ただいまの掲載件数は タイトル60646件 口コミ 1162345件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 川の底からこんにちは > ニュース > ブルーリボン賞・監督賞の石井裕也監督、史上最年少受賞だった!

ブルーリボン賞・監督賞の石井裕也監督、史上最年少受賞だった!

(2011/01/27更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、第53回ブルーリボン賞で監督賞を受賞した『川の底からこんにちは』の石井裕也監督が、長い同賞の歴史の中で歴代最年少での監督賞受賞だったことが判明した。これまでは、第24回の根岸吉太郎監督(『遠雷』)・31才4ヶ月が最年少記録だった。今年28歳の石井監督は、一気に3才ほど更新したことになる。


石井監督と本作をきっかけに夫婦となった満島ひかりも喜んでいる?

フォトギャラリー

ブルーリボン賞・監督賞の石井裕也監督、史上最年少受賞だった!
ブルーリボン賞・監督賞の石井裕也監督、史上最年少受賞だった!
ブルーリボン賞・監督賞の石井裕也監督、史上最年少受賞だった!
ブルーリボン賞・監督賞の石井裕也監督、史上最年少受賞だった!
ブルーリボン賞・監督賞の石井裕也監督、史上最年少受賞だった!

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。



商業映画デビュー作での快挙への、石井監督からのコメント。

「初の劇場公開作として、独自の考えや哲学をストレートに表明しなければいけないと思っていました。未熟な点は多々ありますが、本作でそれを達成できたという自負はあります。今後もこの映画作りのスタンスは変わらないと思います。PFFスカラシップがデビューのきっかけとなりましたが、ほとんど何の実績もない僕に賭けてくれたことに、とても感謝しています」。

『川の底からこんにちは』は、仕事にも人生にも完全に“妥協”して生きるOL佐和子(満島ひかり)が、超ダメ男の恋人と、彼の連れ子とともに帰郷し、病気で倒れた父の営むしじみ加工工場を立て直しながら懸命に生きる姿を描いた作品。

なお、東京都内で28日(金)まで早稲田松竹にて。29日(土)から2月11日(金)まで目黒シネマにて上映している。

【関連リンク】
公式サイト
【ぴあ満足度】「本当にスゴい女優」満島ひかり主演作に観客が絶賛の声
海外で高評価の石井裕也監督が新作を発表「日本の観客に観てほしい」

【注目のニュース】
山田涼介主演『記憶屋』映画化
『映画ドラえもん』最新作予告編公開
2018年北米興行成績、史上最高になる見込み
『サムライマラソン』予告編
『春待つ僕ら』男子キャストが語る
湯浅政明が制作中の最新作を語る
『アントマン&ワスプ』特別映像
新海誠監督最新作『天気の子』公開決定
『サスペリア』本予告
『アラジン』特報

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
川の底からこんにちは

(C)PFFパートナーズ

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • kunihiro
  • KOTERRY
  • HALU
  • 大仏
  • ヒロヨコタ
  • brian_nt
  • dumbo
  • (財)pianissimo
  • マリも
  • kacky
  • Jny5
  • MILK
  • てるてる13
  • harizo
  • はゆはゆ

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

川の底からこんにちは [DVD]

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:3694円(税込)
  • OFF:410円(9%)

 


『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 4DX体験レポート
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”