ただいまの掲載件数は タイトル55768件 口コミ 1103864件 劇場 582件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 沈黙は金 > 感想・評価 > 映画はこういうふうに作るもの

映画はこういうふうに作るもの

90点 2017/4/21 18:19 by odyss

最近DVDにて。

ルネ・クレールが戦後すぐに作ったモノクロ映画。彼は第二次世界大戦中は(故国フランスがナチス・ドイツに占領されたため)アメリカに亡命していたので、この映画はフランス復帰第一作になります。

舞台はベル・エポック期(第一次世界大戦のすこし前)のパリ。
冒頭、映画館が出てきます。時代が時代だからむろんサイレント映画。
場内では弁士が映画の進行を説明し、ピアニストが演奏をしています。この頃のサイレント映画は弁士と音楽付きだったということがよく分かるシーンです。

この映画の主役は中年の映画監督エミール。昔は俳優だったという設定。独身。
或る日、むかし一緒に俳優をやっていた友人と久しぶりに再会する。実は友人はエミールが恋していた女優と結婚したという事情があり、恋敵でもあった。しかし当時から約20年が過ぎた今、友人の妻となった女優は亡くなり、娘がひとりいるものの親戚の女性に預けているという。しかも友人はこれからパリを離れて公演旅行をしなければならず、娘とは当分会えないというような話をします。

その数日後、エミールが自宅に戻ってくると、家の前に若い娘がひとり立っている。なんと、かの友人の娘マドレーヌ。結局エミールはマドレーヌを家においてやることにするのですが・・・

筋書きは古典的な意味でよくできており、繰り返しの技法も生きていて、映画はこういうふうに作るんだよとルネ・クレールが言っているみたいな作品。

またマドレーヌ役のダニー・ロバンが、撮影当時19歳の若さで、清楚な美貌がきわだっています。脇役女優も美人揃い。やはり映画は美人女優を活かして作るものですよね。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

沈黙は金
100点
1人(50%) 
90点
1人(50%) 
80点
0人(0%) 
70点
0人(0%) 
60点
0人(0%) 
50点
0人(0%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
2人
レビュー者数
2
満足度平均
95
レビュー者満足度平均
95
ファン
1人
観たい人
0人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2017 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

  • ニコラ

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

沈黙は金 [DVD]

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:1477円(税込)
  • OFF:2627円(64%)

 

タツノコプロ55周年記念作品『破裏拳ポリマー』のココに注目!
ぴあ Movie Special 2017 Spring ぴあ映画特別号 春号登場! 春の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
2大巨匠が初タッグを組んだ傑作サスペンス・スリラー!『11.22.63』特集&イッキ見試写会レポート
90年代の名作が20年ぶりに帰ってきた! 映画論評・批評の新コーナー“critic” 『T2 トレインスポッティング2』ほか感動作『LION/ライオン』『ハードコア』『グレートウォール』等続々更新中
PFF福岡開催記念!“3つ”のお得なクーポン&割引キャンペーン!
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