ただいまの掲載件数は タイトル64504件 口コミ 1173206件 劇場 590件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ハウルの動く城 > 感想・評価 > 本気で心配してます。

本気で心配してます。

10点 2004/11/22 3:07 by 未登録ユーザ こーさく

宮崎さ〜〜ん・・・・・・一体どうしちゃったのさ・・・
どきどきわくわく出来ることを期待して見に行ったのに、腹が立ってあきれて悔しくて悲しくて、こんな気持ちになって帰ってくるとは思いませんでした。

あの都合の良すぎる話の展開はなんだろう?もちろん、映画は宮崎さんの言葉を借りれば「広げた風呂敷を閉じなければいけない」から、普段だったら起こらないような出会い、出来事、多々起こります。
でも、そこには絶対リアリティーがないといけない。観客がその事実を納得できるだけの理由がないと、そこで完全に冷めてしまいます。特にファンタジーは空想の世界だから、それだけにものすごく強いリアリティーが必要なんです。

「原作を読めば分かる」、「想像力が足りないからだ」という意見も書かれてますが、例え原作を元にしていても、映画はそれ単体で成立しないといけないものです。それに宮崎さんは「コナン」、「魔女の宅急便」等、原作にとらわれず(無視といっていいくらいに)、オリジナリティーのある作品に作り変えてきました。原作に対する挑戦が、宮崎さんの映画作りのひとつの動機づけのような気がします。「原作を読めば・・・」という意見は宮崎さんも望まないと思います。

「想像力が足りないから分からない」という意見にも賛成出来ません。映画を観るときの想像力というのは、「これから何が起こるんだろう」、「主人公達はこのピンチをどう抜け出すんだろう」という、前向きな気持ち(上手く言えないですけど、この先に待ち受けてるものを想像してドキドキワクワクする感情のことです)のことを言うんだと思います。
でも、「ハウル」を見てると「どうしてこういう事になったんだろう」、「この人物は何でこんな行動をとったんだろう」という疑問ばかり浮かんできます。いうなれば後ろ向きな想像力です。物語の中にみえる”あら”を、観てる方が自分なりに納得させて消化させなければいけない。そういう気持ちになる分だけ、観てる側の気持ちは確実に作品から離れてしまいます。
これは作品を作った監督の責任です。観る側の想像力の欠如なんかじゃ決してない。

ベネチア映画祭で「オゼッラ賞(技術貢献賞)」を獲ったと聞いて、なんか嫌な予感がしたんです。だいだい、話の内容でなく映像技術で賞を獲る映画にいいものなんてないので・・・。
嫌な予想は当たってしまいました。破綻したストーリーに破綻した登場人物、いいのは映像だけ・・・、これじゃまるで出来の悪いハリウッド映画そのものだ!!!

ジブリは大好きなのに、こんな感想書くとは思いませんでした。「ナウシカ」をつくってた頃のあの宮崎さんはどこに行ってしまったんだろう、そしてどこに行こうとしてるんだろう・・・。
こんな作品を公開してしまうジブリという会社の行く末とともに、心配してなりません・・・。

 

1人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

  • 同意見です。

    2004/11/23 1:04 by 未登録ユーザ ccocc

    こーさくさん、まったくの同意見です。
    皆さん、この作品をご覧になってよく「奥が深い」って言ってらっしゃいますよね。
    何て便利な言葉なんでしょう。

  • ありがとうございます。

    2004/11/23 17:39 by 未登録ユーザ こーさく

    コメントありがとうございます^^
    賞賛のコメントが多いので、自分の感じ方がおかしいのかとも思いましたが、ccoccさんのように自分と同じ考えを持ってる方がいらっしゃるんだと分かってほんとに嬉しいです。
    今回の映画は・・・やっぱり酷すぎます。”想像力を持って”とか”子供の心で見て”とかいう話じゃないと思います。
    ジブリの終わりの始まりだ・・・って本気で思ってます。

