ただいまの掲載件数は タイトル61080件 口コミ 1165380件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ハウルの動く城 > 感想・評価 > ここだけの話

ここだけの話

70点 2004/12/19 1:17 by 未登録ユーザ レクター博士

といって、他でもするのかも...。
殆どのレスを読んでいませんので、というエクスキューズを
前提に、重複する話かもしれないのはご勘弁を。

宮崎監督とも親交のある、古参の業界人のお話を聞きました。

この作品は宮崎監督では無い方が先行してシナリオ制作を
していたのですが、なかなか完成せずに行き詰まり、
あろうことか、中途で投げ出してトンズラしました。
業界的に許されない状況。で、「城が動く」というだけで
制作のゴー・サインを出した手前、宮崎監督が引き継ぎ、
仕上げることになったのです。
やむに止まれず、での再出発でした。
公開時の舞台挨拶に出られなかったのは、ジブリ美術館で上映する
短編に掛かっていたからです。
これも、世界的になった監督が数々のプレッシャーをかわす意味で、
軽い作品でリハビリし、次回作へのステップとしていたのが理由。

ですから「映画にならない」原作をもとに、ダメな部分を
全てバッサリと切り捨て、換骨奪胎して、ここまで仕上げたのです。
因に、あの「炎君」は宮崎監督が描きました。
何故なら、人間ではないキャラを動かす事が、今の若い
アニメーターには出来ないからです。
人間なら描けますが、ミッキーやドナルドダック的な、
この世のモノではないキャラに「命」を与える技が無いのです。
これは業界の「才能」の払底であり、憂慮すべきというより、
恐ろしい、危機的状態なのです。

で、これで宮崎監督は引退か?
高畑氏曰く、宮さんは新しい作品を描かずにはいられない人。
だから、そうはならない。とのこと。
新しい作品の「構想」もある、そうですよ(^-^)

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

  • 多くの人が違和感を感じたらしいです

    2004/12/19 10:33 by ゴウ

    > この作品は宮崎監督では無い方が先行してシナリオ制作を
    > していたのですが、なかなか完成せずに行き詰まり、

    私を含め、多くの人が「ジブリっぽくない」と指摘しているこの作品ですが、やはり別の方がシナリオの大元を作成しているのが原因なんでしょうかね。東映の若い演出家さんと聞いたことがありますが、その方というのは女性なのではないでしょうか。作品を見てそんな気がしました。背負い込んだものが大きすぎたのかも知れませんね。

    でも、それが本当なら、ハウルを見た時に感じた『違和感』は間違いじゃないということになりますよね。

  • 噴飯モノのデバガメ感性。

    2004/12/19 11:33 by STAYGOLD

    →因に、あの「炎君」は宮崎監督が描きました。
    何故なら、人間ではないキャラを動かす事が、今の若い
    アニメーターには出来ないからです。
    人間なら描けますが、ミッキーやドナルドダック的な、
    この世のモノではないキャラに「命」を与える技が無いのです。
    これは業界の「才能」の払底であり、憂慮すべきというより、
    恐ろしい、危機的状態なのです。

    自分が見たわけでは無いのに、伝聞だけでよくここまで書けますね。
    伝聞だけが根拠でしょ。貴方が見たの、その世界を。全てのスタジオを。
    若手アニメーターたちは、と言い切るなら、それだけの自信があるでしょうね。

    人間を動かすことも、想像のモノを動かすのも同じくらい技量を伴います。
    写実と想像。どちらもセンスが必要なのです。そんなの、当たり前の常識。

    若手の育成は、どこの世界でも急務。それは創作の世界に限らないハズ。

    私も似たような業界で若手を導く立場にいるので、あなたのこの書き込みは
    言いようの無い不快感を感じました。語り口には、工夫があってしかるべき。
    ことばのナイフでズタズタに切り刻んでもイイと言う感性の方なら、
    仕方ないですけどね。

    見込んだ人間にトンズラこかれても、トップがケツ拭くのは当たり前のコト。
    特にめずらしくもない。
    それにジブリの短編が忙しくても、カントクには作品についてコメントする
    責任はあったと思います。作品を世に出したのだから。
    責任が持てないならツブすべきです。リライトしたら、もう彼の作品ですから。

