ただいまの掲載件数は タイトル60043件 口コミ 1157601件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 最新映画・DVDニューストップ > ヒーローが集結するマーベル×Netflixドラマ『ディフェンダーズ』がスタート!

ヒーローが集結するマーベル×Netflixドラマ『ディフェンダーズ』がスタート!

(2017/08/18更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


アイアンマン、スパイダーマンなど多くのヒーローを擁するマーベルが近年、映画だけでなくドラマにも力を入れている。Netflixではオリジナルドラマ『デアデビル』『ジェシカ・ジョーンズ』『ルーク・ケイジ』『アイアン・フィスト』が次々にスタートし、それぞれの主役がチームを結成する新ドラマ『ディフェンダーズ』が本日から配信を開始する。映画の世界で圧倒的な成功をおさめるマーベルはなぜ、ドラマ界にも進出するのか? デアデビル役のチャーリー・コックスと、アイアン・フィスト役のフィン・ジョーンズに話を聞くと“ドラマでしか描けないヒーローの魅力”が浮かび上がってきた。


チャーリー・コックス、フィン・ジョーンズ

フォトギャラリー

ヒーローが集結するマーベル×Netflixドラマ『ディフェンダーズ』がスタート!
ヒーローが集結するマーベル×Netflixドラマ『ディフェンダーズ』がスタート!
ヒーローが集結するマーベル×Netflixドラマ『ディフェンダーズ』がスタート!
ヒーローが集結するマーベル×Netflixドラマ『ディフェンダーズ』がスタート!
ヒーローが集結するマーベル×Netflixドラマ『ディフェンダーズ』がスタート!

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

マーベルの映画作品はすべて同じ世界観を共有しており、“MCU=マーベル・シネマティック・ユニバース”と呼ばれているが、ドラマの世界もそれぞれのヒーローのドラマが個別のシリーズで描かれるのと並行して、彼らが団結する新作が製作されることになった。盲目の戦士デアデビル、孤独な私立探偵ジェシカ・ジョーンズ、鋼の肉体を持つルーク・ケイジ、最強の拳を得たアイアン・フィストは、アメリカのNYに集い、“ディフェンダーズ”として強大な敵に立ち向かう。

映画の世界では、アイアンマンやキャプテン・アメリカたちが“アベンジャーズ”を結成しているが、ジョーンズは「アベンジャーズと違って、ディフェンダーズの4人は、チームを組んで共闘したいとまったく思ってないのが最大の違いかな」と笑顔を見せる。「そんな4人が、いかにして団結し、お互いを友人としてリスペクトするようになるかがドラマの最大のポイントなんだ」

ジョーンズが語る通り、本作では彼らがそれぞれの苦悩や痛みと向き合いながら、時に共闘し、時に反発しながらチームを結成していく。映画との最大の違いは「観客と登場するキャラクターが共に過ごす時間が圧倒的に長いこと」だとコックスは分析する。「僕(デアデビル)の場合だとすでに26時間も個別のエピソードがあり、残りの3人も13時間分のドラマが描かれている。ずっと観てくれている人は、すでにキャラクターのことをよく知っているから、この4人が集まった時にワクワクできると思うよ」(コックス)。「長い時間をかけてドラマを描くことで、登場人物の葛藤や動機、思考に入り込めるし、この4人は超スーパーヒーローじゃなくて人間味のあるキャラクターだから、長い時間をかけることで、観客は彼らの心理に深く入っていけるんだ」(ジョーンズ)

2時間強で物語の導入から結末まで描かなければならない映画と違い、ドラマではアクションなどの見せ場を盛り込みつつ、時間をかけて登場人物の内面を深く描くことができる。この仕組みは観客だけでなく、俳優にも様々な恩恵をもたらしているようだ。「観客がヒーローに共感を覚えるのは、活躍している場面じゃなくて、彼らが悩んだり、苦しんでいる場面だと思うけど、長いドラマシリーズだと、そういう面をしっかりと描けるから、俳優としてやりがいがあるんだ。スパイダーマンだったら、クモに噛まれて、自分にすごいパワーがあることに気づいた後、自宅に帰ってスーツを自作するシーンがあるよね? 僕はあの場面がすごく好きなんだけど、映画ならそこに割かれる時間は20分ぐらい。でも、僕たちはその部分を何時間も演じることができるんだよ」(コックス)

さらにジョーンズは「製作陣や脚本家チームが、時間かけて生まれたキャストの変化や化学反応をちゃんと汲み取って、脚本に反映させてくれるのがドラマの魅力」と力説する。「実は、4つの別のトーンをもったドラマがひとつになった時、どんなトーンの作品になるのか正直、誰もわからなかったんだ。驚いたのは、実際に撮影を始めると、みんなが思っていた以上に軽妙でユーモアのある作品になったこと。物語はシリアスではあるんだけど、『ディフェンダース』で初めて自分で自分を笑うようなシーンが演じられるようになった。それは計画されたことではないし、現場で起きたことなんだよ」(コックス)

長い時間をかけて、ひとつずつエピソードを積み上げていくことで、より深い物語とキャラクターを描くことができるドラマの利点を、彼らは最大限に活用している。そして、長い時間を共にする観客もまた、映画では味わえない体験や親近感を抱くことができるのではないだろうか。コックスは「その視点は想像もしてなかったけど」と前置きした上で「確かに僕も若い頃、ドラマ『フレンズ』のキャラクターと個人的な関係を持っている気持ちでいたよ」と振り返る。「“7人目のフレンズは僕なんだ!”って思ってた(笑)。そういう効果をドラマは持っているんだろうね」(コックス)。「自分で家の居間で観られるというのも大きいんじゃないかな。キャラクターとより個人的な関係を築けるのかも」(ジョーンズ)

Netflixはテレビだけでなく、PCやスマートフォンなど様々な機器で視聴できるため、『ディフェンダーズ』の登場人物たちは、これまでのヒーロー以上に身近な存在に感じられるかもしれない。アイアンマンやスパイダーマンよりも身近で、心の深い場所まで共有できるヒーローたちの物語がいよいよスタートする。

Netflixオリジナル『Marvel ザ・ディフェンダーズ』
8月18日(金) 全世界同時オンラインストリーミング

【関連リンク】
全世界同時リリース! 主演女優&監督が語るNetflixオリジナル映画『オクジャ』
大場つぐみ「これぞハリウッド」 Netflix『Death Note/デスノート』小畑健、描き下ろしイラスト到着
『ヒットマンズ・ボディガード』全米公開同日にNetflixで配信へ 激しいアクション捉えた予告編も
デヴィッド・フィンチャー監督最新作、Netflixオリジナルドラマ『マインドハンター』配信日決定&予告編公開

【注目のニュース】
第31回東京国際映画祭をLIVE配信
J・デップの新作が決定
『トラさん』ビジュアル&予告編
満足度第1位は『ごっこ』
『宇宙の法』が動員ランキングV2!
北米1位に『ハロウィーン』
モダン・アートの名品が勢ぞろいする『フィリップス・コレクション展』
『葬式の名人』公開決定
『蜜蜂と遠雷』映画化決定
『オボの声』監督&出演者が語る

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

TV放映予定の映画

便利ツール

ぴあ映画生活をより楽しむために

 


ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集