ただいまの掲載件数は タイトル56177件 口コミ 1109548件 劇場 582件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ロボゲイシャ > ニュース > 『ロボゲイシャ』の井口昇監督が語る“プライド”と“こだわり”

『ロボゲイシャ』の井口昇監督が語る“プライド”と“こだわり”

ぴあ編集部

(2009/10/02更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


昨年公開された『片腕マシンガール』で全世界の映画マニアを熱狂させた異才・井口昇監督の最新作『ロボゲイシャ』が3日から公開される。“ゲイシャ”や“フジヤマ”など「外国人から見たニッポン」のイメージを要所に散りばめた異色エンターテインメントを手がけた井口監督に話を聞いた。

米資本で製作され、リミッターなしのスプラッター描写が話題を呼んだ『片腕…』の公開後、井口監督のもとに寄せられた企画は「血があまり出ない作品で、日本でも海外でも反響を呼ぶ『片腕…』みたいな映画」というもの。井口監督は「最初に企画を聞いた時は、そりゃムリでしょ?と思いました」と笑顔を見せつつも、「ずっと“無理難題”っていう言葉が好きなんですね。自分の中で工夫して題材を引き寄せつつも、オーダーされた通りのものを作るって、作り手としては面白い作業とは思っていて、毎回相当悩むんですけど、それをやってこそのプロなんじゃないかと」と語る。

そこで、井口監督は、美しい芸者の姉の付き人として働くさえない妹が、ロボに改造された芸者=ロボゲイシャになる物語を発想。「海外で製作される日本を舞台にした、いわゆる“国辱もの”の中にはだいたい芸者が出てくるので、芸者を出そうと。さらに『芸者とロボットを組み合わせてみたらどうなるんだろう?』というのが始まりでした。今回は血を出せないので、別のところでインパクトを出さなきゃいけなくて、そこは悩みましたね」と語る通り、本作にはロボゲイシャはもちろん、天狗の面をつけた美女暗殺者“天狗軍”や、城が変形して歩き出す“城ロボ”などインパクト大なキャラクターが次々と登場する。井口監督は「観客を驚かせたいんですね。昔から怪獣映画や遊園地のお化け屋敷も好きで。ただ、ありきたりのサービスはサービスではないので、いつもお客さんの予想を裏切っていきたい」という。

<この美人姉妹のドラマが本作の大きなポイント!>

そのせいか『片腕…』や本作は、ビジュアルのインパクトや、奇想天外な設定についてのみ語られることが多い。しかし、井口監督は「お客さんが観たいのは“人の心”なんじゃないかと思う」と語る。「分かりやすいアクションやギミックも観たいけど、人の心も観たいと思うんですよ。僕自身もそういうものが観たいし、アクションやジャンルムービーは好きなんですけど、人間のいびつな心や感情を描いている映画に惹かれるんです。今回も“ロボゲイシャ”という言葉からいうと、バカバカしい話ではあるんだけど、真逆の部分を描いていかないとウソになる。もちろんそこを過剰に意識すると、単なる戦略になってしまうので、意識しないで“心の何か”に引っ張られていくようなピュアな映画作りは心がけてます」と述べた。

『ロボゲイシャ』
10月3日(土)よりシアターN渋谷にてロードショー

【関連リンク】
シネマぴあ:『ロボゲイシャ』作品情報&予告編

【注目のニュース】
斎藤工、向井理との“運命の赤い糸”を強調
『宇宙戦艦ヤマト…』満足度1位!
『忍びの国』ヒット祈願!
『22年目の告白…』動員ランキングV3!
阿部寛×松嶋菜々子初共演
あの名優がピットの父親役に?
ディーン・フジオカ、結婚詐欺師を演じる
『ハクソー・リッジ』本編映像
ハン・ソロ映画の新監督が決定
宮崎駿『メアリと魔女の花』観ない?

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
ロボゲイシャ

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • gojo
  • marly
  • ishiyan

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

ロボゲイシャ [DVD]

  • 定価:4935円(税込)
  • 価格:3553円(税込)
  • OFF:1382円(28%)

 


池井戸潤の“幻の長編”を豪華キャストで最速ドラマ化!WOWOW『連続ドラマW アキラとあきら』特集
激戦の中たったひとりで75人の命を救った男の真実のドラマ『ハクソー・リッジ』特集
ぴあ Movie Special 2017 Summer ぴあ映画特別号 夏号登場! 夏の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
凶悪爆弾テロ、解決までの102時間『パトリオット・デイ』特集
映画論評・批評の新コーナー“critic”。しかと見届けよ! H・ジャックマン演じる最後のウルヴァリン! これまでと一味違うアメコミ映画『LOGAN…』ほか『ハクソー・リッジ』『セールスマン』など続々更新中!
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