ただいまの掲載件数は タイトル64968件 口コミ 1178370件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > バス停留所 > 感想・評価 > ドンくさい マレに見るよな でくのボウ

ドンくさい マレに見るよな でくのボウ

60点 2012/3/16 20:31 by 青島等

マリリン・モンローはミシェル・ウィリアムスなど寄せ付けない容姿
だが“可愛いオバカ”からの脱皮を目指しアクターズ・スタジオで
演技の勉強をやり直し ハリウッド復帰の第一作では進歩した?

むしろ厚化粧に拍車がかかり演技しようとムキになって痛い
同じフォックスからジェーン・マンスフィールド
パラマウントのシャーリー・マクレーンとか
コロムビアのキム・ノヴァク等々…更には
同じアクターズ・スタジオからもキャロル・ベイカーが登場し
ライバルだらけ、その焦りは今の沢尻エリカなど問題じゃない!

前置きが長くなったが、筋は軽く単純明快

モンタナからバスでフェニックスまで来た老若カウボーイ二人
目的は若造のロデオ大会出場+α
ところがαの方が大きくなって一方的な■の押し売り

モンロー演じる歌手シェリーはまたも受身の立場であり不満

もっぱら目立つのはデクノボウな若造ボウばかり
ボウの容ボウはアール・ホリマンに似て(※)
いやぁ〜マニアックというか分かり難い表現だな、
ジャック・レモンとジェリー・ルイスを足して2で割ったような
もっとハッキリ言うとジム・キャリーから知性を100%抜いた顔

ボウの師匠兼相棒である老カウボーイがアーサー・オコンネル
まだ47歳なのに60過ぎの爺さん顔だった、
いつどの映画でも常に爺さんである。
たいてい古女房や交際中のオバハンに頭が上がらない爺さん
でもそれだけにこの爺さんが登場するだけで妙に嬉しくなる。

監督のジョシュア・ローガンは元々舞台演出家で
ジミー・スチュアートとはプリンストン大学の同窓生
「ミスタア・ロバーツ」の手直しが認められて映画に進出し
何本か撮ったが結局映画界では大成しなかったみたいだ。

デラックスカラー&シネマスコープ画面を95分はやや冗長

※「OK牧場の決斗」はランカスター保安官の弱そうな助手
「ガンヒルの決斗」はカーク・ダグラス保安官に捕まる容疑者
「エルダー兄弟」はジョン・ウェインと一緒に足を鎖で繋がれる三男

 

1人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

  • 今ならば 接近禁止の ストーカー

    2012/3/19 17:44 by ありりん

    こんにちは、夢寝さん。

    > マリリン・モンローはミシェル・ウィリアムスなど寄せ付けない容姿

    これ、賛成。よく「モンローの再来」とメディアがたやすく騒ぎますが、そうそう「再来」されてたまるか、と言いたい。モンローはモンローだけ。

    > もっとハッキリ言うとジム・キャリーから知性を100%抜いた顔

    そうそう、これ、これ。実に的を得ている(笑)なんで、この人がモンローの相手役??と子供心に不審であった。全然いい男じゃないしね。気持ち悪い。

    > 演技の勉強をやり直し ハリウッド復帰の第一作では進歩した?

    この「バス停留所」、私は初期の作品だと思い込んでたんですが、そうですか、勉強したあとの復帰作だったんですね。にしては、あまり、演技力は必要とは思えない役ですが、作品の選び方を間違えてるような…。エージェントが悪いのか、セックス・シンボルにふさわしい役を無理やり押し付けられたのか?

