ただいまの掲載件数は タイトル59713件 口コミ 1154838件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 最新映画・DVDニューストップ > 押井守監督、草薙素子のビジュアルは「最高に揉めた」

押井守監督、草薙素子のビジュアルは「最高に揉めた」

(2018/08/21更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


押井守監督の著書『シネマの神は細部に宿る』発売を記念した記者会見が8月21日、TSUTAYA TOKYO ROPPONGIにて開催され、押井守監督が出席。フェティッシュをテーマにした本を出版した理由を明かした。


『シネマの神は細部に宿る』押井守監督

フォトギャラリー

押井守監督、草薙素子のビジュアルは「最高に揉めた」
押井守監督、草薙素子のビジュアルは「最高に揉めた」

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

『機動警察パトレイバー』『攻殻機動隊』シリーズなど、世界中から高い評価を受ける押井監督が、自身のフェティッシュを刺激した、いつまでも忘れられない映画をジャンルごとにランキング化した本書。

押井監督は「作っているときは自覚していませんが、あとになって見るとフェティッシュの塊」と自身の監督作品を振り返ると、特にアニメーションには顕著に表れているという。その理由について「アニメは好きなように絵を起こせるから」と語ると、特に女性はより理想像を追求してしまうという。

しかし、自身で絵を描くアニメーターならば具現化できるが、押井監督の場合、絵を描かない監督であるため、アニメーターとは揉めることも多々あるという。その際たる例が『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』の草薙素子だったという。

「僕は筋骨隆々な女性が良かった。結構マッチョな女性の写真集を買いあさってイメージしたんです。筋肉が収縮する動きまで描いてほしかった。でもアニメーターは描きたくなかったようで、結構大変でした」と当時を振り返ると「アニメの監督はフェティッシュが強くないと描けない」と持論を展開。押井監督も「骨格や鎖骨、手首、足首など骨が浮いて見えるところは結構こだわります」と自身のこだわりを明かしていた。

また、宮崎駿監督や細田守監督、神山健治監督らの作品にもフェティッシュが漏れ出ていると指摘すると「絵を描ける監督はよりフェティッシュが出やすい」と断言。本書でも、上記監督を取り上げたかったが「いろいろな問題が発生しそうなので」と自身のフェティッシュを題材にしたという。

本書は、動物、ファッション、ごはん、兵器、女優、男優などさまざまな視点からフェティッシュについて語られているが「みんなそれぞれ嗜好があるので、どこかに引っかかってもらえれば、読み進められる。そこで自分でも気づかなかった新たなフェチの発見につながるかもしれません」と読み方を指南していた。

『シネマの神は細部に宿る』
発売中

取材・文・写真:磯部正和

【関連リンク】
押井守 人物情報

【注目のニュース】
『東京喰種』続編製作決定
『シュガー・ラッシュ:オンライン』予告編
ライムスター宇多丸、森田芳光監督作品を語る
『京都・醍醐寺ー真言密教の宇宙ー』展開幕
『007』続編の監督が決定
第40回PFFグランプリは工藤梨穂
『コールドケース2』 大阪特別試写会
M・ジョーダン主演作の続編
岡田准一、『散り椿』で撮影を担当!
『アクアマン』日本版予告

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

便利ツール

ぴあ映画生活をより楽しむために

 


映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
未来の映画監督たちよ、ここに集え!