ただいまの掲載件数は タイトル57848件 口コミ 1130801件 劇場 595件

映画情報のぴあ映画生活 > 最新映画・DVDニューストップ > トロント映画祭2017開催中! 大絶賛されるM・ロビー主演の『I, Tonya』

トロント映画祭2017開催中! 大絶賛されるM・ロビー主演の『I, Tonya』

(2017/09/11更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


トーニャ・ハーディングが、トロントを沸かせている。マーゴット・ロビー主演の伝記映画『I, Tonya』が、大絶賛を受けているのだ。

1992年と94年のオリンピックに出場したフィギュアスケート選手ハーディングは、94年のオリンピック選考会の直前、ライバルのナンシー・ケリガンが何者かに襲われて膝をけがさせられた事件に関与し、スケート選手としての生命を絶たれてしまった。当時、事件は大ニュースになり、コメディアンに格好のジョークのネタとされている。

映画は、現在の彼女や家族、関係者が、カメラに向かって当時を語るという、偽ドキュメンタリー形式 。ハーディングが子供の頃から母親と元夫に暴力をふるわれては、自分も負けじとふるい返していた様子が容赦なく描かれるが、全体的にはコメディ調だ。「ナンシーは1回暴力を受けただけでニュースになるのよね。私なんて、そんなの毎日なのに」と、しらっと独白してみせるシーンは、爆笑を呼ぶ数々のシーンのひとつ。音楽も、ノリのいい当時のヒットソングを使い、何より、ハーディングの母親役のアリソン・ジャネイが、出てくるだけで笑いを取るほど強烈だ。

貧しい家庭に育ったハーディングは、スケートの衣装もまともに買えなかったことや、素行の悪さのせいで、正当な評価を受けられないこともあった。ステージママの母親が、スケートに集中できるようにと学校もやめさせたため、教育もまともに受けていない。

だからといって、映画は、彼女の身の振る舞いを正当化することはしない。しかし、「ライバルにけがをさせてまで望むものを手に入れようとした下品な女」としてしか彼女を知らなかった人は、この映画を見て、彼女をもっと理解し、ひょっとすると、ちょっと好きにもなってしまうはずだ。

監督は『ラースと、その彼女』のクレイグ・ギレスピー。ロビーは、今作のプロデューサーも兼任する。ロビーとジャネイには、早くも「オスカー候補入りか」との声も上がっている。日本でも公開される予定だ。

取材・文=猿渡由紀

【関連リンク】
“トロント映画祭3日目! ジェイク・ギレンホール『Stronger』世界プレミア上映
“トロント映画祭2017”が開幕! オープニング作品『Borg/ McEnroe』監督らが会見
間もなく開幕する”トロント映画祭2017”、今年の見どころは?
マーゴット・ロビー 人物情報

【注目のニュース】
『今夜、ロマンス劇場で』ジャパンプレミア
仁和寺と御室派の秘仏・名宝を一挙公開!
アン・リー、新作キャスト決定
『サイモン&タダタカシ』メイキング写真
『さよなら、僕のマンハッタン』公開日決定
『ママレード・ボーイ』“両親S”決定
『ピーターラビット』特報
手塚眞が新作の誕生秘話を語る
アンセル・エルゴートの新作が決定
『15時17分、パリ行き』メイキング映像

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

(c)Courtesy of TIFF

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

便利ツール

ぴあ映画生活をより楽しむために

 


ぴあ×ららぽーと “エンタメ・コレクション” Vol.5『パディントン2』ツイッターキャンペーン
『バリー・シール/アメリカをはめた男』ブルーレイ&DVD発売記念! 小型飛行機弾丸ツアーでバリー気分を体感しよう!
『星くず兄弟の新たな伝説』のココがロック!
緊急特集 塚本晋也&手塚眞が熱烈応援! 大林宣彦監督と『花筐』を語ろう。
あの英国紳士による過激アクションがかえってきた! 抜群のテンポとリズムを兼ね備えた『キングスマン…』ほかアカデミー賞有力候補『デトロイト』『ルイの9番目の人生』など1月公開の話題作更新! 映画論評・批評の新コーナー
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
ぴあ Movie Special 2018 Winter ぴあ映画特別号 冬号登場! 冬の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