    正直、作品の出来は今ひとつだと思います。理由は一つ。
    若手ジブリ作品風味とミヤザキ風味のヘタなハイブリッドなのですよ。
    カラーがハッキリしない。カオスなのですよ、世界が。

    責任が持てないなら作品をツブして次のタイトルにかかるべき。
    興行的、根回し的なケツ拭きはミヤザキカントクでは無く、
    展開担当の鈴木某が持つべきでしょうナ。
    ダーティーワークをこなすのも彼の仕事だから。クリエイターズを汚さない為にも。
    「イノセンス」のパブ失敗のときと同様、彼も能力の無さを露呈した形ですね。

    まあ、結果出さなきゃ次は無い。そういう意味ではこういうフェイクタイトルでも
    お金が落ちているので成功なのでしょう。
    クリエイターのきもちなど、どうでも良くてね。

    それにしてもホント気分悪いカキコでした。
    ここまでムカついたのは、ここ来る様になって初めてだよ。

    古参の書き手さんなのにねえ。
    私もなぜミヤザキ作品が声優を使わなくなったのか、には言及したことはあるけど、
    きちんと裏づけ要素を取ってます。
    それでも私はジブリの人間じゃ無いから100%の精度は持てないけど。

    伝聞だけのデバガメ論理を展開する時は、自らキッチリと表現コードを設けて欲しい
    ものですね。マジで。

  • Re: ここだけの話

    2004/12/19 16:36 by rabbit

    トンズラしたかどうかは分かりませんが、
    確かに最初予定されていた方がいて、
    途中から宮崎監督に交替したというのは、
    私も他で読んだし、事実でしょう。
    でも、だからって今回の作品を、
    適当に(それなりに)まとめ上げた物と見るのは、
    ちょっと乱暴な気がします。
    「宮崎駿監督作品」とキッチリ記されている以上、
    途中で交代したにせよ何にせよ、
    宮崎監督がこれまでと同じように、
    信念を持って作り上げ、
    世に送りだした作品なのだと思います。
    「ジブリ美術館で上映する短編に掛かっていて
    公開時の舞台挨拶に出られない」
    というのは、事実でもあるでしょうが、
    同時にインタビューを断るための
    方便でもあったのでは。
    どの雑誌にも、パンフレットにさえ
    彼のコメント、インタビューは載っていません。
    これを、
    「ヘンな映画作ってしまって
    恥ずかしくて世間に顔向け出来ない」
    という彼の責任回避と取るか、
    「解釈は観た人それぞれ。
    メッセージはすべて作品の中にある」
    という彼の信念と取るかは、
    監督本人が真相を語るまで、
    個人のこの作品のとらえ方で違ってくるだろうし、
    それでよいのだとは思いますが。

    >新しい作品の「構想」もある、そうですよ

    これは本当楽しみですね。

  • 肝心なところは...

    2004/12/20 0:12 by 未登録ユーザ レクター博士

    STAYGOLDさま。
    貴方はアニメ業界の方ですか?
    何だか、ココでストレスを吐き出されたようで(^-^)。
    宮崎監督への不満は他でお願いします。
    >貴方が見たの、その世界を。全てのスタジオを。
    そんなことは一言も書いてません。
    >宮崎監督とも親交のある、古参の業界人のお話を聞きました。
    これをお忘れになっていません?
    他のアニメ・スタジオのスタッフの事は知り得ませんし、
    知らねーのか、と言われてもねえ。業界通でも無いし。
    知人が言っておりました。かつての原画マンなどが居ない、と。
    これは重要です。スタッフ・ロールで確認したようです。

    他の業界の事まで考えていたら、何も書き込めませんよ。
    他の業界の事、その若手育成の当事者の「心」まで斟酌しろ、
    と言われるのですか。
    「ここだけの話」で完結したいですね。

    >これは業界の「才能」の払底であり、憂慮すべきというより、
    >恐ろしい、危機的状態なのです。
    これは、私の感想であります。そう、業界の全てを知り得ない。
    ですから、そこに言及されても答えるスベがありません。
    >若手育成の当事者の「心」は伺いしれません。

    私の書き方の不備がレスの骨子と問われれば、反省致します。
    作り手の側からすれば「失礼」なカキコでしょう。
    ですが、ハッキリ言って、料金を払って行く観客には別。
    私も観客。裏事情なんかどうでもよろしい。

