウトレイジ』3分ダイジェスト
監督が語る映画『プラネタリム』
SW新キャラ画像が公開に!

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
マイ・バック・ページ

(C) 2011映画『マイ・バック・ページ』製作委員会

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • ツィトローネ
  • 玉川上水の亀
  • 出木杉のびた
  • mu mu
  • のんべののん太
  • やべさや
  • werty19821112
  • ゆいんぐ
  • さま
  • 姫桃
  • uepura818
  • sunadokei

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

マイ・バック・ページ [DVD]

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:1231円(税込)
  • OFF:2873円(70%)

マイ・バック・ページ [Blu-ray]

  • 定価:5184円(税込)
  • 価格:2099円(税込)
  • OFF:3085円(59%)

マイ・バック・ページ (初回限定生産) [DVD]

  • 定価:6480円(税込)
  • 価格:1950円(税込)
  • OFF:4530円(69%)

 


『エルネスト』<もうひとりのゲバラ>特集
モルモット吉田、宇野維正、門間雄介がたっぷり語る!第39回 PFF特集
ぴあ Movie Special 2017 Autumn ぴあ映画特別号 秋号登場! 秋の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
WOWOW『予兆 散歩する侵略者』特集
サイン入りポスターほか豪華賞品が当たる! 『あさひなぐ』ツイッターキャンペーンがららぽーと4館で実施!
稀代の映像作家C・ノーラン最新作『ダンケルク』遂にそのベールを脱ぐ! エイリアン誕生の真実に迫る『エイリアン:コヴェナント』『散歩する侵略者』など近日更新。映画論評・批評の新コーナー

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