ただいまの掲載件数は タイトル61033件 口コミ 1165171件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 最新映画・DVDニューストップ > 「凄く新鮮であり新しい経験になりました」 『ハピゴラ!』白濱亜嵐&関口メンディー、インタビュー公開

「凄く新鮮であり新しい経験になりました」 『ハピゴラ!』白濱亜嵐&関口メンディー、インタビュー公開

(2018/11/30更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)主演で贈る、笑いあり、涙あり、友情ありのオリジナルドラマ 『ハピゴラ!』の無料配信が開始される。この度、白濱と、共演者である関口メンディー(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE/HONEST BOYZ)のインタビューが公開された。


『ハピゴラ!』

フォトギャラリー

「凄く新鮮であり新しい経験になりました」 『ハピゴラ!』白濱亜嵐&関口メンディー、インタビュー公開
「凄く新鮮であり新しい経験になりました」 『ハピゴラ!』白濱亜嵐&関口メンディー、インタビュー公開
「凄く新鮮であり新しい経験になりました」 『ハピゴラ!』白濱亜嵐&関口メンディー、インタビュー公開
「凄く新鮮であり新しい経験になりました」 『ハピゴラ!』白濱亜嵐&関口メンディー、インタビュー公開
「凄く新鮮であり新しい経験になりました」 『ハピゴラ!』白濱亜嵐&関口メンディー、インタビュー公開
「凄く新鮮であり新しい経験になりました」 『ハピゴラ!』白濱亜嵐&関口メンディー、インタビュー公開
「凄く新鮮であり新しい経験になりました」 『ハピゴラ!』白濱亜嵐&関口メンディー、インタビュー公開
「凄く新鮮であり新しい経験になりました」 『ハピゴラ!』白濱亜嵐&関口メンディー、インタビュー公開
「凄く新鮮であり新しい経験になりました」 『ハピゴラ!』白濱亜嵐&関口メンディー、インタビュー公開
「凄く新鮮であり新しい経験になりました」 『ハピゴラ!』白濱亜嵐&関口メンディー、インタビュー公開
「凄く新鮮であり新しい経験になりました」 『ハピゴラ!』白濱亜嵐&関口メンディー、インタビュー公開
「凄く新鮮であり新しい経験になりました」 『ハピゴラ!』白濱亜嵐&関口メンディー、インタビュー公開
「凄く新鮮であり新しい経験になりました」 『ハピゴラ!』白濱亜嵐&関口メンディー、インタビュー公開
「凄く新鮮であり新しい経験になりました」 『ハピゴラ!』白濱亜嵐&関口メンディー、インタビュー公開

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

まず、本作について白濱は、「オリジナルのネットドラマということで、普段テレビでドラマを観る習慣の少ない方にも繋がれる機会になると感じています。スマホなどで動画を観る若い世代の方も多いと聞く中で、こうやって配信ドラマにチャレンジできることに対して自分自身も凄く可能性の広がることだなと思っています」と想いを述べる。

21時30分から22時59分までの間に、Yahoo! JAPANのトップページで配信される本作。この時間帯であれば、いつアクセスしても作品冒頭から観られるようになっている。この新しい視聴方法に対して関口は、「そういうシステムがあることも知らなかったので、今の時代に合っているという気がします。自分に最適なタイミングで観られるというのは凄くいいなと思いますし、作品自体も観やすい内容になっているので、気軽な気持ちで観ていただきたいという気持ちもあります」と作品のトーンにも触れた。

“ハッピー・ゴー・ラッキー=いつも前向きで楽しく”という今作のテーマについて白濱は、「確かに“ハッピー・ゴー・ラッキー”というテーマは個人的にも当てはまる気がします。作品の中で全編を通して提示しているテーマであり、観てくださる方にも最も捉えて欲しいテーマなのかなと思います」と答えた。

役を演じるにあたって意識したことについては、「僕の演じた拓也は開発に携わるエンジニアの仕事をしているんですが、本当に一般的なサラリーマンのひとりだと思いますので、そこをしっかりと意識して演じようと考えていました。実際にサラリーマンを経験したことはないのですが、だからこそセリフの言い回しもお芝居にするんじゃなくて、実際に話しているのと変わらないテンション感でナチュラルにということを考えていたと思います。セリフひとつに対してもあまりつけ足さないというか、普通にしゃべっている感覚で演じるようにしていました」と、そのアプローチ法を語った。さらに、主演したことについては、「あまり気負ってはいなかったんですけど、キャストのみなさんはもちろん、監督さんともコミュニケーションを取ることは常に意識していました」と答える。

