ただいまの掲載件数は タイトル59221件 口コミ 1148982件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 最新映画・DVDニューストップ > 南果歩、出演作が東京国際映画祭コンペ部門出品で満面の笑み

南果歩、出演作が東京国際映画祭コンペ部門出品で満面の笑み

(2010/09/30更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


第23回東京国際映画祭の記者会見が行なわれ、コペティション部門で上映される映画『海炭市叙景』の熊切和嘉監督、谷村美月、南果歩、竹原ピストルと、公益財団法人ユニジャパンの高井英幸理事長、映画祭チェアマンの依田巽氏が登壇した。

世界に数多く映画祭は存在するが、本映画祭は“エコロジー”をテーマに掲げて様々な取り組みを行っているのが最大の特徴で、依田チェアマンは「私がチェアマンに就任してから3回目の映画祭。最初から“ホップ・ステップ・ジャンプ”でやると申しましたので、今年は“ジャンプ”の年。これまで通り“グリーン”をメインカラーに作品の風を受けて飛躍したい」と述べ、上映作品についても「作品力のある、知名度のある。国際性のある作品を集めることに注力」したとコメント。本年度も映画祭初日のグリーンカーペットや全上映のグリーン電力の使用、地球環境について考える部門“natural TIFF”が継続開催される。

北海道・函館で撮影を行い、架空の町・海炭市で暮らす人々を描いた『海炭市叙景』を撮りあげた熊切監督は「ほんの小さな出会いから出来た映画がこんな大きな映画祭で上映されてうれしい」と語り、南は「函館の人々の熱情に支えられてできた映画。そんな作品が映画祭に出て、世界に発信されることを函館の方々とわかちあいたい」と笑顔を見せた。アイルランド生まれの映画監督ニール・ジョーダン氏が審査委員長を務めるコンペティション部門には本作のほかにも、新藤兼人監督の『一枚のハガキ』や、キャリー・マリガン主演の『わたしを離さないで』など全15作品が出品され、映画祭最終日に最高賞“東京サクラグランプリ”が選出される。

第22回東京国際映画祭は23日(土)から六本木ヒルズをメイン会場に9日間の会期で開催され、ほかにもエンターテイメントに特化したビジネスマーケット「TIFFCOM 2010」や、関連企画も開催される。

「第23回東京国際映画祭」
期間:10月23日(土)〜31日(日)
会場:六本木ヒルズほか都内各所で開催

【関連リンク】
「第23回東京国際映画祭」公式サイト

【チケット情報】
「第23回東京国際映画祭」/前売券



フォトギャラリー

南果歩、出演作が東京国際映画祭コンペ部門出品で満面の笑み
南果歩、出演作が東京国際映画祭コンペ部門出品で満面の笑み
南果歩、出演作が東京国際映画祭コンペ部門出品で満面の笑み
南果歩、出演作が東京国際映画祭コンペ部門出品で満面の笑み
南果歩、出演作が東京国際映画祭コンペ部門出品で満面の笑み

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。


【注目のニュース】
「新・伊藤さとりと映画な仲間たち」#23
平手友梨奈主演『響 -HIBIKI-』予告映像
是枝裕和監督最新作、製作決定
GINZA SIX屋上庭園にチームラボ作品登場
『コールドケース2 』第2弾ゲスト俳優発表
上田慎一郎監督、VR映画に挑戦
今年のエミー賞ノミネーションは
仏の名優が主演する注目作が公開
『ジュラシック…』監督が語る
『グリンチ』日本版予告公開

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1 2 3 4 5 6

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

便利ツール

ぴあ映画生活をより楽しむために

 


『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる夏号が7/10発売!
15周年となる今年はココが違う!《SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018》 特集
シリーズのテーマを掘り下げた革新の一作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』ほか、押見修造漫画の映画化『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』『グッバイ・ゴダール!』など話題作更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
興収1000億円超えのシリーズがついに完結! 『メイズ・ランナー』大ヒットの秘密に迫れ!
総製作費100億円の超大作、待望の新章が日本最速独占放送!『ウエストワールド シーズン2』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
未来の映画監督たちよ、ここに集え!