ただいまの掲載件数は タイトル60043件 口コミ 1157597件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 戦慄迷宮3D > ニュース > ホラー映画の巨匠が目指したのは“想像力に訴えかける恐怖”

ホラー映画の巨匠が目指したのは“想像力に訴えかける恐怖”

ぴあ編集部

(2009/10/15更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


富士急ハイランドにあるお化け屋敷を原案にした3D実写長編映画『戦慄迷宮3D』が17日(土)から公開される。デジタル3Dの技術を駆使して、これまでにない“怖い映画”を作りあげた清水崇監督に話を聞いた。


『戦慄迷宮3D』を手がけた清水崇監督

『戦慄迷宮3D』は、10年前、遊園地のお化け屋敷で行方不明になったユキが、ある夜に突然、ケンら友人たちの前に姿を現したことから始まる。彼女はどこに行っていたのか? あの日、お化け屋敷で何があったのか? 物語は、廃病院を模したお化け屋敷の迷路と、登場人物の記憶の迷宮を行き来しながら進んでいく。

『呪怨』シリーズで大ヒットを記録し、アメリカで監督デビューも果たした清水監督の最新作は、ホラー映画ではなくスリラー映画。それも凶悪な霊も殺人鬼もモンスターも登場しない作品だという。「今回の企画を引き受ける前、僕に依頼してくるって事は…『血が飛んできたり…派手な飛び出し映画にしたいんですか?』とプロデューサーに懸念をぶつけました(笑)。コケ脅し3Dホラーは今更やりたくなかったので」という清水監督は、「『呪怨』でも描きたかったのは、“何か”が出てくるまでの『何かがいる、確実に存在している』という怖さ。原案である富士急ハイランドの“戦慄迷宮”って、脅かし役がいるにはいるんですが、基本は“ただ歩くだけ”なんです。普通は、お客さんの回転を良くするために、乗り物で仕掛けに凝りますよね? その“雰囲気こそを怖がる”高度な志に感心しました。で、より映画も“何か出てきて怖い”安易な恐怖でなく、観客の想像に訴えかけ得る“記憶の迷宮”たる内面へ向けました」と語る。

その怖さをさらに盛り上げているのは3D映像だ。立体的に見える劇空間は、単に「飛び出して見える」という次元を突破し、観客の想像力を刺激し“見えない恐怖”を演出する最強/最恐のツールになっている。清水監督は「合成技術の進歩で“透けるお化け”や“ミニチュア合成”が実現したように、デジタル3Dはもっと有効に使われるべきだと思います」とその可能性を示す一方で、「監督が“どう3Dをうまく使うか?”を求められるように、俳優さんも3Dになった時に、芝居をどうするか、アプローチの仕方や見せ方の工夫が出てくると思います」と今後の課題も示す。

<この少女は一体…?>

日本映画初の本格的な3D実写映画を手がけたことについて「ま、毒見役ですね」と笑顔を見せた清水監督。3D映像が映画の恐怖描写に、映画そのものにどのようなインパクトをもたらすのか? まずは自身の目で確かめてみてはどうだろうか。

『戦慄迷宮3D』
10月17日(土)より、新宿バルト9、梅田ブルク7ほか全国ロードショー

【関連リンク】
シネマぴあ:『戦慄迷宮3D』作品情報&予告編
電子チケットぴあ:柳楽優弥、主演映画でホラー嫌いを克服「オレ、小学生みたい」
電子チケットぴあ:『戦慄迷宮3D』ヴェネチア映画祭のフッテージ上映で観客を釘付けに!
電子チケットぴあ:清水崇、新作3D映画披露! トム・フォードは監督進出成功
電子チケットぴあ:心臓の弱い人はアクセス禁止!? 『戦慄迷宮3D』の無料モバイル・ゲーム配信
電子チケットぴあ:柳楽優弥が映画『戦慄迷宮3D』撮影現場で「本当に怖い」
電子チケットぴあ:『戦慄迷宮3D』の仕掛け人に直撃!「映像が飛び出すという次元ではない」
電子チケットぴあ:あの名物お化け屋敷が柳楽優弥主演で3D映画化!

【注目のニュース】
満足度第1位は『ごっこ』
『宇宙の法』が動員ランキングV2!
北米1位に『ハロウィーン』
モダン・アートの名品が勢ぞろいする『フィリップス・コレクション展』
『葬式の名人』公開決定
『蜜蜂と遠雷』映画化決定
『オボの声』監督&出演者が語る
『春待つ僕ら』本予告公開
『A GHOST STORY』本予告公開
『マスカレード・ホテル』予告公開

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
戦慄迷宮3D

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

戦慄迷宮3Dプレミアム・エディション【初回限定生産】 [DVD]

  • 定価:4935円(税込)
  • 価格:1094円(税込)
  • OFF:3841円(77%)

戦慄迷宮 スタンダード・エディション [DVD]

  • 定価:3990円(税込)
  • 価格:3694円(税込)
  • OFF:296円(7%)

 


ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集