ただいまの掲載件数は タイトル58839件 口コミ 1144649件 劇場 591件

映画情報のぴあ映画生活 > 最新映画・DVDニューストップ > 史上最高ラインナップで大団円を迎える! いとうせいこうが語る“したまちコメディ映画祭”

史上最高ラインナップで大団円を迎える! いとうせいこうが語る“したまちコメディ映画祭”

(2017/08/24更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


秋恒例の人気イベント“第10回したまちコメディ映画祭in台東”が9月15日(金)に開幕する。世界各国から集まった新作映画や短編コンペティション、ライブなど様々なプログラムが登場する映画祭だが、初回から総合プロデューサーを務める、いとうせいこうは今回で“あがり”に。そこで、記念すべき10回目を祝い、現行の映画祭の大団円を迎えるべく、いとう曰く「史上最高のもの。これぞ“ザ・したコメ!”って感じで、すべてが過不足なくカチッとハマった」ラインナップが揃った。


総合プロデューサーを務める、いとうせいこう

フォトギャラリー

史上最高ラインナップで大団円を迎える! いとうせいこうが語る“したまちコメディ映画祭”
史上最高ラインナップで大団円を迎える! いとうせいこうが語る“したまちコメディ映画祭”
史上最高ラインナップで大団円を迎える! いとうせいこうが語る“したまちコメディ映画祭”
史上最高ラインナップで大団円を迎える! いとうせいこうが語る“したまちコメディ映画祭”

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

日本の喜劇発祥の地・浅草と美術館や音楽堂が集まる上野を会場にした本映画祭が始まったのは2008年。したコメの最初の目標は、いとうによると「日本でもコメディ映画が世界の他の国と同じぐらい上映されてほしい」だったという。「だから、映画祭での上映が話題になって、映画に興味をもってもらえて、その作品が後でちゃんと一般公開されてほしいというのが目標だし、大前提だったんですよ。それに、基本的に豪華な映画は別の映画祭で上映されちゃうから、初回からオリジナルな企画、映画をつくった人が気持ちよく帰ってもらえて、お客さんに楽しんでもらえる企画を練ることにこだわってきたんです」

街の人も気軽にゲストと触れ合えるレッドカーペット、声優界の大御所が集まる“声優口演ライブ”、喜劇界のレジェンドを讃えるコメディ栄誉賞。したコメオリジナルの企画は回を重ねるごとに好評を集め、その“サービス精神”はどんどん大きくなっていった。「いつしか規模の大きな映画であっても、何かしらの企画をつけないと気がすまない状態になっていったんだよね(笑)。今回上映する『セントラル・インテリジェンス』なんか、ドウェイン・ジョンソン主演で普通に上映するだけでもいいんだけど、そこにはLiLiCoもいるんだよ(笑)。“したコメ”って、しつこいぐらいに何かやるんですよ。映画館じゃなくて映画祭で観てよかったって言われたい気持ちが強いから、普通じゃないプログラムがどんどん入ってくるんです」

とにかく観客を楽しませたい! 楽しませないと気がすまない! “したコメ精神”から生まれた企画は年々、規模を拡大しており、期間中は上映のチケットを持っていない人も“お祭り気分”を楽しめるようになっている。「どうせやるなら、通りかかった人も楽しい方がいいという精神ですよね。だから去年からレッドカーペットに近所の子どもたちのブラスバンドを呼んだんですけど、子どもたちや親御さんから大好評だったらしくて、今年はレッドカーペットの長さ以上に子どもがいることになりそうなんだよ!(笑)でも、そういう子が映画祭で吹いてくれるのはいいことだし、街のためにもなるし、観てる人も楽しい。日本の他の映画祭も“あの映画祭に作品を出すと、何だかよくわかんないけど、絶対に楽しいことになる”って状況になってほしいよね」

その上で、いとうは「“笑い”の映画祭に関われることは意義深い」と語る。「笑いって世の中をスムーズにする潤滑油にもなるし、お互いのセンスをすり合わせる場にもなる。映画館でみんな笑ってるのに、自分が笑ってないと“あれ?俺、いま余裕がないのかな”って思うこともあるだろうし。今はこういう状況だから、“ラブ”って強いメッセージになるけど、笑いも同じように強いメッセージになるんだよね。やっぱり、憎しみあってる者同士は笑えないじゃん? だから、こんなにも笑いが必要になっている世界ってないと思うんだよ。もちろん、笑いがやりにくい時代になっているけど、だからこそ笑いをやっている人が重要なわけで、観客も笑いたいと思う。Youtuberとかみんなが観てるのもそういうことでしょ? 映画祭は他人の文化のものを観て笑うことで、お互いを理解しあういいツールだと思うんですよ。だから、僕にとっても笑いの映画祭に関われることはすごく意義深いし、これからも世の中のためにこういうことはやった方がいいと思うんだよ」

それだけに、大団円を迎える10回目は、“笑い”にこだわってきた本映画祭の集大成的な内容になっている。「基本的に、この映画祭って“私利私欲”の感じがないんだよね(笑)。だから、回を重ねるごとに信頼感があがってきて、“あそこに頼まれるのは悪いことじゃない”ってなってきた。たったの10年でここまでこれたのは、やっぱり財産ですよね。今回も、何年か経って“あの時いいものを観た”って言ってもらえるようなものが揃ってます。時間的に重なってたりするから、全部を観ることはできないんだけど、何とか選んで来てもらいたいですね」

「第10回したまちコメディ映画祭in台東」
9月15日(金)から9月18日(月・祝)開催

【関連リンク】
第10回したまちコメディ映画祭 in 台東 特集
秋恒例の“祭り”が今年も! いとうせいこうが語る“したまちコメディ映画祭”の魅力
映画の“一体感”がここに! いとうせいこうが語る「したまちコメディ映画祭」

【チケット情報】
第10回したまちコメディ映画祭 in 台東

【注目のニュース】
サングスターが語る『メイズ・ランナー』
『恋は雨上がりのように』初日舞台挨拶
『マクファーランド』待望のDVD化
明日開催!『六本木アートナイト 2018』
『犬ヶ島』特別映像公開
『サイモン&タダタカシ』公開後の反響は?
M・フリーマンにセクハラ疑惑
『ビブリア古書堂の事件手帖』に東出昌大&夏帆
『孤狼の血』続編製作が決定
『イアリー 見えない顔』追加キャスト決定

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

TV放映予定の映画

便利ツール

ぴあ映画生活をより楽しむために

 


総製作費100億円の超大作、待望の新章が日本最速独占放送!『ウエストワールド シーズン2』特集
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
未来の映画監督たちよ、ここに集え!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号が4/2発売!
アカデミー脚色賞ほか映画賞多数受賞の話題作、誰もが心揺り動かされる青春ラブストーリー『君の名前で僕を呼んで』や毒のあるユーモアが散りばめられた『ザ・スクエア…』など続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