    >全てバッサリと切り捨て、換骨奪胎して、ここまで仕上げたのです。
    「よくぞここまで」という賛辞なのです。説明不足でしたが...。

    「炎君」は説得力が有り、「生きて」います。
    そこが肝心な所です。私のカキコの真意。

    P.S. <自らキッチリと表現コードを設けて欲しい>
      どうすれば良いのでしょう。お教え下さい。

  • 論理のすり替え

    2004/12/20 1:43 by STAYGOLD

    まず論理のすり替えはやめましょうよ。

    私は宮崎カントクへの不満ではなく、貴方の下品なカキコミへ
    噛み付いたのです。悪しからず。
    ストレスがあるとしたら元は貴方カキコです。レクター博士さま。

    まあ、私はアニメ業界の人間ではありませんがね。
    似たような形で原画マンや声優もブッキングしたりしますが。

    →>宮崎監督とも親交のある、古参の業界人のお話を聞きました。
    これをお忘れになっていません?
    他のアニメ・スタジオのスタッフの事は知り得ませんし、
    知らねーのか、と言われてもねえ。業界通でも無いし。
    知人が言っておりました。かつての原画マンなどが居ない、と。
    これは重要です。スタッフ・ロールで確認したようです。

    なんすか、これ。ジブリの中に過去の原画マンがいないってこと?
    それ、アニメ業界の若手ウンヌンに全然関係無い話じゃないすか。
    ジブリの内部事情。ジブリのみで終わること。
    え〜、それであの書き方は無いでしょう。
    業界全体としか読み取れませんよ。ジブリには、って書いて無いし。

    →他の業界の事まで考えていたら、何も書き込めませんよ。
    他の業界の事、その若手育成の当事者の「心」まで斟酌しろ、
    と言われるのですか。
    「ここだけの話」で完結したいですね。

    別に意見は自由。ただ、もう少し整理して書き込んだらいかが。
    これはジブリのみの話であることがキチンと伝わる様にね。

    →私の書き方の不備がレスの骨子と問われれば、反省致します。
    作り手の側からすれば「失礼」なカキコでしょう。

    創り手の側以前に常識的な問題ですよ。
    失礼ですが貴方の書き方は未来を憂慮するという風には受け取れません。
    私のおそまつな読解力ではとてもね。
    私、知ってます!的な下品な出歯亀興味しか浮かび上がらない。

    あ、宮崎カントク援護は伝わりますネ。それはイイんじゃ無いすか。

    →ですが、ハッキリ言って、料金を払って行く観客には別。
    私も観客。裏事情なんかどうでもよろしい。

    じゃあ、前記のような余計なコトは書かなければ宜しい。
    それだけです。
    貴方が自分の仕事でそういう風に言われたらどうですか。
    金払ってるんだから、関係ないとね。
    それでも、ああそうですかと言うんですか。
    もしそうならオトナですね。

    フツーはそのアタリは汲むんじゃないかな。
    それとも若手への不満が作品の出来を落としてる訳?
    もともと若手を登用したのはジブリのトップでしょ。
    自業自得なのに。まったく意味ワカラン。

    →「炎君」は説得力が有り、「生きて」います。
    そこが肝心な所です。私のカキコの真意。

    ならカルシファーを仕上げた宮崎カントクが素晴らしい。さすがだ。
    そう書けばいいんじゃ無いですか。余計な比較はせずに。

    →P.S. <自らキッチリと表現コードを設けて欲しい>
      どうすれば良いのでしょう。お教え下さい。

    いいオトナなんだから、そのぐらい自分でわかるのではないですか?
    まあ、あえていうならマジレスに(^-^)なマークを貼り付ける神経は、
    私の常識には無いです。それぐらいですネ。

