ただいまの掲載件数は タイトル59711件 口コミ 1154558件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 最新映画・DVDニューストップ > 没後50年の画家、藤田嗣治に捧げる『1940’s フジタ・トリビュート』展、東京藝術大学にて開催

没後50年の画家、藤田嗣治に捧げる『1940’s フジタ・トリビュート』展、東京藝術大学にて開催

(2018/07/17更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


画家、藤田嗣治に関心を寄せたり、かかわりのあった幅広い世代の作家たちによる「トリビュート・アルバム」のような展覧会が、東京藝術大学 陳列館にて7月28日(土)より開催される。


小沢剛研究室 《また帰って来たペインターF》 2018, 映像インスタレーション

フォトギャラリー

没後50年の画家、藤田嗣治に捧げる『1940’s フジタ・トリビュート』展、東京藝術大学にて開催
没後50年の画家、藤田嗣治に捧げる『1940’s フジタ・トリビュート』展、東京藝術大学にて開催
没後50年の画家、藤田嗣治に捧げる『1940’s フジタ・トリビュート』展、東京藝術大学にて開催
没後50年の画家、藤田嗣治に捧げる『1940’s フジタ・トリビュート』展、東京藝術大学にて開催

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

1886年生まれの藤田嗣治は、東京藝術大学の前身・東京美術学校を卒業後、人生の大半をフランスで過ごし、晩年にはフランス国籍を取得した画家。1930年代半ばから40年代末の日本在住期には、東京藝術大学に隣接する東京都美術館で主に作品を発表していたという。

そんな藤田嗣治の没後50周年に当たる今年、『没後50年 藤田嗣治展』と題した大規模な回顧展が、東京都美術館で7月31日(火)より開催される。1949年に日本を離れてから初めて上野の地に帰ってくる藤田を迎えるべく、東京藝術大学では同大学にゆかりのある作家を核に、『1940’s フジタ・トリビュート』を企画。1940年代の藤田を考える機会とし、藤田への思いを込めた作品を展示する。

主な出品作家は、美術家で東京藝術大学教授の小沢剛はじめ、O JUN、米田知子、秋本貴透、平川恒太、村田真、笹川治子など。そのほか、中山岩太による藤田嗣治のポートレート写真を展示や、8月4日(土)には「猪熊弦一郎と藤田」と題した座談会も予定。また、小沢剛研究室と協働して、学生たちも制作や運営に関わり、同大に近年寄贈された藤田にまつわる資料の一部も展示に組み込まれるという。

没後50年という節目、そのゆかりの地で、さまざまな角度から藤田嗣治を回顧してみたい。

【開催情報】

『1940’s フジタ・トリビュート』
7月28日(土)〜8月15日(水)東京藝術大学 陳列館 1,2階にて開催

【関連リンク】
『1940’s フジタ・トリビュート』

【注目のニュース】
第40回PFFグランプリは工藤梨穂
『コールドケース2』 大阪特別試写会
M・ジョーダン主演作の続編
岡田准一、『散り椿』で撮影を担当!
『アクアマン』日本版予告
『チャーリーズ・エンジェル』続報
満足度第1位は『プーと大人になった僕』
『クワイエット・プレイス』監督特別映像
製作者が語る『プーと大人になった僕』
『プーと大人になった僕』動員ランキング1位!

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

便利ツール

ぴあ映画生活をより楽しむために

 


映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集
木村拓哉と二宮和也の2大スターが豪華共演! 『検察側の罪人』をはじめ、J・ステイサム VS メガロドンの『MEG…』、旬の女優、土屋太鳳&芳根京子の熱演光る『累-かさね-』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
未来の映画監督たちよ、ここに集え!