  • 同感です。

    2004/11/27 4:04 by 未登録ユーザ さわ

    全くの同感です。欧米を意識しすぎたんじゃないですかね。今までの宮崎駿を手っ取り早く向こうの人に分かってもらおうをいう映画だったのかもしれない、と個人的に納得させようとしてます。
    正直宮崎アニメを全て鍋に入れた闇鍋を食わされた気分です。ジブリの時代の終わりを象徴する映画だと感じました。

  • Re: 本気で心配してます。

    2004/11/27 11:41 by 未登録ユーザ pptanuki

    そうそう、同感です。
    上映延期になって、しぶしぶ商業映画のために公開した物と思います。でも技術賞をとるくらい劇場でみる価値はあるでしょうね。CGも凄いです。ただ、声がフィツトしていなくて主人公やら脇役やら全くダメですね。宣伝のために起用したと思うくらい、宮崎シリーズ最低です。作品は、一つも感情移入できなくて、画面の綺麗さにあっという間に、納得しないうちにテンポが速くて終わる感じです。どこが、ラブストーリーでしょう?宮崎版ハリーポッターという感じでした。どうしても見たければ、どうぞっていう感じは私だけでしょうか?

  • Re: 本気で心配してます。

    2004/11/27 14:15 by 未登録ユーザ kanae

    さしでた事だということは承知ですが、意見を言わせてください。
    感じ方は人それぞれなので、もちろん酷い映画だと思ったという感想を持つこともあると思います。けれど、賞賛のコメントが多いということは、ジブリの終わりなんてことは絶対にないと思うのですが。それに私はこの映画はけして酷い映画なんかではないと思います。多分あなた方が映画に求めるものと、この映画のポイントが合わなかっただけだと思います。

  • Re: 本気で心配してます。

    2004/11/30 12:47 by 未登録ユーザ れいれい

    私もこの映画が、ここで言われている様に出来の悪い映画だとは思いません。
    私はまだ1度見に行っただけですが、自分自身でもしっかり見返したいのでもう1度見てきたいと思いますし、決して欧米狙いの映画とも思ってません。
    それに、戦争ネタは出てきたにしろ、それを意識しすぎているとも思いませんでした。人間の戦いなら今までの宮崎アニメでも多かったですし。
    私はこの映画を、ひとつの宮崎アニメとしてとても評価できると思います。
    難しく考えてあーだこーだ言わずに見てみればとても簡単だ出来事の物語なのではないかな、それを宮崎さんはこんなにも壮大なスケールで見せてくれたのだと感じます。
    という私もまだまだはっきり感じ取れていない部分があります。また見に行ってきますね。

  • Re: 本気で心配してます。

    2004/11/30 13:29 by Sandy

    もう、完全に同意見なんで、ついついレスしてしまいました。

    >あの都合の良すぎる話の展開はなんだろう?
    >そこには絶対リアリティーがないといけない。
    >映画はそれ単体で成立しないといけないものです。
    >後ろ向きな想像力です。
    >これは作品を作った監督の責任です。

    と、感じた事を代弁していただいたようでした。僕は、これを自分のレビューで、かわいさでごまかすなと評させていただきました。中身はぐちゃぐちゃなのを、なんとかキャラのかわいさ・俳優の知名度・独自の世界観でごまかしてるなと強く感じました。しかし、その絵自体も、巨大なスクリーンで見ると、所々手抜きに感じられる部分があったと思うのは僕だけでしょうか?映画を見終わった後、この作品にはキムタクという日本一の広告塔が必須だったのだなと感じました。

    そして、言い争いをする気はございませんが、
    >ジブリの終わりなんてことは絶対にないと思うのですが。
    とkanaeさんがおっしゃっていますが、kanaeさんの思うジブリの終わりとこーさくさんや僕が感じる終わりは全く別のものだと思います。この作品からは、これが伝えたい、という製作者の魂のようなものを案じる事ができませんでした。一番大切な物が欠けた作品を配給するジブリ、それは僕にとっては終わりなんです。

