ただいまの掲載件数は タイトル59713件 口コミ 1154621件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > サイコ〈1960年〉 > 感想・評価 > 酷暑に寒くなる!

酷暑に寒くなる!

80点 2018/8/5 9:36 by 赤ヒゲ

30年以上ぶりに見ました。この作品は、結末を知ってゾッとする系なので、そういう意味で、わかってみていると面白さは半減してしまいますが、それでも十分に空恐ろしさを感じ、ひととき今夏の異常な暑さを忘れることができました(笑)。タイトルのとおり、心理的に恐怖を感じさせるところに今作の面白さがありますね。生々しい残虐な描写を使わずに怖さを感じてしまうのは、まさに人間に対する好奇心ゆえの不安からくるのでしょう。ノーマンに限らず、それぞれの登場人物たちの台詞のやりとりに無駄がなく、何が本心か、本当はどうしたいのかわからない展開が楽しめます。やはり、名作ですね!

 

3人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

  • Re: 酷暑に寒くなる!

    2018/8/8 19:18 by 猫ぴょん

    こんばんわ
    赤ヒゲさん^^

    暑い日が続きますね〜
    寒くなるなら私も久々に観ようかな(笑)

    でも追い詰められる恐怖に冷や汗!?
    また音楽が怖いんですよねぇ(^-^;
    ぷるぷるw

    まだまだ暑さが続きそうですが映画で現実逃避しましょう(笑)

  • Re: 酷暑に寒くなる!

    2018/8/9 19:44 by 赤ヒゲ

    猫ぴょん様

    書き込み、ありがとうございます!

    >暑い日が続きますね〜
    寒くなるなら私も久々に観ようかな(笑)

    そうそう、いいですよ!サスペンスとスリラーの違いが私はよくわかってませんが、どっちも割と好きで、時々見たくなります。その昔、ホラーは苦手でしたが、「ぼくのエリ 200歳の少女」を見てから、感動するホラーを探して見るようになりました(笑)。

    >でも追い詰められる恐怖に冷や汗!?
    また音楽が怖いんですよねぇ(^-^;
    ぷるぷるw

    今作のシャワーシーンで流れるバーナード・ハーマンの「The Murder」ほど流用されている曲もないですよね。♪キャン・キャン・キャン…を聞くとゾクゾクしてきます。

    >まだまだ暑さが続きそうですが映画で現実逃避しましょう(笑)

    そうですね〜。猫ぴょんさんも結構、古い作品をたくさんご覧になっていますよね。新作もいいですが、古きよき名作というのも格別の味わいがあり、現実逃避にはもってこいと思います。また、古い作品でも語り合いたいです。

    赤ヒゲでした。

  • Re: 酷暑に寒くなる!

    2018/8/9 23:18 by みかずき

    こんばんは。赤ヒゲさん。
    みかずきです。

    随分前に観ましたが、ヒチコック作品の中では、
    一番衝撃的な作品ですね。私は結構好きな作品です。

    モノクロの画像で描いたシンプルで無駄のない展開に募る恐怖感が半端なかったです。

    人間の心理を巧みに利用した恐怖演出がGoodでした。

    今年のような、酷暑の夏に観るにはピッタリの作品ですね。

    では、また、色々な作品で語り合いましょう。

    失礼しました。

  • 偶然が酷すぎて寒くなる!

    2018/8/10 0:04 by 青島等

    赤ヒゲさん初めまして(だと思う)青島等です。

    猫ぴょんさん、みかずきさん、レス便乗させてください

    >登場人物たちの台詞のやりとりに無駄がなく、何が本心か、本当は…

    恐いのはむしろ身近に居そうな4万弗親父、中古車屋の蝶ネクタイ、
    店頭の殺虫剤にクレームをつけて買わないババア、横柄な私立探偵

    安堵させるのがヒッチ先生の御令嬢と保安官夫妻でしょうか?!

    見出し:アンソニー・パーキンスの出世作は「友情ある説得」ですが
    父親役ゲイリー・クーパーは満60歳で他界!パーキンスも満60歳!

  • Re: 酷暑に寒くなる!

    2018/8/11 8:19 by 赤ヒゲ

    みかずき様

    こんにちは!なかなか新作を見に行けず、家でDVD見てます(笑)。

    >随分前に観ましたが、ヒチコック作品の中では、
    一番衝撃的な作品ですね。私は結構好きな作品で
    モノクロの画像で描いたシンプルで無駄のない展開に募る恐怖感が半端なかったです。

    少し前から、なんとなく今作を見たくなってきまして、久〜しぶりに見ました。モノクロはモノクロで味わいがあっていいなって思いました。シャワーシーンの排水溝に流れる血も、頭の中では赤く染まっていた気がします(見ているときは全く意識してませんでしたが…)。

    >人間の心理を巧みに利用した恐怖演出がGoodでした。今年のような、酷暑の夏に観るにはピッタリの作品ですね。

    そうですよね。一番怖かったのは、地下室へ行くシーンですが、初見のときは驚いただろうな〜と思います(汗;)。

    >では、また、色々な作品で語り合いましょう。

    こちらこそ、よろしくお願いします。

    赤ヒゲでした。

  • Re: 酷暑に寒くなる!

    2018/8/11 8:29 by 赤ヒゲ

    青島等様

    青島さん、はじめまして。
    書き込み、ありがとうございます。
    青島さんの投稿は、時々拝見させていただいております。

    >恐いのはむしろ身近に居そうな4万弗親父、中古車屋の蝶ネクタイ、店頭の殺虫剤にクレームをつけて買わないババア、横柄な私立探偵
    安堵させるのがヒッチ先生の御令嬢と保安官夫妻でしょうか?!

    なるほど、そうですね。確かに身近な人たちとのやりとりを見ている間、じわじわと緊張感が高まっていた気がします。保安官夫妻の登場シーンでホッとしました(笑)。

    >見出し:アンソニー・パーキンスの出世作は「友情ある説得」ですが父親役ゲイリー・クーパーは満60歳で他界!パーキンスも満60歳!

    不思議な巡り合わせがあるんですね。それにしても、60歳は若いです…。今週は、津川雅彦さんが他界されてしまい、ちょっと寂しく感じました。

    赤ヒゲでした。

満足度データ

サイコ〈1960年〉
100点
52人(19%) 
90点
40人(15%) 
80点
67人(25%) 
70点
64人(24%) 
60点
22人(8%) 
50点
7人(2%) 
40点
5人(1%) 
30点
2人(0%) 
20点
1人(0%) 
10点
4人(1%) 
0点
1人(0%) 
採点者数
265人
レビュー者数
61
満足度平均
78
レビュー者満足度平均
81
ファン
38人
観たい人
95人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


関連ニュース

 

この映画のファン

  • しし
  • hitch
  • ☆☆☆☆☆☆
  • カフェラテ
  • はあとちゃん
  • 遙
  • のんべののん太
  • まちゃぴっく
  • コナン
  • 五本松
  • arcolouring
  • モシモーノ
  • goutal
  • 氷室浩次
  • ck-映画ランナー

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

サイコ スペシャル・エディション [DVD]

  • 定価:2551円(税込)
  • 価格:2231円(税込)
  • OFF:320円(12%)

サイコ (1960) ― コレクターズ・エディション [DVD]

  • 定価:2700円(税込)
  • 価格:1203円(税込)
  • OFF:1497円(55%)
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
未来の映画監督たちよ、ここに集え!