  • Re: ここだけの話

    2004/12/20 10:38 by 未登録ユーザ DONT BOX BE IN

    > といって、他でもするのかも...。
    > 殆どのレスを読んでいませんので、というエクスキューズを
    > 前提に、重複する話かもしれないのはご勘弁を。
    >
    > 宮崎監督とも親交のある、古参の業界人のお話を聞きました。
    >
    > この作品は宮崎監督では無い方が先行してシナリオ制作を
    > していたのですが、なかなか完成せずに行き詰まり、
    > あろうことか、中途で投げ出してトンズラしました。
    > 業界的に許されない状況。で、「城が動く」というだけで
    > 制作のゴー・サインを出した手前、宮崎監督が引き継ぎ、
    > 仕上げることになったのです。
    > やむに止まれず、での再出発でした。
    > 公開時の舞台挨拶に出られなかったのは、ジブリ美術館で上映する
    > 短編に掛かっていたからです。
    > これも、世界的になった監督が数々のプレッシャーをかわす意味で、
    > 軽い作品でリハビリし、次回作へのステップとしていたのが理由。
    >
    > ですから「映画にならない」原作をもとに、ダメな部分を
    > 全てバッサリと切り捨て、換骨奪胎して、ここまで仕上げたのです。
    > 因に、あの「炎君」は宮崎監督が描きました。
    > 何故なら、人間ではないキャラを動かす事が、今の若い
    > アニメーターには出来ないからです。
    > 人間なら描けますが、ミッキーやドナルドダック的な、
    > この世のモノではないキャラに「命」を与える技が無いのです。
    > これは業界の「才能」の払底であり、憂慮すべきというより、
    > 恐ろしい、危機的状態なのです。
    >
    > で、これで宮崎監督は引退か?
    > 高畑氏曰く、宮さんは新しい作品を描かずにはいられない人。
    > だから、そうはならない。とのこと。
    > 新しい作品の「構想」もある、そうですよ(^-^)

    >はじめまして、STAYGOLD氏とレクター氏にではなく、違和感を感じられたというゴウ氏に対してなのですが、降板された東映の演出という方はとても才能のある若手と私は思っています。(何本か作品を見ています)
    なぜ降板したかは知る由もないのですが、違和感を感じたのならあきらかに宮崎氏の作品に対してと思いますよ。
    なぜなら宮崎氏はシナリオは叩き台でしかありえずコンテで作品を作る、とのことです。

    宮崎氏はシナリオが有っても作品を作る際には徹底的に作り直します。
    ましてや使い物にならないと判断したシナリオを基にした作品など作る訳がありません。
    ですから私も作品の不出来を宮崎氏の他にある、と言うのは違うと思います。
     不出来と書いてしまいましたが、私はハウルをまだ観ておりませんので、私自身は作品については言う資格がありません。
    あくまで違和感を感じた、ということに対しての意見と思ってください。

  • レクター博士さま。

    2004/12/22 2:15 by STAYGOLD

    私のツッコミに対する去勢のご意見をお待ちしております。
    スルーならそれで良し。選択は自由。
    もしご自分で理論武装がおありなら、ぜひカキコくださいな。
    デバガメじゃ無い。業界を憂いてると。

    山猫の時にみたく誰かを壁に使わずにね。
    あくまで自分の意見にマルシー付けて述べてくださいよ。

    私もこのままじゃ折り合えません。
    ガス抜きに貴方に文句つけたみたいな書き方されてますからね。
    ホントのハンニバル・レクター博士はこういう輩はFUCKでしょ。
    素敵にズバズバ料理しちゃうんじゃないですかネ〜。
    裏逃げは無しで暴れウマを馬刺しにしてくださいヨ。待ってます。

  • 欠落した情報」が、 「映画」を観る観客にマイナスの影響を与えるなら!?

    2004/12/24 1:12 by 未登録ユーザ レクター博士

    STAYGOLDさま。

    >宮崎監督とも親交のある、古参の業界人のお話を聞きました。
    キャリアの初めから宮崎監督と同じ会社で働いていた方のご意見。
    淀川長治先生との親交も有り、毎月一回、私はお話を聞く機会があって、
    それも淀川先生からの薦めで今日まで続いています。
    かつてキネ旬の選考委員で、信用を得ている方です。
    毎月、様々な映画の試写会での新作や、業界の話を先行して伺います。
    もう、12年も経ちますし、セル・アニメは勿論の事、旧ソ連や東欧の
    人形アニメ等にも精通した方のご意見を「伝聞」として書きました。

    >自分が見たわけでは無いのに、伝聞だけでよくここまで書けますね。
    この方のお話ですから、ねえ。
    が、私の「憂い」や「書き方」が、STAYGOLDさまの「琴線」に触れた
    のなら、それは望外の事。失礼致しました。