  • 私は、ナウシカに戻ったと思ったけっど・・。

    2004/11/30 15:07 by 未登録ユーザ ホームズ

    私は、今回の「ハウルの動く城」は、ナウシカや
    ラピュタに、やっと戻してくれた映画だったと
    感じましたよ。
    やっと宮崎さん、こっちの気持ちがわかったくれたかってね。
    私が、初めてナウシカを観たのが、たぶん小学校の中学年ぐらいだったと思います。
    正直言って、あの頃、話の内容もテーマも解りませんでした。
    その後、自分が成長するにつれて解ってきたんですが、これって自分の考えじゃなくって世間様や
    マスコミの内容を自分に吹き込んでいただけかもしれませんね。
    今回、ハウルを観て、解らない内容の部分はありましたが、この解らない感じって、あの初めてナウシカを観た時の感触を同じだと思って、懐かしさに浸れました。
    昔風の映画に戻すって、ただナウシカやラピュタみたなのを、もう一度そのまま作るんじゃなくって、こう言う事だと思いますよ。

  • Re: 本気で心配してます。

    2004/11/30 15:13 by 未登録ユーザ なな

    宮崎さんは、この先「ナウシカ」や「ラピュタ」のようなものは作らないと思いますよ。単純明快な起承転結が明確なものをお望みでしたらアメリカのアニメがおすすめです。その方が精神衛生上よろしいかと思われます。私はこのアニメ、今までの宮崎さんの作品の中では一番好きです。

  • Re: 本気で心配してます。

    2004/11/30 21:46 by 未登録ユーザ jun

    とにかく、これまで書いた感想というのは当たり前ですが僕の勝手な妄想です。
    Sandyさんのアンチという意見に反発・批判するつもりはありません。展開の仕方は支離滅裂ですから。恐らく宮崎監督は「大多数がこの映画を批判するだろう」と思っているんじゃないでしょうか?(それなのに初日二日目で記録を作ったことに彼自身がびっくりしているのかも。)だからいろんな意見で議論することが実は正解なのかもです。「千と千尋〜」のときのようにメディアに姿を見せて語っていませんから「答えもヒントもないんだよ。それは見た人に任せるよ」って
    感じじゃないですか?

  • 的確な批評です。

    2004/12/1 11:31 by 未登録ユーザ thessalonike

    全く同感。

    <リンクURL>

  • Re: 本気で心配してます。

    2004/12/1 15:43 by 未登録ユーザ tomoko

    すいませんちょっとおじゃまします。
    私の場合原作を見てから映画を見たのですが、今回の宮崎さんの映画の作り方について、面白く思っているところがありまして、まず映画を見る前は、この原作の癖というか仕組みというのか構成の仕方というのかが、ちょっと面白いつくりだったのでこれをどう料理するつもりなのかということのほうが気になっていました。

    > あの都合の良すぎる話の展開はなんだろう
    この気持ち、原作をはじめて読んだときも同じなんです。
    > 「原作を読めば分かる」
    ストーリーやキャラクターは、かなり変更されています。かなり宮崎流といった感じがしました。
    >想像力
    想像力というより推理力?観察力?の方が必要だと思います。この辺りが原作とリンクしてくると思いました。
    そして「宮崎さんこう来たか!!」と喜んでもいる所です。原作もソフィーの視点重視で細かい心情を説明する文がほとんどありません。大切なのは台詞と、場面の説明でした。よく読んでないと、きが付かないんです。だからなんでそうなるのか分からないんです。読み飛ばしちゃいけないんです。まるで、ロールプレイングゲームを攻略本抜きでやってるような感じ。これを宮崎さんは、すべて絵でやってのけたと思いました。
    > ベネチア映画祭で「オゼッラ賞(技術貢献賞)」
    この賞は映像の美しさだけでとったのではなくこの挑戦に対しての評価もあるのではないのかなあと思いました。
    以上かなり私的見解ですが。

