ただいまの掲載件数は タイトル60700件 口コミ 1162538件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 最新映画・DVDニューストップ > 松岡茉優、映画初主演決定!「大胆でファニーなアレンジに」 綿矢りさ原作『勝手にふるえてろ』

松岡茉優、映画初主演決定!「大胆でファニーなアレンジに」 綿矢りさ原作『勝手にふるえてろ』

(2017/03/14更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


若手演技派女優の松岡茉優が、『勝手にふるえてろ』で映画初主演を果たす。恋愛ド素人OLを熱演している。


『勝手にふるえてろ』

本作は2001年に『インストール』でデビューし、『蹴りたい背中』で第130回芥川賞を受賞した、作家・綿矢りさによる同名小説が原作。“脳内の片想い”と“リアルな恋愛”、同時進行で暴走するふたつの恋をリアルに、イタく、キュートに描く。

松岡が演じるのは、24歳まで恋愛経験ゼロのOL・ヨシカ。中学時代からの初恋の相手・イチとの思い出を振り返っては胸をトキめかせたり、毒のある本音を吐き出したりと、理想と現実を行き来するちょっと変わった不器用すぎる女子だ。ある日突然、暑苦しい同期の二から告白をされるヨシカ。人生初の告白にテンションが上がるも、いまいち二との関係に乗り切れない。そして「ひと目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、ありえない嘘をついて同窓会を計画するのだった。

本作のメガホンを執ったのは、「原作の切れ味のよい文体に惹かれた」と語る大九明子。『恋するマドリ』、『東京女子無印物語』、『でーれーガールズ』などで、現代の女性をリアルに、かつ優しい視線で描いてきた女流監督だ。松岡との作品作りは3本目。「松岡茉優さんは、彼女が18歳で出会った時から完璧に“松岡茉優”でした。わたくしすっかり甘えております。無茶な脚本を渡しても一緒に闘ってくれるという安心感もありました」と信頼関係を窺わせた。

映画初主演を果たす松岡は、「原作を拝読したとき、ヨシカの気持ちが暴れ放題のモノローグがあまりにも気持ち良くて、映像になったらどうなるんだろうと色々想像しておりましたが、大九監督の脚本が上がってびっくり。大胆でファニーなアレンジにわくわくしました。たくさんの人の肩を叩けますように。たくさんの人が人を愛おしく見つめてくれますように」とコメント。

また、原作者の綿矢も「気取った恋愛は書かないぞと決めて書き出した本作。情けなくも自分の信じるロマンに身も心も没頭する主人公が脚本にも受け継がれていて嬉しかった。映画撮影にもお邪魔したが、リアリティーと遊び心が絶妙に混ざりあった作品作りの雰囲気が伝わってきた」と仕上がりに期待を寄せている。

『勝手にふるえてろ』
今年全国公開

【関連リンク】
『恋するマドリ』作品情報
『でーれーガールズ』作品情報

【注目のニュース】
木村拓哉、舞台挨拶に“驚きと感謝”
アンセル・エルゴート主演最新作
『アクアマン』日本版本予告公開
『ドラゴンボール』新作が高評価!
橘ケンチ「日本酒の魅力を伝える語り部になる」
『アベンジャーズ』新作の邦題決定
『ドラゴンボール』新作が初登場第1位!
ヨーロッパ映画賞に『Cold War』
ディズニーデザインの真髄に迫る!
山田涼介主演『記憶屋』映画化

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

TV放映予定の映画

便利ツール

ぴあ映画生活をより楽しむために

 


『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 4DX体験レポート
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”