ただいまの掲載件数は タイトル60033件 口コミ 1157636件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 最新映画・DVDニューストップ > 妻夫木聡、「ドラマ化したい」と企画から携わった『イノセント・デイズ』ヘの熱意を語る

妻夫木聡、「ドラマ化したい」と企画から携わった『イノセント・デイズ』ヘの熱意を語る

(2018/03/07更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


俳優・妻夫木聡がWOWOWの『連続ドラマW イノセント・デイズ』で初登場にして、初主演を果たした。幼なじみの女性確定死刑囚、田中幸乃(竹内結子)の無実を信じて、彼女の過去、事件の真相を追いかける主人公、佐々木慎一を演じる。原作は主演映画『ぼくたちの家族』(2014)の早見和真氏の同名ミステリーで、映画『愚行禄』(2017)の石川慶監督と再タッグを組んだ。初めてドラマ企画者として名を連ねた妻夫木は「自分が主演じゃなくていいと思っていた」と話す。その真意とは何か?


WOWOW『連続ドラマW イノセント・デイズ』に主演した妻夫木聡

フォトギャラリー

妻夫木聡、「ドラマ化したい」と企画から携わった『イノセント・デイズ』ヘの熱意を語る
妻夫木聡、「ドラマ化したい」と企画から携わった『イノセント・デイズ』ヘの熱意を語る
妻夫木聡、「ドラマ化したい」と企画から携わった『イノセント・デイズ』ヘの熱意を語る
妻夫木聡、「ドラマ化したい」と企画から携わった『イノセント・デイズ』ヘの熱意を語る
妻夫木聡、「ドラマ化したい」と企画から携わった『イノセント・デイズ』ヘの熱意を語る
妻夫木聡、「ドラマ化したい」と企画から携わった『イノセント・デイズ』ヘの熱意を語る
妻夫木聡、「ドラマ化したい」と企画から携わった『イノセント・デイズ』ヘの熱意を語る

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

妻夫木は、親交のあった早見から献本されて原作と出会った。数多く読んだ中でも、一番好きな作品だったという。「その時から、ドラマでやったら面白いなと思っていました。これだけの長い話ですから、映画では尺が短くて、もったいない。群像劇でもあるので、ドラマだったら、ひとりひとりの人物をしっかり描けるんじゃないかと思ったんです」

2016年秋、早見に「僕に原作を預けてもらえないか」と直接電話し、企画はスタートした。映像化に当たって、監督に指名したのは、『愚行録』でタッグを組んだばかりの石川だった。ロマン・ポランスキーらを輩出したポーランド国立映画大学で学んだ鬼才。『愚行禄』は貫井徳郎の原作で、迷宮入りしたエリート一家惨殺事件を取材する週刊誌記者(妻夫木)を中心に、人間の本性を暴き出す群像ミステリー。その繊細な演出に魅了されたという。「石川さんだったら、原作や脚本をより面白くしてくれるんじゃないかなと可能性を感じていたんです」

数多くの映画に主演する妻夫木だが、今回はドラマという形に強くこだわった。「現代のドラマは1話完結が多く観られますが、そういうのものにはしたくなかったんです。僕が子供の頃に観ていたドラマは次週が観たくなる、あのワクワク感がたまらなかった。そういうものを作りたかったんです」。その思いにすべて応えてくれたのがWOWOWだった。

妻夫木は意外なことも口にする。「最初に“ドラマでやってほしい”と思ったときは、別に僕が主演じゃなくていいと思っていたんですよ。小説は慎一を主演で描いたような話ではないので、幸乃が主演でいいんじゃないかって。でも、プロデューサーから“慎一を主役に立てて、いいよね?”って言われて“あ、はい”って(笑)。多分慎一が目立てば、目立つほどあまり良くないパターンだと思うので、ある意味、脇役だと思って現場にいました」

その幸乃役にはドラマ『ランチの女王』、映画『春の雪』『殿、利息でござる!』で共演した竹内結子が決まった。「本当に嬉しかったですね。“もう勝ったな”と思ったくらい竹内結子という女優さんを信じています。ただ、現場ではほとんど顔を合わせることがなかった。たまに会っても、役柄的なこともあって、あんまり話す気にならなくて、すぐに控室に帰っちゃったりしていたから、“コイツ変わったな”って、思われたかもしれないですけど」と笑う。

ドラマ製作にあたっては、原作者の早見氏、脚本の後藤法子氏らも交えて、本音で話し合った。ラストシーンについても、最後の最後まで“出口”を見つけようとした。「初めて組むスタッフがいっぱいいるんですけど、このドラマを愛しているなっていうのが伝わってきて、“絶対、いいドラマになる”って匂いがプンプンしているんです。本当に、この小説に惚れたので、皆さんに同じ思いを味わってもらいたい。1話を観たら最終話まで絶対に観てもらえる自信があります」。

米人気ドラマでは、出演者が製作に名を連ねることも増えているが、日本ではレアケース。妻夫木の挑戦がドラマ界に新たな潮流を生み出すか、期待したい。

取材・文:平辻哲也

『連続ドラマW イノセント・デイズ』
3月18日(日) WOWOWプライムにて放送スタート
毎週日曜よる10時〜(全6話) 第1話無料放送

【関連リンク】
『連続ドラマW イノセント・デイズ』予告編
妻夫木聡「素晴らしい現場でした」 『連続ドラマW イノセント・デイズ』クランクアップコメント
妻夫木聡主演『連続ドラマW イノセント・デイズ』に竹内結子、新井浩文、芳根京子ら出演決定
妻夫木聡、連続ドラマ3年半ぶりの出演へ 『連続ドラマW イノセント・デイズ』放送決定

【注目のニュース】
モダン・アートの名品が勢ぞろいする『フィリップス・コレクション展』
『オボの声』監督&出演者が語る
『春待つ僕ら』本予告公開
『A GHOST STORY』本予告公開
『マスカレード・ホテル』予告公開
マイケル・B・ジョーダン主演作
小野塚勇人、大杉漣との共演で得たもの
国内過去最大規模のルーベンス展が開幕!
アンジュルム・和田彩花のアート連載がスタート!
I・エルバが『キャッツ』出演か

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

TV放映予定の映画

便利ツール

ぴあ映画生活をより楽しむために

 


ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集