ただいまの掲載件数は タイトル65000件 口コミ 1179036件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > スウェプト・アウェイ > 感想・評価 > コピペ132

コピペ132

60点 2013/10/29 20:52 by アキラ

思春期にエロ目的で見ていた作品のひとつが『流されて』だった訳だが、そのリメイク版をガイリッチーが作ったというのは妙に納得してしまった。なぜなら彼の作品に共通するギラギラとした質感はオリジナル版の絵の質に似ているから。金持ち夫人と使用人が無人島に漂流する事で主従関係が逆転するって話。無人島に男と女がふたりきりとなれば中防時代の私でなくても当然セックスを期待する訳で。男が強姦するかと思いきや女を罵って去るというシーンで寸止め感を味わったのは遠い過去の想い出。情欲を掻き立てておいて放置プレイ。当時、この男はサディストだなんて云う批評家もいたけど、サディストだとしたら女に対してであると同時にエロ目的に見ている我々観客に対してにも思えます。ただ改めて見ると、この男の行動はごく当たり前の事に思えます。マドンナ演じる夫人のクソブルジョワぶりには腹が立つ。あれ位やっちゃって当然。豪華クルーズのはずが安物の船だったからヘソを曲げるのも分らなくはないが贅沢。自分じゃ何もできないくせに威張り腐って労働者を搾取するってクズの典型。

リメイクとパロディは紙一重。オリジナルが有名だと観客が先を知っている事を想定して何か仕掛けねば芸がない。そうなると元ネタを観客が知っている事を利用して笑わせるのが一番簡単。だからこそ下手に笑いに走る事は作り手が無能にも思えてしまう。だがこの作品のようにオリジナルの認知度がイマイチ微妙な作品だとパロッても大した効果はない。それにも関わらず、この作品にはあえて笑いが盛り込んである。前半にはガイリッチー節の爆笑シーンが連発。特に夫人を海に投げ捨てる妄想なんて彼が最も得意とする笑わせ方のひとつ。彼らしい手法は物語前半に集中しています。後半は忠実だけど分かり易い反面オリジナルに比べて重みがない。すると悪い意味でのパロディ的な笑いになってしまう。ちゃんと意図した笑いをちりばめた前半は面白いだけに、そのままのテンションでガイリッチー節を貫いて欲しかった。とはいえオリジナルと比べて必ずしも劣るとも云い切れない。むしろ娯楽度も高いし、それなりに作家性も効果的に効いてるし、これはこれで良い仕事と云える。中核を成すテーマである所の「二人きりの世界というファンタジーから現実社会へ戻る事で愛情は揺らぐのか?」という問いの意味の強さについてはオリジナルの勝ち。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

スウェプト・アウェイ
100点
1人(2%) 
90点
0人(0%) 
80点
2人(5%) 
70点
7人(20%) 
60点
4人(11%) 
50点
8人(23%) 
40点
2人(5%) 
30点
3人(8%) 
20点
5人(14%) 
10点
2人(5%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
34人
レビュー者数
17
満足度平均
49
レビュー者満足度平均
52
ファン
2人
観たい人
11人

 


返信欄はクローズされています


掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


関連ニュース

 

この映画のファン

  • トシユキカ
  • ユイキ

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

スウェプト・アウェイ [DVD]

  • 定価:1480円(税込)
  • 価格:1332円(税込)
  • OFF:148円(10%)

 

正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