続けて関口は、「(僕の演じる)マンズは日雇いの仕事をしていて、ある程度の収入があって楽しく生きていければいいという性格だと思うんですけど、実はそれって個人的には素敵だなと思っているというか。今回であれば幼馴染のジャッキー(白濱演じる拓也の子供の頃のあだ名)のために身体を張るじゃないですけど、周りの人を大切するという優しい心の持ち主であり、個人的にもマンズはいいやつだなぁと思いながら演じていました。あとは、下町出身の役なので、特有のべらんめい口調というか、そこも台本にはあったんですけど、難しくてできなかったです(笑)」と自身の役について語った。

さらに、本作が初のドラマへの参加となった関口は、「今回の役はキャラクターが見えやすかったので、マンズだったらこう考えたり、こう行動するのかなというのはイメージしやすかったです。泣くお芝居もあったんですが、難しかったというより、当然のことながら初体験だったので新鮮でした。基本は自分と重なる部分のあるキャラクターだったので、全体的にやりやすさはありましたね」と、感想を述べた。

現場でのエピソードについては、「監督の熊坂出さんの演出は自由演技というか、俳優としてはやりやすい環境だと感じました。熊坂さんは“世の中にバミリなんてないじゃん”というスタンスで、本当に立ち位置なども決めず、段取りも作らない撮り方をされるんですが、僕自身としても凄く新鮮であり新しい経験になりました」と白濱が語った。

ヒロインを演じた須田アンナ(E-girls/Happiness/スダンナユズユリー)とのお芝居については、「現場で一緒にいる時も常に明るくて周りに気を使わせない感じであるとか、これまで仕事で接する機会があまりなかったんですが、素敵な人柄だなというのを感じました。ナチュラルに演じているように感じた今回の役は、彼女にぴったりだったんじゃないのかなと思います」と関口が語り、「確かにアンナちゃんはリアルというか、凄くナチュラルに演じるタイプだったのでやりやすかったです。役柄の持つ天真爛漫なキャラクターもとてもよく出ていたので、パフォーマーとしての彼女とはまた違う一面が観られる作品なんじゃないかなと思います」と白濱が続ける。

最後に、「まっすぐなストーリーで気負わずに観られると同時に、“明日からまたがんばろう!”と思えたり、“なんかわかる!”と共感できる作品でもあると思います。このドラマが、観てくださるみなさんにとって大切なことに気づくきっかけになったり、過去の自分を思い返す機会になってくれたら嬉しいです。ぜひ“ハッピー・ゴー・ラッキー=いつも前向きで楽しく”というテーマを持ったオリジナルドラマ『ハピゴラ!』を楽しんでいただきたいです」と白濱が締めた。

『パピゴラ!』
11月30日(金)21:30より配信開始(毎週金曜日更新)
全5話 各20分程度
※当番組は11月30日以降毎週金曜21:30から22:59まで、Yahoo! JAPANアプリ、Yahoo! JAPANトップページ(PC・スマートフォン)にて視聴可能。
※なお、当番組は動画配信サービスGYAO!でも同日23:00より配信される

【関連リンク】
白濱亜嵐人物情報
関口メンディー人物情報
熊坂出人物情報

【注目のニュース】
『マスカレード・ホテル』興収30億円超狙えるスタート!
三上博史、14年ぶり主演映画を語る
『めんたいぴりり』、地元・福岡で大ヒット!
『映画刀剣乱舞』がついに“出陣”!
ケヴィン・ハート次回出演作は?
西銘駿、桜田通のアドリブに苦戦
『トラさん〜僕が猫になったワケ〜』予告
実写『ノートルダムの鐘』企画に進展
『凜-りん-』応援団に、“よしもと住みます芸人”
『マイル22』主演インタビュー動画

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

(c)LDH ASIA

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

TV放映予定の映画

便利ツール

ぴあ映画生活をより楽しむために

 


日本映画界屈指の俳優陣が集結! 『赤い雪 Red Snow』 永瀬正敏&菜葉菜インタビュー
明太子に秘められた感動物語とは?『めんたいぴりり』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など! 映画論評・批評の新コーナー“critic”