    >デバガメじゃ無い。業界を憂いてると。
    裏話はマニア以外には必要がない「情報」かもしれませんが、
    出来上がった「映画」を観る観客に、「欠落した情報」が、
    作品としての「映画」を観る観客にマイナスの影響を与えるのなら、
    そのままにしてはいけない、と思っただけです。

    確かに、私の感想と、「古参の業界人」の意見とを、混ぜこぜにした、
    と思われたも仕方ない書き方でした。
    この点は反省しております。

    今回に限りませんが、自分の思いを全方位的に、納得いく形で、
    誤解の無い様に文章にする事は至難の業です。
    それが出来るなら、その道でメシを喰ってます。

    納得して頂けましたでしょうか...。
    本文での(^-^)の挿入は止めました。
    個人のレスの「書き方」までご指南。
    余計なおせっかい、と言うものです。

  • 何故そんなに…

    2004/12/24 6:09 by 未登録ユーザ

    STAYGOLDさんどうしてそんなに噛み付くのでしょうか?

    最近のアニメではロボットや人間以外のモノが生きてないのは僕も思いますし。
    何より若手の衰退はどこの業界でも同じだからこその危機なのではないでしょうか?

    レクター博士さんは「アニメ業界にはこういう危機があると聞いたことがある」と話してくださっただけです。
    それの何処がいけないのでしょうか?

    製作中のゴタゴタで破綻しかけた作品をトップが何とか形にすると言う事はそれ自体は当然の事だと思いますし、珍しくも無いことだと思いますが、レクター博士さんはそういう事があったという話を紹介してくれただけでしょう。


    自分の目で見たことしか話してはいけないというのであればこの世に新聞やテレビのニュースなど存在しないでしょう。

    レクター博士さんの言った事はそれほど常識外れな行いだとは思いません。
    この程度の書き込みに対して必要以上に深読みをして、いきなり『噴飯モノのデバガメ感性』と口汚くののしるSTAYGOLDさんの方が常識外れだと思います。

  • 私も1票

    2004/12/24 10:30 by 未登録ユーザ 通りすがり

    私も壺さんに1票。

    通りすがりに読んでいただけですが、
    自分の不愉快を理由に多くの人が愉快に感じない
    書き込みはどうかと思います。

    みんな自分の意見を言う場であって、
    感性の是非を問う場ではないと思います。

    私も映画を観る上での参考に読ませてもらっていますが、いろいろな意見があるのはそれはそれで良いと思いますよ。

  • 節度。

    2004/12/24 10:53 by 未登録ユーザ ガタカタ

    お互いに書き込む自由はあるのではないでしょうか。
    返信のバーがあるのですから。
    あらゆる返信にも自由がある。

    ただ、半公的な場なりの節度があってしかるべきなのではないでしょうか。

  • Re: ここだけの話

    2004/12/24 20:56 by 未登録ユーザ DONT BOX BE IN

    こんばんは、以前こちらで書き込ませて頂いた者ですが、少し気になった部分があるのでもういちど書き込ませていただきます。

    「欠落した部分」を補完するためにこちらに書き込みを起されたそうですが、私の読んだ感じでは、作品の良い部分は宮崎監督の功績、駄目な部分は他人の責任・・という風に読めるのですがどうでしょう?
    もし、違うのであれば私の穿った見方ですのでご容赦ください。
    そう、判断したとして書かせていただきます。

    降板した東映の細田氏は緻密な演出と拘りぬいた美しい作画と背景を使う方です。
    私は何年か前から注目しており、宮崎監督に抜擢された時も、「見る人は見ているなあ」と感心したのです。
    しかし、結果は残念なものでした。
    私は今も細田氏の監督したハウルを見たいと思っています。

    宮崎監督の作品を好きな方ならDVDでご覧になった方もおられるかと思いますが緻密なコンテ通りのフィルムに驚かれたかも知れません。
    知った風なことを書きますが、相当なベテランアニメーターでさえ、宮崎氏のコンテを拡大コピーして原画をおこされるそうです。
    その位宮崎監督のコンテは他人の入る余地がないそうです。
    つまり宮崎監督がコンテで描いているのならそれは間違いなく宮崎監督作品であり、他人が原案したからクオリティが下がる、というのはありえないと思う・・んです。(ちょっと弱気)