    モンローという女優は謎めいた死に方も手伝って、今もなお何かと話題になります。リアルタイムで彼女の活躍ぶりを知らない私ですら、モンローの名前が出てくるとそれだけで想像力が掻き立てられます。
    「マリリン 七日間の恋」がもうすぐ公開。似ても似つかない女優ですが、どこまでモンローの素の姿に肉薄できるのか、興味津々です。

  • 習うより 慣れろと言うは アメリカも

    2012/3/20 0:22 by 青島等

    ありりんさん、

    実は子供の頃はマリリン・モンローに反感を持っていました。

    自称ジャズ歌手=野坂昭如がエッセイや歌でヨイショし
    そのフレーズを真似た友人が天然か故意か
    “マリリン・モンロー〜脳足りん〜♪”

    マッドアマノが駅に貼ったり電車内に吊るしたポスター
    ≪帰らざる傘≫を自画自賛したりで…食傷気味と言うか

    >そうですか、勉強したあとの復帰作だったんですね
    >にしては、あまり、演技力は必要とは思えない役ですが

    モンローは被写体として天賦の才能を持っていた つまり
    どんな表情やポーズが男性を虜にするかを熟知

    容姿には自信満々でも同時に学歴や教養には劣等感を持ち
    製作者や監督からバカにされる事に憤りを感じていたから

    「ナイアガラ」で人気ブレイクした翌年と翌々年に登場した

    「波止場」のエヴァ・マリー・セイントや
    「ピクニック」のスーザン・ストラスバーグに衝撃を受け

    アクターズ・スタジオ仕込みメソッドこそ演技派への転進とか
    流行の先端で尊敬される…って勘違いしたのだと思います。

    本当はどの評伝や研究書を見ても必ず記述されている遅刻癖
    これこそ悲劇の始まり いや諸悪の根源だと思うのですが、

    >リアルタイムで彼女の活躍ぶりを知らない私ですら、
    モンローの名前が出てくるとそれだけで想像力が掻き立てられます

    同感ですね。
    もしも四半世紀早く生まれていたら果たして自分は
    モンロー・ファンになっていたか?…って時々考えます

    この反実仮想は他のスターにもあてはまりますけど…

    >エージェントが悪いのか、

    ハイ、エージェントはきっと無能揃いだったと思います。
    有能ならば先ず遅刻癖を止めさせていた筈だから

  • 光陰矢の如し…

    2019/6/13 0:01 by 青島等

    レビューから既に7年以上前経った

    >…焦りは今の沢尻エリカなど問題じゃない!

    2,012年は長澤まさみ、絢瀬はるか、新垣結衣たち同世代が絶好調だったが
    復帰後沢尻エリカは再評価され、今や最も組みたい女優ランキング上位

    一方的に好きに成ったが彼女にとっては迷惑でしかないパターンは
    「地獄問」<リンクURL>私の嫌いな長谷川一夫と一緒(笑)
    自信満々で女に迫るにはカーク・ダグラスやランカスターみたく
    同性が真似したくなるキラー・スマイル(※)が無きゃダメだよ(爆)

    ドン・マレーは本作で第29回アカデミー助演男優賞ノミネートだが
    実質的主演、収益が同年「底抜け西部へ行く」<リンクURL>の倍の額だから
    20世紀フォックスの宣伝力がパラマウントより高かったに過ぎない

    批評家は“MMの演技は「バス停」以降は格段に上がった”と言うが
    愚鈍な私には少しも巧く成ったとは思えず自意識過剰になっただけ(涙)

    ※本来の意味は小池徹平の曖昧な笑顔じゃない危険なタフガイです。

満足度データ

バス停留所
100点
1人(4%) 
90点
0人(0%) 
80点
1人(4%) 
70点
5人(22%) 
60点
7人(31%) 
50点
3人(13%) 
40点
2人(9%) 
30点
2人(9%) 
20点
0人(0%) 
10点
1人(4%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
22人
レビュー者数
9
満足度平均
57
レビュー者満足度平均
60
ファン
1人
観たい人
12人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

  • プリっち☆

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

マリリン・モンロー コレクション2  [DVD]

  • 定価:21528円(税込)
  • 価格:18000円(税込)
  • OFF:3528円(16%)

バス停留所[スタジオ・クラシック・シリーズ] [DVD]

  • 定価:3076円(税込)
  • 価格:2691円(税込)
  • OFF:385円(12%)

バス停留所 [DVD]

  • 定価:2700円(税込)
  • 価格:2362円(税込)
  • OFF:338円(12%)
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019』特集
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