ただいまの掲載件数は タイトル64698件 口コミ 1175650件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 昭和残侠伝 死んで貰います > 感想・評価 > おもしろい。健さん、演技はへただだけど大好き。

おもしろい。健さん、演技はへただだけど大好き。

70点 2010/8/10 8:26 by 未登録ユーザ ニコラ

「死んで・・・貰います」。・・・の間合いが歌舞伎みたいで好きだ。健さんのファンだが演技はなかなか上達しない。健さんだから許す。ヤクザと暴力団と任侠と次郎長の違いは分からないし、支持するつもりはないが、この世界でしか生きられない人もいる。「堅気に弱い」美学を貫徹してほしい。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

  • 覚書

    2016/10/8 20:30 by ニコラ

    2010年に投稿した時、「唐獅子牡丹」と間違えてました。時効ですね?
    池部良:1916年(大正5年)2月11日〜2010年(平成22年)10月8日、94歳、合掌。

  • もはや…

    2016/10/8 22:06 by 青島等

    アラビア数字すら満足に読めない御老体
    odyssさんや無責任な傍観者に何度注意されても懲りない御仁

    >池部良:1916年(大正5年)2月11日〜2010年(平成22年)10月8日、94歳

    爺さんがWikipedia丸写しなのは周知(羞恥)の事実ですが
    大根役者=池部良は1,918年生まれ(年齢詐称の記述皆無)
    ウィリアム・ホールデンと同い年なんですよ。
    1,916年生まれはグレゴリー・ペックや有島一郎。

    なぜなら第二次世界大戦に出征した世代だからサバ読み御法度世代

    3歳児なら誰もが皆も知っている8=はち 6=ろく

    もしや牧坂満と同じで馬鹿にされるのが生き甲斐なんでしょうか?

満足度データ

昭和残侠伝 死んで貰います
100点
3人(13%) 
90点
7人(30%) 
80点
7人(30%) 
70点
3人(13%) 
60点
1人(4%) 
50点
2人(8%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
23人
レビュー者数
13
満足度平均
81
レビュー者満足度平均
84
ファン
6人
観たい人
7人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

  • すかあふえいす
  • すえりん
  • 泥エモンx
  • 黄金時代

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

昭和残侠伝 死んで貰います [DVD]

  • 定価:3024円(税込)
  • 価格:2672円(税込)
  • OFF:352円(11%)

昭和残侠伝 死んで貰います [Blu-ray]

  • 定価:3780円(税込)
  • 価格:2810円(税込)
  • OFF:970円(25%)

昭和残侠伝 死んで貰います [DVD]

  • 定価:4860円(税込)
  • 価格:3190円(税込)
  • OFF:1670円(34%)

 

『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019』特集
正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
歴史に残る“クライマックス”を見逃すな!『アベンジャーズ/エンドゲーム』特集
WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