    また、宮崎監督は人の作品に異論を唱えるのなら誰が見てもそちらの方が優れているという代案を立てるべき、ともおっしゃっています。
    ハウルは立派な代案である、と私は思っています・・(私は映画館が苦手なので未見です、すみません)。
    私は宮崎監督の作品というよりも仕事へのこだわり方に共感を覚え、尊敬しています。

    これを書くにあたり、レクター博士氏の書き込みをいくつか拝見しました、映画について造詣もあり、分別もおありと見受けました。
    失礼かとも思いましたがどうしても言いたかったのと、誰が書き込んでもいい場所、と判断して再度書き込ませていただきました。
    どうかお気を悪くされませんように。

  • もう一度、ここだけの話

    2004/12/25 2:22 by 未登録ユーザ レクター博士

    壺さま。
    私の「真意」を受け止めて下さって、感謝致します。

    通りすがり様。
    >みんな自分の意見を言う場であって、
    >感性の是非を問う場ではないと思います。
    有り難うございます。

    ガタカタさま。
    >半公的な場なりの節度があってしかるべきなのではないでしょうか。
    おっしゃる通り。

    DONT BOX BE IN さま。
    >作品の良い部分は宮崎監督の功績、駄目な部分は他人の責任...
    これは、「古参の業界人」のお話ですので、
    作品的に何処が、どう「活かされ、残されたか」は不明です。
    私の印象では、ここまで作品的に「生かされた」のは宮崎監督
    の功績だ、と言う「古参の業界人」の意見に賛成したい、です。

    >降板した東映の細田氏
    と書かれてしまいましたので、消す事は出来ません。
    「古参の業界人」は、その場で個人名を出していません。
    余計な事ですので書きませんでしたが、「古参の業界人」は
    CM業界で「製作」にも携わっていらっしゃいました。
    その辺を思い、個人名を出さなかったと...。
    さらに言うなら、細田氏は東映から出向された方でした。
    後日、復活し、素晴らしい作品を作るかも知れませんので、
    敢えて、キャリアを汚す言及をしなかったのか、とも思います。
    今回の「ハウル〜」の件で、普通ならこの業界に
    残る事は許されないのですが、地方で同じ業界で働いている、
    という話もされました。

    厳密に言うなら、この状況にあっても、個人名を出されるのは
    「如何なものか」と言われたらどうでしょう。
    もちろん、DONT BOX BE IN さま を責めているのではありませんよ。
    それ程、「全方位的レス」は難しい...。

  • わざわざ、ありがとうございます。

    2004/12/25 5:33 by 未登録ユーザ DONT BOX BE IN

    レクター博士さま
    大変失礼な文に対してご返信いただき、感謝しています。
    個人名を出すことに是か非かまでは頭が回らなかったようで余計な事をご心配させたようですね、申し訳ありません。
    私の得た知識は全て本やネットであり、直にスタッフ等から知りえたものでもありませんので物申す、という感じもおこがましかったのですが、どうしても書きたかったのです。

    長文であるにもかかわらず、読んでいただき、なおかつ失礼な文書にご返信いただき、ありがとうございました。
    本当に全方位に気を配った発言というのは難しいですね、ご指導と思いおきます。

  • Re: ここだけの話

    2004/12/25 15:47 by tabula_rasa

    >因に、あの「炎君」は宮崎監督が描きました。
    >何故なら、人間ではないキャラを動かす事が、今の若い
    >アニメーターには出来ないからです。

     これが事実だとすると、たしかに問題ですね。

     有名な話ですが、むかし「ナウシカ」が映画化されたとき、巨神兵の原画を庵野秀明さんが担当していたんですよね。でも、庵野さんも「エヴァ」などのヒットで、いわゆる "映画監督" として独立してしまったから、部分的に原画を担当するような仕事を受けられない立場になりました。だから後継者が育たなくてはならないのですが、アニメーターになりたがる人は、どちらかというと絵を動かすことよりもカッコイイ(かわいい)キャラクターを描きたがるので、炎や巨神兵のような形がはっきりしないものを動かせる人は、たしかに減っているのかもしれません。

