ただいまの掲載件数は タイトル59713件 口コミ 1154676件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 最新映画・DVDニューストップ > 横尾忠則が手がけた約40年前の新聞連載小説『幻花』の挿絵原画全371点、初の東京展示

横尾忠則が手がけた約40年前の新聞連載小説『幻花』の挿絵原画全371点、初の東京展示

(2018/08/08更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


1974年から75年にかけて、東京新聞に連載された瀬戸内晴美(現・瀬戸内寂聴)の歴史小説『幻花』。横尾忠則が手がけたその挿絵原画全371点を一堂に展示する企画展『横尾忠則 幻花幻想幻画譚 1974-1975』が、東京・銀座のギンザ・グラフィック・ギャラリーにて9月5日(水)より開催される。

フォトギャラリー

横尾忠則が手がけた約40年前の新聞連載小説『幻花』の挿絵原画全371点、初の東京展示
横尾忠則が手がけた約40年前の新聞連載小説『幻花』の挿絵原画全371点、初の東京展示
横尾忠則が手がけた約40年前の新聞連載小説『幻花』の挿絵原画全371点、初の東京展示
横尾忠則が手がけた約40年前の新聞連載小説『幻花』の挿絵原画全371点、初の東京展示
横尾忠則が手がけた約40年前の新聞連載小説『幻花』の挿絵原画全371点、初の東京展示
横尾忠則が手がけた約40年前の新聞連載小説『幻花』の挿絵原画全371点、初の東京展示

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

グラフィック・デザイナーとして、また画家として常に日本のアートシーンを牽引してきた横尾忠則。そんな彼が1970年代に手がけたのが、東京新聞に連載された瀬戸内晴美(現・瀬戸内寂聴)の小説『幻花』の挿絵だ。室町幕府の衰退を一人の女性の視点から綴ったこの小説に、横尾は自由奔放な発想をもって、実験的手法を繰り出しながら、超絶技巧の挿絵を次々と生みだしていった。

約8cm×14cmの小さな画面にモノトーンという制約の中で、奇妙で謎めいていたり、シュールな異世界的だったり、仏教や東洋思想的だったりと、多彩な表現が繰り広げられる。また、作者である瀬戸内自身の肖像を登場させたり、唐突に物語に関係のないモチーフが登場したりと遊び心もたっぷりだ。この小さな画面から発せられるエネルギーはどこからやってきたのか、40歳を前にした横尾のいた社会情勢にも焦点を当てながら検証していく。

この挿絵原画全371点は、2015年に兵庫県にある横尾忠則現代美術館で開催された同名企画展で公開されて以来、初めて東京にてで展示される。横尾イラストレーション・ドローイングの真骨頂、横尾グラフィック・ワークの最高傑作が凝縮された小さな宇宙を体験してほしい。

【開催情報】

『横尾忠則 幻花幻想幻画譚 1974-1975』
9月5日(水)〜10月20日(土)ギンザ・グラフィック・ギャラリーにて開催

【関連リンク】
ギンザ・グラフィック・ギャラリー

【注目のニュース】
ライムスター宇多丸、森田芳光監督作品を語る
『京都・醍醐寺ー真言密教の宇宙ー』展開幕
『007』続編の監督が決定
第40回PFFグランプリは工藤梨穂
『コールドケース2』 大阪特別試写会
M・ジョーダン主演作の続編
岡田准一、『散り椿』で撮影を担当!
『アクアマン』日本版予告
『チャーリーズ・エンジェル』続報
満足度第1位は『プーと大人になった僕』

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

便利ツール

ぴあ映画生活をより楽しむために

 


映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
未来の映画監督たちよ、ここに集え!