ただいまの掲載件数は タイトル60700件 口コミ 1162527件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 最新映画・DVDニューストップ > 貴重なフィルム上映も。「ナイト トリップ in PFF」が今週末より開催

貴重なフィルム上映も。「ナイト トリップ in PFF」が今週末より開催

(2014/05/12更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


9月に開催される映画祭「第36回PFF」のプレ・イベント「ナイト トリップ in PFF」が17日(土)から東京のテアトル新宿で開催される。会期中は過去に公開されて注目を集めた自主映画が多数上映され、監督による舞台あいさつも行われる。


第36回PFFプレ・イヴェント「ナイト トリップ in PFF」

フォトギャラリー

貴重なフィルム上映も。「ナイト トリップ in PFF」が今週末より開催
貴重なフィルム上映も。「ナイト トリップ in PFF」が今週末より開催
貴重なフィルム上映も。「ナイト トリップ in PFF」が今週末より開催

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

イベントでは、デジタル作品が全盛になった2000年以降の作品の中で、世界最大級の自主映画コンペティション“PFFアワード”に入選した13作品を連日、上映する。期間中には2013年度に準グランプリを獲得した『きみの信じる神様なんて本当にいるの?』の猪狩裕子監督、同年に『夜の法則』が審査員特別賞と日本ペンクラブ賞を受賞した山下洋助監督、同年エンタテインメント賞を受賞した『愛のはずみ』の佐藤悠玄監督、2012年に『Her Res 〜出会いをめぐる三分間の試問3本立て〜』が入選を果たした山戸結希監督が来場し、舞台あいさつを行う。

また、初日の17日(土)には1970〜80年代に話題を集めた自主映画をオールナイトで上映する。当日は会場に8ミリ&16ミリ映写機が設置され、手塚眞監督『MOMENT』や長崎俊一監督の『ユキがロックを棄てた夏』など7作品を可能な限り当時のままのフィルムで上映。近年、フィルムで製作される自主映画は激減しており、“PFFアワード”でも2000年には180本も応募があったフィルム作品も、先ごろ応募を締め切った2014年度ではたった1本になっているという。16ミリだけでなく35ミリ映写機も撤去する劇場が増える中、可能な限りオリジナルの状態で作品が楽しめるイベントは貴重な機会になりそうだ。

第36回PFFプレ・イベント 「ナイト トリップ in PFF」
5月17日(土)から23日(金)までテアトル新宿にて開催

第36回PFFぴあフィルムフェスティバル
9月13日(土)から25日(木)まで
東京国立近代美術館フィルムセンター(東京・京橋)にて開催
(以降、名古屋・神戸・京都・福岡にて順次開催)

【関連リンク】
「ナイト トリップ in PFF」開催記念ニコニコ生放送
映画の未来を応援! PFFがクラウドファンディングを実施
ぴあフィルムフェスティバル公式サイト

【注目のニュース】
『ドラゴンボール』新作が高評価!
橘ケンチ「日本酒の魅力を伝える語り部になる」
『アベンジャーズ』新作の邦題決定
『ドラゴンボール』新作が初登場第1位!
ヨーロッパ映画賞に『Cold War』
ディズニーデザインの真髄に迫る!
山田涼介主演『記憶屋』映画化
『映画ドラえもん』最新作予告編公開
2018年北米興行成績、史上最高になる見込み
『サムライマラソン』予告編

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

TV放映予定の映画

便利ツール

ぴあ映画生活をより楽しむために

 


『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 4DX体験レポート
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”