     これはアニメーターだけでなく、演出家も、ですね。以前、テレビで宮崎監督が「ウチの業界も成り手がいなくて困っているんだ!」と怒ってらっしゃったことを思い出します。

  • Re: ここだけの話

    2004/12/29 9:29 by 未登録ユーザ とみい

    >何故なら、人間ではないキャラを動かす事が、
    今の若い
    >アニメーターには出来ないからです。

    というようなことは、いつの時代にも
    将来を憂いてそうな年配者が言いそうなこと。
    別に名のあるアニメーターが口にしようが
    過剰反応するほどたいした言葉ではないです。

    まあ誰がつくったにせよ、結果としての
    ハウルの出来はほめられたものではない、
    というのは事実。

  • ここだけの話、では済まない

    2004/12/29 23:24 by 未登録ユーザ レクター博士

    とみい様。

    お判りになってない。
    常套句でレスいたしまする。
    「お若い!」「賢しらな!」

    今日の「当たり前」は、先達の労苦の末に結実する。
    今日に続くアニメ界を支え、築いた「業界人」のご意見。
    「ハウル〜」云々を越えて、承服できぬ!

  • 今更のようで申し訳ありません

    2005/1/4 19:26 by tabula_rasa

    >さらに言うなら、細田氏は東映から出向された方でした。
    >後日、復活し、素晴らしい作品を作るかも知れませんので、
    >敢えて、キャリアを汚す言及をしなかったのか、とも思います。
    >今回の「ハウル〜」の件で、普通ならこの業界に
    >残る事は許されないのですが、地方で同じ業界で働いている、
    >という話もされました。

     ここの部分、すごく気になったけど、話がこじれると困るので、レスしようかどうしようかすごく迷ったのですが...

     細田さんが「ハウル」の監督を任されていたという事実は、一般に公表された話なので、特に名前を伏せる必要はないかと思ったのです。ただ、レクター博士さんがお話を伺ったという "古参の業界人" という方に関しては、プライベートな話なので、名前を伏せるのは至極当然だと思います。

     あと、細田守さんについてですが、東映に復帰後はテレビシリーズの各話演出を担当されているようですし、今年の3月に公開される劇場版「ワンピース」の監督もされています。

  • 麦わら帽子のジミーさま

    2005/1/4 20:40 by 未登録ユーザ DONT BOX BE IN

     そのおつもりではないのかも知れませんが、何気にフォローしていただいているようなので、少し・・(笑)。
    確かにネット等で降板された細田氏の名前を探すのは容易かもしれませんが敢えてこの場で出したことについてはレクター博士氏のご意見は耳に痛いものとなっております。
    さらに自分の失礼な質問に対しても答えて頂いており、(未だに自分の書き込みを見ては赤面します)精一杯答えて頂いている、と納得しております。
    ただ、やはり作品の功績も失敗も宮崎監督のもの、という考えは未だに変わっておりません。
    (これは私個人の感覚であり、ご容赦ください)

    麦わら帽子のジミー様も細田氏にご注目されているようですね、今回は残念な結果となりましたが、私も今後の細田氏の作品を(もちろん宮崎監督の作品も)楽しみにしたいと思います。

満足度データ

ハウルの動く城
100点
108人(9%) 
90点
117人(9%) 
80点
191人(15%) 
70点
202人(16%) 
60点
246人(20%) 
50点
111人(9%) 
40点
71人(5%) 
30点
48人(4%) 
20点
39人(3%) 
10点
39人(3%) 
0点
25人(2%) 
採点者数
1197人
レビュー者数
482
満足度平均
64
レビュー者満足度平均
63
ファン
63人
観たい人
327人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • 来夢
  • ぴょん
  • やぐう
  • 38chan
  • グレイ
  • 焼きナス
  • ときわのプー
  • くう子
  • FW
  • ぐりみ
  • AKANE
  • TERU
  • めんとす
  • ゆきたん♪
  • 勇作

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

ハウルの動く城 特別収録版 [DVD]

  • 定価:9180円(税込)
  • 価格:5469円(税込)
  • OFF:3711円(40%)

ハウルの動く城 [DVD]

  • 定価:5076円(税込)
  • 価格:2700円(税込)
  • OFF:2376円(46%)

 

日本映画界屈指の俳優陣が集結! 『赤い雪 Red Snow』 永瀬正敏&菜葉菜インタビュー
明太子に秘められた感動物語とは?『めんたいぴりり』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など! 映画論評・批評の新コーナー“critic”