ただいまの掲載件数は タイトル64942件 口コミ 1178209件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 昭和残侠伝 死んで貰います > 感想・評価 > 恐れ入りやした120点満点!

恐れ入りやした120点満点!

100点 2010/1/25 20:45 by のひと

1/25KAVCにて。ショック!!!映画を観て思わず拍手を送りたくなる映画が人生に何本ありましょうか。見事としか言いようがありません。たまたま観ましょうという話になって、観せていただいて大正解でしたW 最近の映画やテレビとか、時代劇ならチャンバラとかが、いかに安っぽくて中身がなくておもしろくないかということを思い知らされた感じがします。
自分の中では、肩もみするシーンがぐっときましたが、「何年でも待ちます」のひとことで、崩れ落ちてしまいました。
また、右手か左手かを昔ヤラれなさったやくざな方が帰っていく際に「毎度有り難う御座いますぅ」と声をかけるシーンは笑うた。
好きなシーンやら、息を飲むシーンやら、あれは誰だったやら、あのひとが懐かしいやら若いやら、観終わってからいっぱい語れるので楽しいですね。
これ一本観ただけで、見せていただいたというずっしりとした達成感のようなものが残りました。映画は2、3本立て続けに観たって、平気なときもありますが、これはそういう訳にはいきません。全身全霊をもってシーンの一瞬一瞬を受け止めねばならないからです。
読んでいただくだけ無駄なレビューですが、最高だということだけはできます。ご覧になったことのない方はぜひ劇場で(上映される機会があれば)ご鑑賞ください。多少大きな液晶テレビで観たところで、絶対にこの感覚は味わえないでしょう。早くも2010年のベストになりました。ありがとうございました。
高倉健さんは近頃如何お過ごしでしょうか。

 

1人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

昭和残侠伝 死んで貰います
100点
3人(13%) 
90点
7人(30%) 
80点
7人(30%) 
70点
3人(13%) 
60点
1人(4%) 
50点
2人(8%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
23人
レビュー者数
13
満足度平均
81
レビュー者満足度平均
84
ファン
6人
観たい人
7人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

  • 泥エモンx
  • すかあふえいす
  • 黄金時代
  • すえりん

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

昭和残侠伝 死んで貰います [DVD]

  • 定価:3024円(税込)
  • 価格:2672円(税込)
  • OFF:352円(11%)

昭和残侠伝 死んで貰います [Blu-ray]

  • 定価:3780円(税込)
  • 価格:2810円(税込)
  • OFF:970円(25%)

昭和残侠伝 死んで貰います [DVD]

  • 定価:4860円(税込)
  • 価格:3190円(税込)
  • OFF:1670円(34%)

 

進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019』特集
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