  • あくまで憶測

    2004/12/3 19:01 by 未登録ユーザ 山やん

    はじめまして、突然投稿します。
    どうも勝手な憶測ではあるけれど、今回の「ハウル」は宮さんは極端に言えば原作の『動く城』の文字だけに興奮してイメージが膨らんで、その勢いで作ってしまった感がある様に思えます。
    その文字一つから爆発的イメージが頭に描けるのが宮崎さんの才能ではあるんですが・・。
    そもそもこの映画は初め別の若手の人(ジブリの外の人)を抜てきして作らせるハズであったのが、折り合いが合わず結局宮さんが作らざるおえなくなった と聞いています。
    皆さんもわかると思いますが、ジブリには宮崎さんの「腕」や「足」になる若手はいますが、『頭』に代わる人物が育っていないのが現実です。
    最近の宮崎さんは典型的な「起承転結」で作品を完成させる傾向を避けようとしていますが、ともあれ今回は「原作」が存在する事で単に「動く城」のアイデアだけ借りて、全く別の宮崎さんオリジナルで映画を作るワケ(かなり変更しているが)にはいかないでしょうから、原作作者に気を使ってこういったストーリーになったと推測します。
    もし勝手に宮さんが全ストーリーを考えたのであれば、彼の傾向からおのずとテーマ性の強いモノになったと思います。
    今回「絵柄がちょつと変わった?」と思われた方もいると思いますが、今回以前ジブリで宮崎さんの片腕として「作画監督」をしていた「安藤」さんがフリーとなってジブリを抜け、ハウル製作から離れました。これが有る意味絵柄の変化となって出ています。
    あと私が大きいと思うのは、最近テレビにもよく顔を出している「鈴木プロデューサー」の影での糸(意図)引き?があると勝手に憶測しています。
    キムタクを声優として引き込んだのも彼ですし(勿論宮さんはこういった芸能にくわしくない)、カルシファーとハウルの契約の正確な内容などは映画だけでは絶対推測出来ない内容ですが、これで(鈴木さんが出身の)「徳間書店」から出版された原作本を皆がこぞって「ハリーポッター」の様に買いに行く姿が鈴木さんの頭に駆け巡ったんではないかと・・・。

    これはあくまでも「憶測」であるのでそう思って読んで下さい。  
    しかしあの「動く城」の映像とキャラクターはさすがでした。ただあの「城」を使ってまったくオリジナルなストーリーを作ってくれた方が個人的には数倍よかった・・・。

満足度データ

ハウルの動く城
100点
108人(9%) 
90点
117人(9%) 
80点
191人(15%) 
70点
202人(16%) 
60点
246人(20%) 
50点
111人(9%) 
40点
71人(5%) 
30点
48人(4%) 
20点
39人(3%) 
10点
39人(3%) 
0点
25人(2%) 
採点者数
1197人
レビュー者数
482
満足度平均
64
レビュー者満足度平均
63
ファン
63人
観たい人
327人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • Mizuki
  • FW
  • TAXI DRIVER
  • ('(ェ)')ノ
  • ボガード
  • サビオ
  • ゆりん
  • 10年目のソフィ
  • はに丸
  • こま5
  • ぴょん
  • ガヤ
  • やぐう
  • KEIKO☆
  • 黒葉

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

ハウルの動く城 特別収録版 [DVD]

  • 定価:9180円(税込)
  • 価格:5469円(税込)
  • OFF:3711円(40%)

ハウルの動く城 [DVD]

  • 定価:5076円(税込)
  • 価格:2700円(税込)
  • OFF:2376円(46%)

 

映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
ぴあフィルムフェスティバル×078film〜最新コンペティション受賞作品・招待作品上映&トーク〜
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
ディズニーの名作が新たな物語で実写化!『ダンボ』特集
ひげガールのレコメンド対決に投票しよう!  MC-1(見逃したシネマ)グランプリ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
“絶対に見逃せない”新ヒーローが登場『キャプテン・マーベル』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】