ただいまの掲載件数は タイトル60603件 口コミ 1162068件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > あなたは私の婿になる > ニュース > 【ぴあ満足度】「HAPPYな気持ちになれる」サンドラ・ブロック主演作 高評価

【ぴあ満足度】「HAPPYな気持ちになれる」サンドラ・ブロック主演作 高評価

ぴあ編集部

(2009/10/19更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


雑誌「ぴあ」調査による2009年10月16日、17日公開の映画の満足度ランキングは、サンドラ・ブロック主演の“婚活”ラブ・コメディ『あなたは私の婿になる』がトップに輝いた。2位に長編アニメーション映画『仏陀再誕』、3位にポーランドの巨匠イエジー・スコリモフスキー監督による異色のラブストーリー『アンナと過ごした4日間』が入った。(ぴあ満足度ランキング)

1位の『あなたは私の婿になる』は、サンドラ・ブロック演じる鬼上司がある目的のため草食系男子の部下に求婚したことから始まるラブ・コメディで、世代を超えた多くの女性から支持された。出口調査では「笑いも感動もあって部下と上司の関係が恋愛に発展していくストーリーが面白い」、「家族愛によって主人公が心を開く様は心温まるものがある」、「巧みな頭脳プレーで相手に迫る上司を演じたサンドラ・ブロックが素敵」などの声が聞かれた。また男性客からは、「日本とアメリカの違いを見られたり、さまざまなサプライズのある演出が楽しい」「HAPPYな気持ちにさせてくれる作品」と好評だった。

<2位の『仏陀再誕』>

詳しくは、上映スケジュールと映画チケットが購入できるぴあ満足度ランキング

(本ランキングは、2009年9月16日(金)、17日(土)に公開された新作映画8本を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査によるもの)

【関連リンク】
ぴあ満足度ランキング
電子チケットぴあ:今回は予行演習!?  ウエディングドレス姿の北陽・虻川が婿探しを宣言!
シネマぴあ:『あなたは私の婿になる』 作品情報
シネマぴあ:『仏陀再誕』 作品情報
シネマぴあ:『アンナと過ごした4日間』 作品情報

【注目のニュース】
『プーと大人になった僕』メイキング公開
『40万分の1』は、異色の就活青春エンタメ
AAFCA、作品賞は『ブラックパンサー』
『ONE PIECE』最新作特報
『シュガー・ラッシュ:オンライン』特別映像
『The Guilty』がハリウッドリメイク
『ひつじのショーン』第2弾公開決定
横浜流星、今年の漢字は“縁”
インド映画『パッドマン』が出口調査で高評価
『ファンタビ』動員ランキングV3!

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
あなたは私の婿になる

(C)Touchstone Pictures, Inc. All Rights Reserved.

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • minato
  • mi-toai
  • れい
  • 666;Generation
  • チキ
  • オフェリア
  • じぇろにも三世
  • せつちゃん
  • Shin_s
  • cutepoison
  • matchalatte
  • こま5
  • さっちょ
  • jjj
  • 山ぶどう

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

あなたは私のムコになる DVD+microSDセット [DVD]

  • 定価:5076円(税込)
  • 価格:2960円(税込)
  • OFF:2116円(41%)

 


ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 4DX体験レポート
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”